助産師求人-オンコールなし-


オンコールなしの助産師求人はないと諦めている人必見の看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師だって夜はゆっくりしたい

助産師にとって、仕事とは言えオンコールは歓迎できかねるものになります。 勤務が終わり、自宅へ戻ってゆっくりと…なんて考えている時の突然のオンコールは発狂寸前になると言う助産師もいるほどにストレスを溜める原因になります。 病院などでごくごく当たり前に利用されている勤務体系であるオンコールですが、それ自体が助産師の離職の原因になっていると言うのも事実です。

実際、転職条件にオンコールなしを希望する助産師は多く、勤務後はゆっくりとしたいと考えている助産師がいかに多いかがよく分かります。 例えば、夜勤などで病院内に待機している場合、それはあくまでも業務としての意識があるため、集中力もある程度持続させることは出来ます。 仮眠を取ったとしても、気持ちの切り替えも早くできますので、すぐに業務を再開することができます。

しかしながら勤務が終わり、いったん家に帰ってしまうと、張り詰めていた緊張感は一気に緩むことになります。 オンコールの可能性があると言う意識はあっても、自宅へ戻ってしまえば、少なからず緊張の糸が緩むことは否定できません。 かと言って、疲れたからといっておちおち寝てもいられませんし、メイクだって落とそうかどうしようか考えてしまいます。

夜中に寝ているときや、入浴中にコールがあればすぐに準備をして職場へ出向かねばなりません。 オンコールがあると自宅に帰れたとしても、どうしてもゆっくりすることはできません。

 

プライベートを侵害するオンコール

オンコールの勤務となって病院に呼び戻される可能性が高い場合、どうしても好きなように予定を組むことが出来なくなると言うのも、このシステムが敬遠される理由にあります。 友人と遊びに行きたいけど、オンコールがなったらすぐに病院へ戻らなければならないと言う意識は、友人に対しての負い目へと繋がります。 結果的に友人と疎遠になってしまう看護師や助産師も多いのが現実です。

また、子育て中のオンコールは非常に厳しいものとなります。 オンコール勤務となるたびに、誰かが必ず子どもの面倒を見てくれるということなら問題はありません。 しかしながら、オンコール勤務の日に子守を頼んでいた夫や親に急用ができないとも限りません。 もし、夜中にオンコールがあったとして寝ている我が子を誰かに頼みたくても、頼める時間じゃない、そうこうしているうちに職場へ行く時間がどんどん遅れてしまう、結果、職場に迷惑をかけてしまう…そんなことが現実にあるのです。 これだけを考えてみても、助産師がオンコールを避けたい気持ちがよく解ります。

 

オンコールが何故必要なのか

そもそも、病院施設内に十分なスタッフがいれば、わざわざ勤務を終えた助産師を病院へ呼び戻すような勤務帯を設定する必要などありません。 その医療施設でオンコールが必要であると言うのは、裏返せば勤務を終了した助産師を呼び戻さなければならないほどに人材が不足していると言うことでもあります。 ご存知のように、医療業界では看護師や助産師の数は圧倒的に不足しているのが現状です。 また、産婦人科の減少もあって産婦人科を設置している病院などでは助産師の需要も高く、出産の頻度も多くなります。 だから、自ずとそれだけ人員が必要になってくるわけです。

出産を控えた妊婦の場合、何が起こるかは分かりません。 陣痛が進む中で何かしらの異常が起こる可能性もありますし、初産の場合には痛みによるパニックと言うのは予想以上に多くあります。 経産婦の場合でも、出産は油断は出来ません。 何かあった場合に即座に対応することが出来るために万全を期すためには、オンコールでの呼び戻しも已む無しと言うことなのです。

また、逆にオンコールがあるから助産師の雇用を躊躇すると言う見方をする事も出来ます。 呼べばすぐに駆けつける人材がいると言う安心感は、人員を増やさなくても現場が回ると錯覚する要因になります。 事実、オンコールを実施している病院はそれ以上の増員に対していい顔をしません。 経営を考えれば当然の選択ではありますが、その負担は現場で働く助産師などのスタッフに降りかかると言うことを失念している結果、オンコールが当たり前のように勤務に取り入れられている現状があるのです。

 

オンコールのない求人を探す方法

どうしてもオンコールは避けたいと真剣に考えている助産師が求人を探すのであれば、ハローワークなどよりも専門の求人サイトを利用するといいでしょう。 その中でもキャリアコンサルタントを配置しているなどサポートが充実している看護roo!などのような求人サイトがおすすめです。

キャリアコンサルタントがいれば、オンコールの有無などの職場の詳細な情報を知る事が出来ます。 求人を見る限りでは、オンコールの有無は掲載されていても実際にあるかないかまでは分かりません。 仮に面接でオンコールの有無を確認しても、その場ではないと言われてしまうというケースもあります。 そうした状況にならないためにもきちんとした情報の収集が必要になります。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ