助産師求人-大学(教員)-


大学教員として活躍したい助産師さんに見てほしい看護師求人サイトはコチラ!

 

次の世代のための助産師の仕事

産婦人科などで勤務をしている助産師も多いですが、命の現場で常に戦うことだけが助産師の仕事ではありません。 今を生きる助産師も、いずれは退職をすることになり、その先には新しい世代の助産師が医療業界を支えることになります。 正しい知識、正しい技術を持った後続がいなければ、質の高い医療を提供し続けることは不可能です。 看護学校や大学などで助産について学んだという方は多いですが、助産師の次のステージとなるのが、その母性看護学・助産看護学の助教、大学教員という職業です。

常に次の世代を育て続ける必要があり、新しくなる医療の世界では常に最新の医療知識を正しく伝える教員が必要になります。 十分に助産師としての経験を積んだ助産師は、次代の担い手を育てる大学教員としての道を選択するというのも一つの道でしょう。

医療、助産と言う現場からは遠ざかりますが、代わりに次の時代を担う若い世代を育て、医療業界の人材不足のために貢献することが出来ます。 それは、結果として医療業界全体にも影響し、出産を控える妊婦のためにも繋がります。

 

母性看護学・助産看護学の助教の仕事

母性看護学・助産看護学の助教としての仕事は、一言に言えば次の世代の助産師を育成することにあります。 講義を通して、助産とは何か、助産に必要なものは何かと言ったものを伝え、知識だけではなく技術や助産の在り方などを未来の助産師へと伝えることが母性看護学・助産看護学の助教の仕事になります。

医療の現場から離れることで医療従事者としての成長は止まってしまうかもしれませんが、自分の持てる知識、技術を助産師の卵である学生に伝えることで、自分と同等、それ以上の技能や知識を持つ次代の助産師を生み出すことが出来る非常にやりがいのある職業です。

母性看護学・助産看護学の助教は大学などに勤務する講師になります。 所属こそは大学教員としての所属ですが、その多くは付属病院など病院に関連した学校である事が多く、勤務を通して母性看護学・助産看護学の助教のスカウトなどから大学教員としての転職をするケースも多くあります。 どのような形であれ、自分の信じる助産と言う仕事を正しく伝えることで、より多くの質の高い助産師を育てることが出来るというのはやりがいを感じることが出来る職業でしょう。

 

母性看護学・助産看護学の助教となるためには

助産師としての資格は必須となります。 他に必要な資格は求人の応募資格、または求人の条件として細かく定められています。 臨床経験の有無や具体的な就労期間などを指定しているところもありますし、修士もしくは博士の学位を有する助産師でなくてはならない、というところも多くあります。 また、すでに数年間の講師の経験をしている者に限る、という場合もあります。 これらは各大学などが定めるところとなりますので、こういった応募資格はよく確認するようにしましょう。 また、通常であれば大学教員として勤務をしながら、実績を積み上げて昇進をする事で母性看護学・助産看護学の助教としての仕事をする事が出来るようになります。

母性看護学・助産看護学の助教、大学教員として勤務をするためには、いくつかの方法があります。 一つは一般の求人などに掲載されている母性看護学・助産看護学の助教、大学教員の求人に応募して採用される方法です。 おそらく、ほとんどのケースで母性看護学・助産看護学の助教として働いている方の多くがこのケースでしょう。

もう一つが母校や勤務病院の系列大学などに退職後に再就職として母性看護学・助産看護学の助教待遇で再就職をする方法です。 長らく勤めた経験を活かし、後続の育成に尽力して欲しいと職場からの要請を受けた助産師が助教として勤務をすることになります。 あまり多くはないケースですが、ベテランとしての勤務経験は何よりも次の時代の助産師の参考になる生き字引となります。

 

母性看護学・助産看護学の助教を目指す方へ

母性看護学・助産看護学の助教を目指している方にとっては喜ばしくはない話かもしれませんが、この仕事の求人の競争率は非常に高いものになります。 一つの理由が、病院とは違った安定した生活と収入、そして勤務形態にあります。 病院で勤務をしていた方には想像する事が出来るでしょうが、母性看護学・助産看護学の助教としての勤務は基本的には病院のそれとは大きく違ったものとなります。 それだけに求人には多くの希望者が集まることになり、競争率もそれ相応に高くなります。

求人自体は、ハローワークでも見つかることがありますし、研究者人材データベース・JREC-INなどで無料提供されています。 ただ、競争率の高い求人を勝ち抜くためには、看護roo!のような求人サイトに登録し、キャリアコンサルタントのサポートを利用するといいでしょう。 競争率の高い転職に勝ち抜くコツなどを伝授してもらうことも可能です。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ