助産師求人-土日休み-


土日休みが基本!そんな助産師求人が豊富な看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師の就業者数が年々、上昇傾向です。四年制大学の看護学課程では看護師資格と併せて、助産師・保健師のトリプル受験が可能なので、特に若い人から人気が集まっています。助産師になるには看護師資格を持っていることが必須条件ですが、総じてお給料が高いのも魅力的です。なんと言っても全ての診療科目において、唯一生命の誕生に立ち会える最前線で働ける助産師は、やりがいがある職種です。

 

助産師の葛藤「本当はもっと土日休みが欲しい」

助産師からよく聞かれる不満のひとつは、「オンコールが多いこと」。妊娠や分娩は二つの生命を同時にケアする、高度な医療技術によって支えられていますが、出産のタイミングは完全にコントロールすることができません。なので、「土日出勤が多くて、プライベートの時間を持てない…」という悩みを抱える助産師は多いものです。

また、 「他の診療科に比べて残業が多いのも辛い」、という人も少なくありません。妊婦さんや産褥婦さんの立場に立てば、ずっとついていてくれた助産師が交代制の終業時間だからと、別のスタッフに替わって帰宅してしまえば、不安な気持ちになってしまいます。もちろん助産師側も、「もう少しで出産だ」というのが分かっていれば、できるだけ分娩まで付き添いたい希望を優先しがちです。もちろん残業になりますが、一人の人間の誕生という貴重な時間に立ち会える喜びを、産婦さんやご家族と分かち合える瞬間は変えがたいものです。

ですがそうした残業が積み重なっても、翌日の勤務に遅れるわけにはいきません。「激務を補うほど見返りが大きい仕事なのだから、土日休みが欲しいなんて言い出しづらい…」と、私生活を犠牲にしがちなのも、助産師の特徴と言えるかもしれません。

 

助産師の就業者数は増加している
厚生労働省の調べによると、実働助産師の人数は増加傾向です。助産師資格取得は看護師キャリアアップの選択肢のひとつで、学卒からいったん看護職で経験を積み、結婚・出産を経てから助産師コースで学び直す人も増えています。 助産師の9割以上は病院やクリニックといった医療施設に勤務していますが、産婦人科と産科病院は22年連続で減少しています。産婦人科医数の減少が直接の原因ですが、訴訟リスクの高さや激務といった背景が影響し、産婦人科医を目指す医学生が以前に比べて減ったこともあるでしょう。近年、産婦人科医は大病院に集中する傾向が見られ、これに伴い、医療施設で勤務する助産師が増えています。

 

予定分娩が増えている現場
女性の初婚年齢は上昇を続けています。加えて医療技術の進歩で、比較的安全な高齢出産が可能になりました。一昔前の「35歳で高齢出産」の概念は現場ではすでに古く、実際は30~40歳代初産の妊産婦さんが割合の多くを占めています。ですが一般に、出産適齢期が存在するのは医学的に根拠のある事実で、出産年齢が上がるほどトラブルは起こりやすくなります。また、不妊治療成功率の向上で、多胎妊娠事例も増えました。帝王切開を始めとした医療的介助で、予定分娩を選択する出産が多くなった結果、医療施設での助産師のマンパワーは更に需要を増しています。

 

土日休みが取りやすい助産師の現場はどんな場所?
そもそも予定分娩は、出産にまつわる高いリスクを回避するために行われるので、スタッフが揃いやすい平日の日中が選ばれます。リスクを抱えた妊産婦が集まりやすい大学病院や地域中核病院といった医療施設では、年間を通じて予定分娩が多く取り扱われますが、事前予想が難しい事例に遭遇する確率も高くなるので、必ずしも土日休みが取りやすい現場とは言えません。ですがマンパワーがある現場ではあるので、助産院や病床数が20床未満の産科病院よりは融通が利くようです。

 

土日休みの助産師の求人探しのポイント

子どもは神様からの授かり物、と言われますが、分娩を完全にコントロールすることはできません。「高齢出産なのは分かっているけど、できるだけ自然に産みたい」と希望する妊婦さんは増えており、助産師もその声に応えられるよう努力しています。ですが助産師にも私生活があり、家族がいて、子持ちの人も大勢います。関わる妊産婦さんの赤ちゃんと変わらず、自身の家庭や子どもも大切にしたいと思えば、土日休みを希望するのはとても自然なことです。土日休みの助産師の求人は、看護roo!のような看護師求人サイトなどで見つけることができます。場合によってはコーディネーターに交渉してもらうこともできるので、気軽に相談してみましょう。探すときのポイントは、

①助産師だけでなく、看護師の人員も多く配置されている。

②1日平均出産数(年間出産数)はどれくらいか。

③土日の出産には具体的にどう対応しているか。

ですが、特に③は念入りにチェックしておく必要があります。こういったスタッフの勤務状況についても、コーディネーターが情報を持っていることがあるので、利用してみるのも良い選択です。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ