助産師求人-夜勤のみ-


夜勤のみの助産師求人が見つかる看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師は、看護師の救急外来と同じように、いつどのようなときでも、妊産婦さんを受け入れられるような体制を整えなくてはなりません。もちろん、それは日中のみならず、夜間帯でも同様のことです。つまり、助産師は、365日24時間働き続けているということになりますね。しかしながら、それは1人の助産師が勤務するということではなく、セクションを1チームとして考えていますから、助産師が交代制で職務を遂行しているということになります。

ただし、日中はともかく、夜間帯に働くということは、身体的にも精神的にも疲労を感じてしまうことでしょう。そこで、今回は、助産師の夜勤のみの求人について、メリットやデメリットに着目しながら、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

夜勤のみで働く助産師のメリット

まず何といっても、夜勤のみで働くことのメリットとして、収入が多いということが挙がります。助産師は、看護師と同様に、夜勤手当というものが給与に反映しています。そのため、夜勤のみで働く助産師は、常に夜勤手当が加算されているということになります。夜勤手当は、その地域や職場によって異なるとは思いますが、夜勤のみで働くとすると、月40万円以上は収入として得ることが可能でしょう。つまり、単純に1年を通して480万円の収入となりますが、賞与を含めれば、1年で600万円以上の収入にはなるでしょう。
もちろん、夜勤のみで働く助産師の経験年数にも給与の上限下限はありますが、2年から3年目の助産師でも、1年で600万円以上の収入を得ることは可能です。つまり、ほとんど日勤のみで働いているような師長クラス方々の給与よりも、収入が高いということもあり得ます。

それから、夜勤のみとなると、日勤で働くという必要がなくなります。例えば、勤務が3交代制であるとすると、日勤、準夜勤、夜勤の3パターンのスケジュールとそれに合わせた生活をしていかなければなりません。3交代制に合わせるのであれば、朝起きるのか、それとも夕方に目覚ましを合わせるのか、朝食なのか、夜食なのか、様々な生活が何通りもあるわけです。しかしながら、夜勤のみで働くとなると、それは一定の生活リズムを確保することができます。夜勤とはいえども、3交代制で働くよりも、生活リズムを調整しやすいということがメリットとなることでしょう。

加えて、夜勤をすることは、疲労の程度によって、日中に自由な時間を利用できることもメリットの一つとなります。助産師の夜勤帯のお仕事は、決して楽なものではありませんが、仕事をしていない時間となる日中の時間を使えるということになります。次の日からの休暇と合わせて、趣味や旅行など有意義な時間にも当てることができます。また日中に働くと、どうしても銀行や郵便局が利用できなかったりなどの生活に関するものも特に気にすることはありません。
このように夜勤のみで働く助産師のメリットは、多くあるということですね。特に夜勤のみ働きながら、収入を得て、日中に自由な時間を確保する一石二鳥のことが実現できるわけですから、生活の水準も高く見積もることもできるでしょう。

 

夜勤のみで働く助産師のデメリット

それぞれの助産師の方によって様々ですが、夜勤をすることで体調を崩すことが多く考えられます。それは日内変動といって、人間にとってのリズムが崩れてしまうということが背景にあります。夜勤をすることで、収入が多く得られる反面、健康を害されるということもあるということですね。助産師の方の中には、給料はそれほど多くはいらないから、夜勤を減らしてほしいという考えをもつ方もいらっしゃいます。

夜勤のみで働くということは、一般的な日常生活の習慣が途絶えるということになりますか、その健康管理は、十分に行わなくてはなりません。特に夜勤のみで働くことができるのは、20歳代くらいにしておくことも大切でしょう。30歳代以降となると、体が悲鳴を上げているのにもかかわらず、そのまま仕事をしてしまい、ご自分が患者さんになってしまったというケースもありますから、無理は禁物です。

また夜勤のみで働くことは、その体力の消耗から、日中は休養を余儀なくされてしまうということで、家族とともに過ごす時間を確保することができませんし、ストレスフルとなってしまうことも多く考えられます。夜勤のみというシフトも、そう簡単には交代することもできませんから、責任を背負って、健康管理をしていかなければならないプレッシャーにも打ち勝たなければならないということもデメリットの一つでしょう。

 

夜勤のみで働く助産師の求人

実は夜勤のみで働きたいという助産師の方は少なくありません。それは収入の面であったり、時間の面であったりと、それぞれの考え方があります。また夜勤のみで働く場所も、その夜勤手当も勤務先によって様々ですから、十分に情報を収集する必要があるでしょう。

そのようなときには、まず看護roo!などの求人サイトを参照して頂いて、給与や夜勤手当のことに関してお調べになられることをおすすめします。もちろん、求人サイトの中でご自分お一人の考えだけではなく、自分の考えが果たしてよい選択なのかといったこともキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ