助産師求人-保育所-


保育所勤務がしたい助産師さんに見てほしい看護師求人サイトはコチラ!

 

保育所とは、子どもの両親が仕事をしているなどの理由で、保育することができない場合に、子どもをあずかって保育をする通所施設です。

保育所の保育では、養護と教育が融合していることを意味しており、子どもの安全や情緒の安定を確保しながら関わり、また子どもたちが健康に成長、あるいは発達できるようにサポートしています。もちろん、これと似たように保育所ではなく、幼稚園という施設もありますが、これは法律によって分けられています。
保育所は、児童福祉法に基づく児童福祉施設であり、幼稚園は、学校教育法に基づく幼児教育施設なのですね。基本的には、どちらも幼児を対象に養育していくことは変わりありません。もちろん、子どもたちを養育していく職種もあるわけです。特に保育所では、保育士という職業がイメージされやすいですが、保育士の他には、看護師や助産師、あるいは栄養士、調理師などの方も勤務されています。

そこで、今回は保育所における助産師の求人について、メリットやデメリットを含めながら、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

保育所で働く助産師のお仕事

一般的に助産師は、分娩を助け、また妊婦や褥婦、あるいは新生児の保健指導を職業とする女性のみをさします。しかしながら、保育所で働く助産師は、臨床現場の助産師の業務とは大きく異なり、主に乳幼児の健康管理や応急手当、成長発達に向けての支援などを行っています。もちろん、保育所に集まる子どもたちは、その発達的特徴から、セルフケアが未熟でありながら、身体的にも成長過程にありますから、容易に病気やけがをしやすい状況にあります。そのため、病気やけがの予防をしたり、子どもや保護者に合わせた指導を行っていきます。

具体的に、健康管理は常時行われるものですが、助産師は定期健康診断の際にも活躍します。例えば、健康診断をするときに医師の補助をしたり、あるいは健康診断を怖がってしまう子どもたちの気持ちを汲み取りながら、主体性を引き出して成功体験を身につけます。子どもは、初めてのイベントが盛りだくさんですから、健康管理だけではなく、発達を促進させる役割も助産師は担うということなんですね。

もちろん、保育所で子どもたちがともに生活をしていると、事故は起こり得るものです。そのような時の対応の第一線として活躍するのも、助産師の務めです。応急手当ても必要ですが、医療機関に受診をすべきか、あるいは様子を見て良い状態なのか、ご家族へ連絡をするなどの臨機応変な対応が求められます。

さらに、保育所には多くの子どもたちや保護者が集まるわけですから、健康についての啓蒙活動をする場所としては、持って来いの施設です。つまり、助産師が中心として、保健だよりなどの広報や口演などによる働きかけなどにより、今後引き起こされ得る病気や事故を未然に防ぐことが可能なわけなのです。社会的にみても、医療における第一次予防を行える助産師は、重役といえるでしょう。

このように保育所で働く助産師のお仕事は、主に健康な子どもたちとそのご家族が対象となります。臨床現場の助産師では、妊産婦さんの分娩や患者さんの治療に携わっていきますが、保育所では健常な子どもたちの成長発達のサポートや予防医療にも従事していくこととなります。

 

保育所で働く助産師のメリット

まずは子どもとの関わりが好きだという助産師の方にとっては、天職でしょう。純粋な子どもたちと毎日、関わることができますし、子どもから学ぶことも多々あります。またその関わりは、基本的に日勤だけということで、夜勤はありませんから、臨床の助産師から比べると、働く身としては健康管理がしやすいかと思います。
さらに、応急手当や予防策などの医療の専門分野に関することは、保育士にはできないことも多々あることから、やりがいをもって働くことができるでしょう。加えて、お給料も安定していますので、安心して働くことができます。

 

保育所で働く助産師のデメリット

本来の助産師の業務をみると、その専門性に乏しいといったことから、心ばかりか、業務量が少なく感じるかもしれません。またお給料に関しては、夜勤手当がない分、減少することは確かでしょう。健康管理については、夜勤がない分、的確に行っていきやすいと思われますが、子どもから風邪が移ってしまうことも多々あります。ですから、保育所ならではの健康管理にも努めていかなければなりません。
また広報活動についても、予防策を啓蒙するということで、プレゼンテーションのスキルも必要となることでしょう。保健だよりを作成するにしても、基本的にはパソコンで画像処理もしていくことでしょうから、パソコンのスキルも必要です。

それから、何といっても医療従事者というスタッフが臨床に比べて、圧倒的に少ないです。そのため、頼りにされる反面、責任感はそれなりに伴ってくるでしょう。

 

保育所における助産師の求人

保育所と助産師といっても、なかなかイメージがつかないのではないでしょうか。しかしながら、助産師でも保育所で働くことは可能なのです。そこで、どのように求人を見つければ良いかということに至りますが、まずは看護roo!
などの求人サイトをみてみましょう。保育所に関する情報もたくさん掲載されていますので、求人を探すうえでは、ぜひおすすめしたいところです。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ