保健師求人-特定保健指導-


特定保健指導が得意な保健師さん向けの看護師求人サイトはコチラ!

 

特定保健指導とは

特定保健指導は、2008年より開始された、40歳から74歳までの全ての医療保険に加入する被保険者および被扶養者を対象とした特定健康診査の結果に応じて、必要性が認められた人々に行う保健指導です。特定健康診査は、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)の人やその予備群を見つけ、リスクに応じて指導の必要性の有無を見極めるために、段階的に健康診査を行います。具体的には、まず最初に腹囲の測定と、BMIの算出を行い、基準値以上の人には、血液検査、血圧測定、禁煙習慣のチェック等を行い、リスクに応じてクラス分けし、それぞれのクラスに合った指導が特定保健指導が行われます。

 

特定健康診査、特定保健指導の目的

この制度が導入される以前の健診は、「病気の早期発見・早期治療」に重点が置かれ、健診の結果は「再検査が必要」、「治療が必要」など医療機関への受診を促すことに力を入れ、保健指導は補助的に行われる程度でした。しかし、特定健康診査は、糖尿病や高脂血症・高血圧は、不適切な食生活、運動不足など、生活習慣に起因することが多く、病気を発症してから治療するのではなく、発症の可能性のある人々に対して、早い時期から保健指導を行うことでリスクを軽減していくことを目的としています。そして、人々の生活習慣を改善するための支援に特定保健指導は大きな役割を持っています。

特定健康診査および特定保健指導は、国民が健康的な暮らしを継続するために非常に有意義な保健制度であると同時に、生活習慣病やそれらが原因で引き起こされる疾病の重症化を予防することで、医療費の削減につながると期待されています。よって国は、この制度を積極的に推進しており、健康診査や保健指導の実施率が基準を下回る企業や自治体にはペナルティを課すとしています。ペナルティが良いか悪いかは意見が分かれるところですが、それが積極的な受診、積極的な保健指導となり、最終的には人々の健康増進につなげられることが理想です。

 

特定保健指導の種類

特定保健指導は、動機付け支援と、積極的支援の二つに大別されます。

動機付け支援とは、生活習慣の改善が必要なものの、現段階ではリスクが比較的低い人々に対して行われる保健指導です。原則として、1回の個人またはグループ面接において、専門家の指導のもと生活習慣改善のための行動計画書を作成し、動機付けを行います。そして6か月後、メールや手紙、電話等を使って生活習慣改善状況を把握・評価します。

積極的支援は、動機付け支援対象者よりもリスクが高く、継続的な指導が必要な人々に対して行われる指導です。保健指導は、3ヶ月以上、複数回にわたって行われ、長期的に生活習慣改善に取り組みます。いずれの指導も大切なことは、健診者自身が、健診の結果を理解し、この先引き起こされる可能性のある疾患を知り、これまでの生活を振り返ることで、指導者が強制するのではなく、自らが生活習慣の改善に意欲的に取り組めるよう支援していかなくてはいけません。

 

特定保健指導を行う保健師に求められるスキル

特定保健指導は、医師、保健師、管理栄養士が中心となって行われる指導ですが、病気予防のための働きかけや指導など、従来の保健師の仕事と共通する部分が多くあるため、保健師の活躍が期待されています。とは言え、保健師なら誰でもこの指導ができるわけではありません。生活習慣を改善し、疾病を予防することの必要性は国民の多くが理解しています。しかし、実際には、長年身に付いた生活習慣を変えることは容易ではありません。強制的な指導では一時的な生活の改善は見られても、長続きしないことが多いですし、「このままではこんな怖い病気になりますよ。」という指導も、人々に過度の恐怖心を与えることになりかねません。対象者本人が積極的に自らの問題解決に取り組めるような保健指導がとても重要です。そこで、厚生労働省は、特定指導を行う保健師は、保健指導に関する一定の研修を修了していることが望ましいとしています。特定保健指導のための研修は、複数の医療関連協会や、一般企業が行っており、中にはオンライン研修制度を取り入れているところもあります。

 

特定保健指導実践者の研修はいずれも、保健指導の企画・立案・評価ができる能力、行動変容につながる指導ができる能力、個別生活習慣に対して指導できる能力、適切な学習教材を選定・開発できる能力の育成を目的としています。またこのような研修を受けることは、保健師の自信につながることはもちろん、支援が必要な人々の心に届き、生活習慣を改善を手助けすることでしょう。特定健康診査・特定保健指導による国民のメタボリックシンドロームの予防と改善は、一朝一夕に結果が出るものではありません。ですから、国は今後もこの制度に力を入れていくことが予想されます。それに伴い、特定保健指導の知識と技術がある資質の高い保健師の需要は高まると思われます。保健師の業務の中でも、特定保健指導をメインで行いたいのであれば、是非研修を受けることをおすすめします。

特定保健指導の研修に関する情報は、各協会のホームページに案内がありますが、看護roo!のような就職・転職支援サービスなどで一括して情報を入手することも可能です。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ