助産師求人-ブランク可-


ブランク可の助産師求人が多い頼れる看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師は現在のところ女性しか取れない資格ですが、女性のライフスタイルは多岐に渡ります。その途中でやむを得ず離職し、大きなブランクが空いてしまった助産師は少なくありません。

 

ブランク助産師は女性の仕事だからこそ
職業の男女平等の観点から、助産師資格も男性取得を認めるべきだという風潮が見られていますが、現在のところ女性のみが受験可能です。もし仮に男性看護師のマンパワーが現場にあったなら、ブランク助産師も復帰しやすい状況ができたかもしれませんが、そもそも妊娠出産自体、女性のみの非常に繊細でデリケートな領域なので、今後も難しいと思われます。

女性のライフスタイルは多岐に渡ります。結婚、出産、育児、介護、……等々。妻として、母として、嫁としての役割を社会から期待されます。助産師は生涯を通じてライフワークにしていけるほど、息の長い職業ですが、長く続ければそれだけ私生活の壁にぶつかります。中でも妊娠は女性看護師にとっても問題になっています。多職種に比較して流産率が高いといわれる看護師は、妊娠を機に辞職するケースが少なくありません。助産師は一回の労働時間が看護師より長めです。出産が入る日は交代時間で帰宅することが難しく、受け持った妊婦さんが無事出産を終え、容態が落ち着いたのを確認して、記録を付け終えてからようやく帰ることができます。こういった経験を積んでいる助産師ほど、自身の出産・子育てはゆっくりしたい…と思うものですが、離職期間が長期に及ぶにつれ、「あの修羅場に戻れるだろうか…」と自信を失ってもいきます。

 

助産師資格を持ちながら看護業務に従事する選択
助産師資格は看護師資格がベースになっていますので、助産師ではなく看護師として復帰する人も、実際は大勢います。これは助産師が残業を避けられず、キャリアを重視する職域であることが原因と言われています。

分娩は24時間待ったなしですし、ひとたびお産が始まっても、いつ生まれるかは医師にも正確に予測することはできないものです。加えて妊娠時のトラブルにも昼夜問わず対応する必要があり、非妊娠時に比べナイーブな思考になりがちな妊産婦さんに寄り添える助産師にかかる負担は、大きなものとなっています。

夜勤は無理、残業も無理、経験も浅い、という人はブランク助産師となってしまう傾向が強く、自身の状況が落ち着くまではいったん看護師として復帰しておく、という選択をする人が増えているのです。

 

お産には流行がある
ブランク助産師を増やしてしまう原因のひとつに、分娩スタイルの個性化が挙げられます。少子化の流れを背景に妊婦さんも一生でたった一回きりかもしれない出産に、それぞれの思いを反映したいと希望するようになりました。日々変わっていく流行についていけるかどうか不安…という悩みは現場で働く助産師にとっても切実で、一度でも現場を離れてしまえばなお更、不安は強くなってしまうようです。

また、潜在看護師が抱える悩みと同じように、進歩する最新医療技術についていけないかもしれない、といった不安もあります。女性の社会進出に伴い、妊産婦さんの年齢は上昇し続けていますが、医学的に出産適齢期があるのは避けがたい現実で、安全な分娩のために医療的介入を必要とする事例が増加しています。分娩経過は助産師が中心となってモニタリングを行いますが、異常を早期発見して医師に報告するのも助産師の業務です。異常を見逃してしまったらどうしよう…という思いが、助産師の復帰を妨げる一因となっているのです。

 

ブランク可の助産師の求人
看護師助産師の求人で、「ブランク可」といった言葉を目にするようになりましたが、応募する際は次のポイントをしっかりさせておきましょう。

①残業可能か否か

②休日出勤可能か否か

③夜勤可能か否か

④希望部署はどこか

⑤具体的にどの領域から研修を希望するか

助産師を募集する求人元は即戦力を期待していることがほとんどです。ですが、一定以上ブランクがある助産師を受け入れる必要性も充分感じているので、厚いフォロー体制を準備しています。即戦力として、①~③を希望するケースが多いようですが、今は難しくても子どもが成長した○年後なら大丈夫、という人はブランクが長く経験が浅くても採用される確率が上がります。また、最近は院内助産所や助産師外来といった特別な部門を設ける医療施設も増えているので、できるだけはっきりとしたキャリアビジョンを伝え、希望部署に配置してもらえるようにすることも可能です。助産師は必ずといっていいほど「立会い出産数」を問われますが、数だけでなく、具体的にどんな技術に関してキャリアを積み、もしくは不足しているかを明示しておけば、キャリアマッチングしやすくなります。看護roo!などの看護師助産師の求人サイトでもブランク可の助産師求人を見つけることができますが、コーディネーターを通じて、求人元と事前によく話し合うようにするのが良いでしょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ