保健師求人-欠員が出にくい職場の場合-


欠員出にくい職場の保健師求人も入荷中の看護師求人サイトはコチラ!

 

保健師の仕事は、欠員がなかなか出にくい仕事だと言われています。実際に、保健師の離職率は低く、最初の職場で定年までいることも珍しくありません。

 

保健師の欠員はなぜ出にくい

保健師はなぜ離職率が低く、欠員が出にくいか?を考える時には、「なぜ看護師は離職率が高いのか?欠員が多いのか?」を考えてみるとよくわかります。夜勤や日曜勤務・・看護師の仕事は、労働条件が厳しく、身体的にも精神的にも負担が大きい仕事です。そして慢性的な看護師不足と、看護基準を上げて良質な看護を提供するために医療機関が看護師確保に力を入れた結果、看護師の就職は圧倒的な超売り手市場となり、次々と条件の良い求人が豊富にある転職しやすい状況になっており、さらなる離職者の増加に拍車をかけています。また、ひとつの医療機関あたりの看護師の数の多さは、採用される看護師数が多い一方、様々な理由で辞めていく看護師も多く、それが欠員の多さとなるのです。

保健師の労働条件や、転職事情は、看護師のそれとは反対側にあると言えます。ではここで、改めて保健師の欠員が出にくいわけを考えてみます。

 

働きやすい環境が整っている

保健師の就職先の大部分は、都道府県または市町村の保健関連事業部署に勤務する行政保健師と、企業で従業員の健康管理を行う産業保健師です。この行政保健師と産業保健師の仕事は、ほとんどの場合において、昼間のみの仕事、残業が少ない、夜勤がない、カレンダー通りに休みが取れる…と、同じ医療系の仕事である看護師と比べて非常に働きやすく、結婚や出産などライフスタイルが変わっても仕事を続けやすい環境が整っています。

 

再就職が難しい

超売り手市場の看護師の就職と違い、保健師は求人数が多くありません。それは、働きやすい環境のため欠員が出ないことも理由ですが、雇用する絶対数が多くないことも理由に挙げられます。例えば、看護師の場合、小さなクリニックでも複数の看護師が雇用されていますし、ほとんどの医療機関で最も多い割合を占める医療スタッフは看護師です。規模の大きな大学病院では、看護師の数が500人を超えるところも珍しくありません。そして定年や退職で年間多くの欠員が出て、新年度には100人近い看護師を新たに採用します。しかし、保健師の場合、ひとつの職場における保健師のポストはわずかで、事業所の規模によっては単独配置のこともあります。つまり、絶対的な「椅子」の数が少ないのです。

ですから、本当は仕事を辞めたいと思っている現職の保健師も、辞めた後の再就職の難しさを考えてそこに留まっていることがよくあり、これが保健師の離職率の低さ、欠員の出にくさにつながっていると思われます。

 

保健師の離職率が上がっているって本当?

保健師の離職率は低いのですが、実は近年少しずつ増加傾向にあると言われています。

これは、保健師助産師看護師法の改定に伴う保健師育成カリキュラムの変更により、臨床研修に重点が置かれなくなった結果、資格取得後に保健師として働き始めた時に、現実とのギャップを感じて職を離れてしまう若い保健師が増えたからと言われています。

 

保健師の欠員があるのはどんな時

欠員が少ない保健師ですが、もちろん全くないわけではありません。

保健師の退職理由の主なものは、定年、結婚、出産、夫や家族の転勤・引っ越しなどとなっています。ただ、働きやすい労働条件のため、結婚をしても続ける人も多くいます。また、人間関係や仕事の適性を理由に辞める人もいます。人間関係は、全ての職業に置いて、仕事を円滑に続けていく上で非常に重要なポイントになりますが、保健師は再就職の難しさから人間関係が悪くても職を離れることができない人も少なくありません。

その他、一時的ではありますが、出産育児休暇や、病気療養のための長期休暇による欠員もあります。

 

保健師の欠員が出たらどうするか

保健師の欠員が出た場合、自治体や企業、事業所は早急に後任の保健師を探すことになります。

その場合、各々のホームページに求人情報を掲載したり、職業案内所に求人を出しますが、より効率的に、より信頼のおける人を探し出すために、現職の保健師の知り合いに声をかけたり、これまでに採用経験のある保健師就職支援サービスに優先的に求人を出すこともあり、一般に広く募集する前に後任者が決まってしまうこともあるようです。

 

欠員による保健師募集で採用されるには

数少ない欠員による保健師の募集には、短期間で多くの人が募集することが予想されます。

その中で、採用をつかみ取るにはどうすればよいか。

まずは、求人情報を見逃さず素早く収集することが大前提になります。先ほども書きましたように、保健師の求人は、多くの人に知られる前に決まってしまうこともあるのです。ですから、保健師の勤務先と信頼関係のある看護roo!などの看護師・保健師専門の就職支援サイトを利用し、常に最新の求人情報がいつでも手に入るようにしたいものです。

また、保健師の仕事は人気がありますから、複数の応募者があると思われます。その中から採用されるために、行政や企業、それぞれの雇用先が保健師に何を求めているかをよく理解し、それに応じた自分の能力をしっかりアピールしましょう。中でも近年は、特定保健指導やメンタルケアのできる保健師の需要が高くなっていますので、それらの経験やスキルがある保健師は就職に有利でしょう。採用の際にポイントとなることや、採用されやすい面接での受け応えなどの就職活動に関するノウハウも、就職・転職支援サービスでサポートしてくれるので、是非、医療系就職支援のプロのアドバイスを取り入れ、競争率の高い保健師の「椅子」にスマートに座りましょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ