保健師求人-公務員-


公務員保健師の募集に関して詳しい看護師求人サイトはコチラ!

 

近年では、保健師が活躍する幅も、保健師が就職する就職先も以前と比べるとグッと広がってきており、様々なところで保健師が必要とされ、たくさんの職場・分野で保健師が活躍しています。
その中でも、保健師として働くにあたって「公務員」という身分となる職場とはどのようなところがあるのでしょうか?

 

「公務員」という扱いになる保健師とはどのような保健師?

保健師として働くと考え就職先を選択する際に、就職する職場によって、大きくは「公務員」という身分の保健師となるか、一般の医療機関や企業などで働く「公務員以外」の保健師となるかの2パターンに分かれます。
このどちらの道に進むのか、どちらを選択するのかというのも保健師が就職先を考え決める際にはとても重要なポイントとなってくるでしょう。
公務員という身分になる保健師の就職先としては、各自治体に設置されている保健所や保健センター、市役所、学校や警視庁などが挙げられます。
このような各自治体が設置している施設などの場所で働く保健師は行政保健師と呼ばれており、全て公務員という身分になる保健師となります。

 

行政保健師のメリットとは?

各自治体に設置されている保健所や保健センター、市役所や学校・施設などで働く行政保健師として働くメリットとしては、公務員という身分となることから、働くにあたって様々な条件において安定性に優れていること、福利厚生や待遇面などが手厚く保障されていること、働く環境が比較的整っているところが多くライフスタイルが変化しやすい女性にとっても長く働き続けることができることなどが挙げられます。
公務員という立場になることから、やはり様々な面において「安定性」に優れているということは一般的にも強くイメージがあるメリットの一つと言えるでしょう。
福利厚生や待遇面が手厚く保障されているという点においてもやはり行政保健師として働く大きな魅力と考えられます。
また、結婚や妊娠・出産、親の介護などでライフスタイルが変化しやすく仕事の仕方やバランスの取り方にも影響が出やすい女性でも、産前・産後休暇や育児休暇、介護休暇の取得などが保障されているため、保健師を辞めることなく働き続けることができやすいということがメリットとして挙げられます。
またボーナスなどについても、金額が下がったりなどはありますが、確実に保障されているのでメリットと言えますね。

 

行政保健師のデメリットとは?

行政保健師として働く時に考えられるデメリットとしては、地域によっては保健師不足などの問題があり、一人にかかる業務の負担が大きくなるケースがあること、公務員ということから民間の一般企業などで働く保健師に比べるとスタートの給与設定が低めである傾向にあることなどが挙げらるでしょう。
地方地域などでは、若い保健師が都心部へ就職をしたり、進学で地域から出たりすることなどから保健師不足がおこっている地域もあり、そのようなところでは働く保健師一人にかかる業務の負担が大きくなるケースがあると考えられます。
そのため時間外勤務があったり、たくさんの役割りを担いながら働いていかなくてはいけなく忙しいなどのこともある場合があります。
また、最近では民間の一般企業に新卒で産業保健師として就職する保健師も増えてきているということから、行政保健師ではない産業保健師に人気が出てきているということもあり、その背景には公務員の一律で決められている初任給よりも民間の一般企業で働く産業保健師の初任給の方が高いというケースがあることが挙げられています。
公務員である行政保健師は、長く働けば長く働くほどしっかりとベースアップしていき安定した十分な収入を得られますが、結婚や出産などに伴って退職をしたり働き方を変えるなど長く働くことがない時には給与面において、民間の一般企業よりも低くなりデメリットとなってしまう場合があります。

 

行政保健師になるためには?

各自治体に設置されている保健所や保健センター、市役所や学校・施設などで働く行政保健師になるためには、各自治体で実施している公務員試験など行政保健師になるために必要な試験を受験し、その試験に合格することが必須条件となります。
求人情報の収集と合わせて、公務員試験についての情報収集、合格に向けての事前準備なども必要となってくるため、行政保健師を目指す際には求人情報探しだけではなく受験への事前準備期間もしっかりと視野に入れながら就職活動、転職活動をしていくことが大切となります。
また、行政保健師になる場合、ほとんどの地域において求人情報に年齢制限が設けられています。
平均的な年齢制限の年齢は30歳前後だと言われていますが、希望する自治体の募集する行政保健師の年齢制限がどのようになっているのかというところも把握しながら活動していくと良いでしょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ