企業内の健診センターの保健師求人


>>企業内健診センター求人はコチラ<<

 

企業内に設置された医療施設での保健師の仕事

産業保健師として転職を考えている方の多くは、企業内医務室での勤務を希望している傾向にあります。 昨今では、企業内に医務室を設けている企業よりも健診センターを設置して、社員の健康管理などを徹底的にしている企業も見られるようになってきています。

企業内に設置された健診センターは、言ってみれば社屋内に診療所が設置されているようなものです。 健診センターには産業医が常駐し、社員の健康相談やメンタルケア、健康診断等を行います。 そこで働く保健師は、産業医のサポートをしながら社員の健康管理のための計画の立案を行ったり、健康相談を受けたり、採血や診察の補助などを行うこともあります。 だから、企業内の医療機関で総合的な業務を行うと考えるとよいでしょう。

昨今、メタボリックシンドロームを初めとした生活習慣病は大きな社会問題になり、その予防のためにも企業は社員の健康をきちんと管理する必要が出てきています。 企業は定期健診などを毎年行っているものですが、日常的な疲労、精神的な負担のケアをするために専門の医師や保健師を常駐させることが最も効率的で効果的な方法であり、企業内である程度のケアをする事が出来れば、社員にとっても安心して働くことが出来る環境となります。 双方にとってメリットのある健診センターで働く産業保健師の役割は大きなものとなり責任も重大ですが、同時に大きなやりがいも感じられる仕事となります。

 

企業内健診センターで働くメリット

企業内での健診センターの仕事は社員の健康管理や健康相談、メンタルケアと言った医療に関する様々な問題への対処になります。 産業医が常駐しているとは言え、保健師の役割は大きなものとなります。 働き盛りのサラリーマンのうつ病やメタボなどが、大きな社会問題となって久しいですが、この状況を企業レベルで見直す鍵を握っているのが保健師なのです。 いかに社員の健康状況を把握し、分析していくか、その結果によってどのような働きかけをしていくか、それによって社員の健康が左右されると考えれば、その期待には全力で応えなければなりません。

そう考えると、非常に大変な業務のようにも思われますが、その労働環境はかなり恵まれたものとなります。 企業内健診センターは、病院などとは違って夜勤も残業もありません。 また、休日に関しても企業はカレンダーに沿って休日を取ることになるため、多くは土日祝日休みとなります。 一般の会社員と同様に出勤し、定時で帰宅し、給料も行政保健師と同程度、あるいはそれ以上に得ることが出来る、それが企業内健診センターの保健師になります。 それだけに企業内健診センターの求人は多くの保健師が応募する人気の求人でもあります。

 

健診センターで働く上で必要なスキル

企業内に設置された医療施設であるとはいえ、保健師にも相応のスキルが必要になります。 当然、保健師としての資格は必須になりますが、それ以外にも様々なスキルが必要になります。

企業内健診センターで働く保健師に必要なスキルには、パソコンの操作があります。 医療機関での業務と違い、電子カルテが存在するわけではありませんが、社員の健康はデータで管理することがほとんどですので、パソコンの操作ができないと企業には勤められないでしょう。 企業内の健診センターで働きたいならパソコンスキルは一定以上必要になり、必須条件として求人に掲載していることが多くなっています。 また、それらのデータ管理のほか、書類作成業務などもあり、当然のようにパソコンを使うことが出来なければ必要な書類を作ることも出来ません。

また、保健師としてのスキルで必要になるのはパソコン関係だけではなく、高いコミュニケーション能力も必要になります。 前述したように社員の健康相談に応じることも保健師の役割となりますが、精神的に追い詰められた人が相談に来たり、あるいは誰にも話せないような悩みを打ち明けてくる人もいます。 それらへの対応を行うためには、守秘義務を守り、しっかりと知識に基いて対応し、ときにはビジネスライクに切り上げられる、そんなコミュニケーション能力が必要になります。 相手を不快にさせず、相手の悩みをしっかりと聞き取り、的確な答えを出す、そんな能力がどうしても必要になってくるのです。

さらには、企業内健診センターで働く保健師は、医療従事者としての一面もありますが、どちらかといえば会社員、ビジネスマンとしての面が強くなります。 それだけに健診センターで働く保健師には相応のビジネスマナーを身につけた人材が必要になります。

 

企業内健診センターの求人は多い?

企業内健診センターの保健師の求人は、決して多いとは言えません。 徐々に増えてきているとは言え、それでもまだまだ企業内に健診センターを設置している企業は少ないのが現状で、いわゆる大企業を中心に増えている状況になります。 また、募集があっても応募人数も多くはなく、1人ないしは2人程度の求人である事がほとんどです。 そのため、健診センターの保健師の求人は非常に競争率が高くなります。 その激戦を勝ち抜くためには、個々人で活動をするのではなく求人サイトを活用するといいでしょう。看護roo! などのような求人サイトであれば、コンサルタントの方もいますし、サポートをしっかりとしてくれるのでおすすめです。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ