保健師求人-定年後再雇用制度あり-

定年後も再雇用で安心の保健師求人探しに最適な看護師求人サイトはコチラ!

 

保健師の仕事は、医療職であっても看護師や助産師と違って夜勤がなく、カレンダー通りに休める事が多いので、女性でも長く働きやすい仕事です。加えて、経験が重視されますので定年まで働く人も少なくありません。
 公衆衛生の向上と人々の健康維持のため、保健師は多くの人と関わって活動をします。そして人々との絆を深め、信用を得ながら知識や技術を伝えていくのが保健師の仕事ではないでしょうか?

 

定年後の過ごし方

定年後の過ごし方には、大きく分けて3つあります。
① 働かずに暮らす。
説明するまでもなく定年後のんびり余生を過ごすということです。保健師として長年勤めた場合、まとまった額の退職金も支給されると考えられますので、趣味や旅行、家族のために時間やお金を使うことも可能でしょう。

② 定年後もできる仕事を探して再就職する。
定年年齢は勤務先によって設定が違いますが、主に60歳、または65歳です。一昔前なら還暦を過ぎ高齢者と言われていた年齢ですが、今の60歳、65歳は体力的にも精神的にも若々しく、労働意欲も旺盛です。そんなシニア~シルバー世代の労働力に向けた求人も多く、これまでとは全く違う職種に挑戦する人もいます。保健師の場合は、その資格と知識を生かして高齢者福祉施設に再就職する人が多いようです。

③ 元の職場に再雇用される。
再雇用とは、定年後、元の職場にもう一度雇ってもらうことです。
せっかく定年になりやっと仕事から離れられるのに、何もわざわざ再雇用されなくても、と思うかもしれません。
確かに定年を迎えても人々は若々しく、労働意欲も旺盛です。しかし、新しいことに挑戦するというのは、口で言うほどたやすくはありません。新しい仕事を覚えるのはもちろん、物の位置、ルールを覚えなくてはいけません。そして何よりも新しい人間関係を一から築き上げていくことは、楽しい反面かなりのエネルギーを必要とします。それを考えると、勝手のわかる元の職場で仕事を続けることは、導入が非常にスムーズで理想的と言えるかもしれません。

 

なぜ定年後働くのか?
定年後は、できればのんびり暮らしたい…そう考える人はきっと多いでしょう。
しかし、実際には60歳以上の5人に一人が定年後も働いているという統計結果が出ています。
それはなぜでしょう?
まだまだ元気だから働くことができるという人が多いのも理由の一つでしょう。でもやはり一番の理由は、収入の確保だと思われます。
平均寿命から考えると、定年後の生活はおよそ20年間あります。退職金や年金、子供に扶養してもらうなどの方法もありますが、より安定した生活を送るために定年後も仕事を続ける人が多くなっています。

 

定年後再雇用は誰でもできるのか?
定年後も今の職場で働きたいけれど、自分の職場は再雇用してくれるだろうか?そんな不安を抱える人はいませんか?
以前は、定年後の再雇用は条件に満たなければ適用にならないこともありました。しかし平成25年、高年齢者雇用安定法の改正により再雇用を希望する全ての人を、65歳まで継続雇用することが企業や事業所に対して義務付けられました。
これにより、希望すれば誰でも再雇用してもらえるようになりました。

 

保健師の定年後再雇用のメリットとデメリット
保健師の仕事は経験が重んじられます。またデスクワークも多く、ハードな肉体労働ではありませんから定年後も十分その知識と技術を生かして仕事を続けることができます。
 保健師の主な就職先は自治体または企業ですが、どちらも経験豊富なベテラン保健師が再雇用という形で現場で活躍してくれるのはメリットになります。
 しかし、保健師は求人数そのものが少ないうえに、労働条件の良さからなかなかポストに空きが出ません。就職先を探している保健師にとって、現職者の定年は求人が出る大きなチャンスなのですが、再雇用が進むと若い世代の保健師の就職難がさらに悪化するのではないかと心配されています。
 

再雇用後の労働条件
同じ職場であっても、再雇用というのは雇用の継続ではなく、一旦退職し新たに雇用契約を結ぶことになります。よって、給与に関してもこれまで通りの額が支給されるわけではなく、ほとんどの場合は定年前の給与より減少します。また、雇用形態も正職員ではなく非常勤となったりします。勤務条件に関しても、勤務時間が短くなったり週数日だけの勤務であったりと、ゆったりとした設定になります。これらの条件は、勤務先によって違いますので各々確認が必要です。

 

定年後再雇用も視野に入れて就業先を決める
65歳までの継続雇用が義務化され、原則としてどこに就職しても定年後希望すれば再雇用さるようになりました。しかし再雇用の条件、仕事内容は、企業や事業所によってまちまちです。
ですから、定年後も働くことを計画している人は、再雇用の受け入れ態勢ができている職場をあらかじめ選ぶのが賢明と言えます。

そうした職場を探すのには、看護roo!のような転職支援サイトが最も有効と言われていますので、気軽に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ