保健師求人-メンタルケアがメイン-


メンタルケアメインの保健師求人が豊富に用意されている看護師求人サイトはコチラ!

 

健康教育や保健指導、疾病の予防など、人々の健康増進に関する公衆衛生活動を行う保健師に求められることのひとつとして、「メンタルケア」があります。

 

例えば、自治体保健師の場合は、母子産褥指導で、母親の育児に関する悩みを聞いたり、在宅介護を行ってる家庭を訪問し、介護対象者や介護を行う家族の悩みを聞くことで、適切なアドバイスを行ったり、専門機関と連携を取り問題を解決するだけでなく、当事者の精神的負担を軽減する役割があります。

特に核家族化が進む現代社会では、悩みがあっても打ち明ける場や、相談する人がおらず、当事者の中で問題がどんどん膨れ上がり、自分を追い込み、やがて精神のバランスを崩してしまうことも少なくなりません。そのような社会背景の中、保健師の地域におけるメンタルケアは重要性を増しています。

 

同じように、企業内で社員の健康を管理する産業保健師においてもメンタルケアは非常に重要な意味を持っています。日本の経済を支える企業、そしてその企業を支える社員の健康維持は企業にとって欠かせません。

社員の健康と言うと、一昔前までは、就労中のケガの防止や、健康診断による疾病の予防、早期発見に力が入れられてきましたが、最近はそれらに加えて、社員のメンタルケアも重要視されています。なぜなら精神的な問題は、日常生活はもちろん勤務にも影響を及ぼし、うつ病の発症や最悪の場合は自殺に至る危険性があるからです。

社員のメンタルケアの中でも、企業が最も力を入れているのが「ストレスの軽減」です。現代社会はストレス社会とも言われ、子供ですらストレスによって精神を病む時代ですから、社会において責任と任務に追われる社員のストレスの大きさは想像に難くありません。そのような社員のストレスを軽減し、精神的に健康な状態で仕事に従事できるようケアするのが産業保健師の役割です。

具体的には、企業内に相談窓口を設け、社員が悩みを相談できる場を作ります。とは言え、日頃何も接点のない人間に悩みを打ち明ける人はあまりいないと思われますから、普段から社員との交流の場を持ち、悩みを相談しやすい雰囲気や、信頼関係を築くことが大切です。特に、同じ企業内で働く産業保健師に対しては「自分の相談事が他の同僚に漏れるのでは?」疑心暗鬼になり、本音を語ってくれないこともあります。よって保健師は、社員の心を開く努力と、心を読み取る能力も必要になってきます。

その他、相談窓口を利用せずとも社員の悩みやストレスのサインを知ることができるアンケートを行うなどの工夫も大切です。

 

また、単にメンタルケアと言っても、業種によってケアが違ってきます。例えば、デスクワーク中心の社員と、製造部門で働く社員では、ストレスの種類も違いますし、仕事が原因で引き起こされる健康障害が違ってきます。保健師は、それらの労働条件も踏まえた上で、個別にメンタルケアの計画を立てる必要があります。

 

保健師資格所有者は、公衆衛生学はもちろん、教育指導や、メンタルケアについての知識もありますから、保健師であれば誰でもこれらの業務を行うことができます。

しかしながら、メンタルケアは奥が深く、特に深刻な問題を持っている人の心の内を聞くことや、一見何の問題もなさそうな人に潜む悩みを感じ取ることは容易ではありません。またメンタルケアに興味があり得意とする保健師も、それを客観的に評価するモノがなくては自分の能力を示すことができません。

そこで、メンタルケアについてもっと学びたい保健師や、自分の能力を形にしたい保健師の方は、スキルアップのための資格取得という方法があります。メンタルケアの専門知識を持つ心理関係の資格は、今のところ国家資格制度はなく、民間資格のみです。その中で最も国家資格化が急がれているのが臨床心理士ですが、この資格を取得するには指定の大学院において規定の単位を取得せねばばらず、現役の保健師がメンタルケアのスキルをアップする方法としてはあまり現実的ではありません。

 

そこで保健師のスキルアップとして視野に入れたいのは、「産業カウンセラー」と「心理相談員」の二つです。

産業カウンセラーは、保健師に限らず企業での精神援助活動を目的とした資格で、①メンタルヘルス対策への援助 ②人間関係開発への援助 ③キャリア開発への援助 を活動領域としています。この資格は、保健師資格保有者は、試験科目の一部免除制度があり、通信講座でも学習できるため、比較的資格取得が容易と言われています。資格取得は最短で半年、費用は約21万円掛かります。

もう一方の心理相談員は、特別民間法人中央労働災害防止協会が認定する資格で、3日間の研修を受講した後に登録・認定されます。必要な費用は5万円弱です。

いずれも資格を持っているからと言って直接給与に反映されることはほとんどありませんが、求人が少ないうえに人気の高い産業保健師として採用されるために優位でしょう。そして何よりも、メンタルケアについての知識を深めることは、自分自身が仕事をする上で自信につながるでしょう。

 

社員の健康な肉体、健康な精神は、企業の発展に大きな影響を与え、業績をも左右しかねません。よって、メンタルケアを重視する企業では、より専門的な知識のある保健師の採用を強く望んでいますが、一般的な求人では、そこまで読み取ることは難しいものです。メンタルケアに力を入れている企業、あるいはメンタルケアのスキルがある保健師を募集している企業を探すには、保健師に特化した看護roo!などの就職・転職支援サービスが、情報量と内容の面からもお勧めです。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ