介護センター・在宅看護/介護支援センターの保健師求人


介護センター等の保健師になりたい人必見の看護師求人サイトはコチラ!

 

地域で行う介護支援に貢献する介護支援センター

今、高齢者の数は増え続けており、3人に1人が65歳以上というこれまでにない人口の比率が現実となっています。 働き手が少なくなり、逆に高齢者が増える事で様々な問題が発生していますが、その一つが介護を巡る問題になります。 家庭で介護を行うためには、要介護者のための人員が当然必要になります。 古くは自分の親など高齢者の面倒は自宅で最期まで看て、特に病気がなければそのまま看取るというのが一般的な習慣でしたが、昨今では行政や地域の支援サービスを活用して介護を行う事が常識となっています。

現代においては在宅で介護をするに伴い、ともすれば家庭不和の原因ともなりえてしまい、悲しい事件へと発展することもあります。 特に痴呆症患者の場合、初期であればさほどに苦労はありませんが、症状が進むと徘徊、暴力行為などが始まることもあり、家族といえども素人の在宅介護では限界となります。 家族でしっかりと面倒を看るのもいいのですが、在宅介護は家族だけではなくプロの力を借りて介護をする必要があり、そのために存在するのが1990年に創設された介護センターであり在宅看護・介護支援センターなのです。

地域に密着した介護センターや介護支援センターで働くスタッフは、保健師をはじめ社会福祉士や看護師などの資格を有した専門スタッフですので、安心して利用することが出来ます。 具体的には例えば、自宅に高齢者がいて介護が必要になった場合、公的なサービスをいかに受けるのか、何からはじめたらいいのかわからないことがあると思います。 そんな時に、その人に必要な行政機関やサービス提供機関、あるいは居宅介護支援事業所などとの連絡調整を行っていく、それが介護センターや介護支援センターの役割になります。 また、要介護者の病状や必要な処置など現在の健康状態を把握をして、場合によっては必要に応じて介護施設の紹介などもあります。

誰もが自宅でみんなに囲まれて往生したいと考えるものですが、現実にはそれも難しいのが現状です。 痴呆症ともなれば家族だけではなく、近所の人にも迷惑をかけることがあります。 しかし、介護支援センターなどのアドバイスや手助けを受けることで、要介護者やその家族にとって最良の環境を作り、心を穏やかにして日々を過ごすことが出来るようになります。

 

介護支援サービスでの保健師の役割

介護支援センターなどの介護支援サービス事業所において保健師の需要が高いのには、それなりの理由があります。 そのため、求人も多く見ることが出来るようになりましたが、介護支援センターでの保健師の役割は、一言で言うなら総括的な保健指導となります。

介護支援センターでは、保健師は地域に住む要介護者や独居老人などを相手に、メンタルケアや生活指導、保健指導と言った総合的な生活指導を行う事が仕事になります。 また、要介護者を抱えた家族の要請で、自宅内の改造をしたいけれど、どうしたらいいのか分からない人からの相談も寄せられます。 そういった相談に対しても、必要な社会資源を活用できるよう、アドバイスしていきます。 さらには、独居老人の場合、一人で食事を作るのが面倒だからと食生活が不規則になってしまっている方も少なくはなく、そうした方に対しては食生活の改善を促すなどの指導が必要になります。 高齢者の場合、少しの栄養の偏りが体に及ぼす影響が大きくなるからです。 このように、総括的な保健指導というと仰々しくもありますが、分かりやすく言えば、地域に住む高齢者の話を聞き、悩みを解決し、体調管理の手助け、生活の手助けをするのが介護支援センターで働く保健師の仕事であり、役割となります。

介護支援センターでの保健師は、安定した収入や休日と言った雇用条件面では良いものではありますが、介護が必要になる高齢者やその家族の相手をする必要がある業務と言うだけに一つ一つの業務はいずれも簡単な仕事ではありません。 また、地域医療機関との連携も必要になり、地域全体の高齢者に対して十分なケアを行う必要があるなど想像している以上に大変な仕事でもあります。 しかし、それだけに保健師としての仕事に対するやりがいは大きく、仕事への熱意を持って働くことが出来る職場でもあります。

 

介護支援センターに関連する保健師の求人

介護支援センターの求人は、現在減ってきています。 理由は、このサービスが始まったのが1990年でしたが、2006年に介護保険法が改正されたことによって、介護支援センターの機能をそのまま強化したような地域包括支援センターという施設が新設されるようになったからです。 そのため現在、介護支援センターの統廃合が少しずつ進んでいるから、新たな求人ということは行っていないかもしれません。

ただ、必要があって残っている介護支援センターは、実際多くあります。 そこに就職しておけば、統廃合となった場合に自動的に地域包括支援センターへ移ることができる可能性は大きくなります。 ですから、介護支援センターに就職を希望するなら看護roo!などのような求人サイトで探してみることをオススメします。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ