保健師求人-禁煙・分煙の職場-

禁煙・分煙職場で働きたい保健師向きの看護師求人サイトはコチラ!

 

人々の健康に対する意識を向上させ、健康を維持するのが保健師の役目なのは言うまでもありません。
特定健診を行い、メタボリックシンドロームの人に対する特定保健指導は、国が力を入れている国民の健康生活向上のためのプロジェクトで、その中には、禁煙指導・禁煙支援も含まれています。

保健師の指導だけに留まらず、世の中は禁煙に向けて動いています。
健康増進法により、施設管理者に対する施設利用者の受動喫煙防止が義務付けられて以来、分煙・禁煙が進みました。特に公共施設、公共交通機関では全面禁煙であることが多くなっています。しかし分煙が徹底されているかは疑問で、飲食店などでは禁煙と喫煙スペースが分けられているものの、隣り合っているため結局喫煙スペースでも受動喫煙してしまうという状況がよく見られます。国はこのような飲食施設での全面禁煙を求めていますが、顧客の嗜好をないがしろにしては経営が成り立たないと飲食店側から難色を示されています。
 

保健師の職場の禁煙環境

行政保健師の場合
行政保健師の勤務先は、役所や保健所、健康センターなど自治体の施設で、現在それらは原則全面禁煙となっていますが喫煙スペースを設けている自治体もあります。
実はこれは病院でもそうなのですが、病院のように全面禁煙が当然と思われる施設において、分煙から全面禁煙に切り替えようとしたところ、利用者である患者や家族、見舞客よりも、そこで働く看護師や医師その他の職員からの反発が最も大きかったそうです。
タバコは健康に良くないとされていますが、嗜好品の一種で法律でも認められています。当然、医療従事者や、自治体に勤務する人の中にもタバコを吸う人がいますから、施設全面禁煙はその人たちにとって非常に問題となるのです。施設や職場での喫煙が禁止されているからと、敷地に入る直前に屋外でタバコを吸う人が増えたという例もあり、環境面での問題も出ています。
 自治体によっては、厳しい姿勢で職員の禁煙を徹底している所もあり、地域差も生まれています。

産業保健師の場合
産業保健師は、勤務する企業の禁煙への取り組み方によって喫煙環境が違い、禁煙の推奨が主流ですが喫煙場所を設けるなどして、喫煙する社員への配慮を行っている所も少なくありません。
 喫煙スペースは、利用する人にとっては憩の場であるとともに、コミュニケーションの場でもあります。決められた場所で吸い、分煙を徹底することで喫煙しない社員との友好的な関係も保てます。産業看護師は、そのような企業における喫煙スペースの有効性や利用状況からも、そこで働く社員の様子を知ることができます。

 

保健師の喫煙率
医療職の中でも、看護師の喫煙率が高いのはよく言われ、平均的な女性の喫煙率から見ても随分高いことがわかっています。
同じ医療職でも医師の喫煙率は低く、これは医師のタバコに関する知識の深さが喫煙に歯止めをかけているのだろうと考えられています。これを裏付けるのが、保健師の喫煙率の低さです。
看護師経験の後に保健師になる人が多いにもかかわらず、以前より保健師の喫煙率は高くありませんでした。そして健康増進法の施行以降は、人々に喫煙指導をするに伴うかのように保健師の喫煙率も低下しました。これはタバコに関する知識が以前にも増し、禁煙の重要性をより深く認識したからだと考えられます。

 

就職(転職)と 分煙・喫煙
禁煙は、保健師の仕事ととても関わりの深いものです。
メタボ予防に禁煙は有効ですし、その他の疾患の予防にもなります。
勤務先によって禁煙に対する取り組みは違いますが、それを進めていくのが保健師の役割であったりします。
禁煙が徹底されていると健康に対する意識が高いと感じますが、その逆なら保健師として取り組むべきことがあり、やりがいにつながるかもしれません。

禁煙・分煙はそこを利用する人にとってはもちろん、そこで働く人に大きな影響を与えます。
それは健康的な影響だけではなく、タバコの煙を吸わされることに対するストレス。タバコを我慢することによるストレスなど、精神的なこともあります。

このように影響の大きい分煙・喫煙なら、勤務先を決める前に様子がわかればいいのですが、禁煙・分煙の有無が書かれている求人票は見たことがありません。
自治体や企業によっては、ホームページ上で禁煙について触れていることもありますが、全てではありません。
別に、分煙か喫煙かで就職(転職)先を決めるわけではありませんが、求人票に書かれていないことで、できれば知りたいことってこれに限らずあると思います。
求人票に書いてないことはどうやって知るか?
就職を希望する自治体や企業に直接聞くなんてちょっと戸惑いますし、こちらの氏名を伝えてきちんと知りたい目的を伝えなければ、あちらも答えに躊躇するでしょう。
もっとスマートに情報を得るなら、医療職の就職活動や労働条件に詳しい、看護roo!のような看護師・助産師転職支援サイトに問い合わせてみましょう。このようなサイトなら求人に関する豊富な情報があると同時に、あなたの知りたいことをあなたに代わって問い合わせてくれ、とても便利です。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ