助産師求人-女性健康支援・母子保健センター-


女性健康・母子保健センター等で助産師経験を活かしたい人向けの看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師の新しい職場として注目を集める職場

昨今、少子化が問題となっていますが、その原因の一つ担っているのが不妊などの問題です。 不妊症はかつては女性にのみ原因のあるものとして考えられていましたが、昨今では研究も進み、男性にも不妊の原因があると言うことが分かり、一般の認識として広く知られるようになりました。 それでも不妊に悩む女性が後を絶たないのも事実で、子どもが生めない女性だけが社会的な負い目を受けるのも、また事実です。 さらには、男性に原因があるにせよ、女性に原因があるにせよ、不妊治療を行う上で大きな負担を負う事になるのは女性側であるため、不妊治療に対するストレスなどを強く感じるのはどうしても女性になってしまいます。

そんな女性へのケアを目的とすべく、相談を受け付けているのが、地域の市町村などに設置されている女性健康支援母子保健センターになります。 女性を対象とした女性特有疾患へのアドバイスや、妊娠・出産に関するアドバイス、不妊治療などへの悩みの相談など女性のための公共施設として多くの女性が利用しています。 働いている職員は助産師や保健師、看護師など医療従事者がほとんどで、実際に女性の悩みを受けるなどの場合には女性職員が対応しています。 女性特有の疾患などデリケートな問題もある事から、女性しかいない助産師の新しい職場としても注目を集めています。

 

女性として女性のために出来る何が出来るのか

助産師は女性しかなる事が出来ない職業でもあります。 妊娠や出産といった非常にデリケートな問題に直接的に関与する職業であるため、助産師として働くのは女性が望ましいという女性側からの声もあり、男性の助産師は存在しません。 助産師の職場には様々なものがありますが、中でも助産師、女性として多くの女性の悩みを解決するための職場としてあるのが女性健康支援母子保健センターになります。

女性健康支援母子保健センターでは女性の様々な健康上の悩みや出産、育児に対する悩みなどを受け付けており、具体的な解決案を提示するなど積極的に取り組んでいます。 女性のための保健センターと言う事もあり、訪れる方は女性が多く、必然的に相談の内容も女性特有疾患や不妊などデリケートな問題となります。 女性としての立場から、女性の悩みを聞き、女性の立場に立ってアドバイスをする事が出来るという意味では、医療従事者の中でも助産、看護、生活指導などを業務としている助産師はうってつけの仕事であるといえるでしょう。

女性として助産師として、悩みを抱える女性に何をしてあげることが出来るのか。 医療従事者としての立場、女性としての立場とあるでしょうが、悩みを抱えている女性は専門家としての具体的なアドバイスを期待しています。 その中でもより親身になって話を聞くことが出来る助産師は、女性健康支援母子保健センターとしても貴重な戦力として期待が高まってきています。

 

女性健康支援母子保健センターへの転職

女性健康支援母子保健センターへの転職を考えている方もいるでしょう。 助産師としての資格を活かしながら、地域の女性のために働きたいと志を高く持っている助産師もいます。 女性健康支援母子保健センターの職員として働くためにはクリアしなければならない課題が数多く存在します。

まずは当然ながら助産師の資格を持っていなければなりません。 厳密に女性健康支援母子保健センターが助産師の有資格者のみを募集しているというわけではないため、助産師の資格が必須であるかと言う疑問に対しては、その人事の担当者しか答えることはできません。 しかし、業務の内容には育児や出産に関する悩みも多くある事を考えれば、助産のエキスパートとしての助産師の資格は必要であると言えるでしょう。

次にクリアしなければならないのが、採用試験です。 女性健康支援母子保健センターの職員は行政機関の職員と言う立場になるため、そこで働く職員は公務員と言うことになりますが、公務員試験に合格する必要はありません。 ただ、女性健康支援母子保健センターの職員になるための採用試験が用意されています。 この試験をクリアし、初めて女性健康支援母子保健センターで働くことが出来るようになります。

ただ、すべての役所に当てはまることではありませんが、募集にあたって採用条件が設定されていることがあります。 例えば、5年以上業務に従事した助産師でなければならない、あるいは、専門分野の一つの業務に3年以上従事した助産師でなければならない、などです。 こうした条件を満たしていなければ、応募することができませんので条件は前もってしっかり確認をしておきましょう。

 

女性健康支援母子保健センターの求人を探すなら

各市町村のホームページの中にある女性健康支援母子保健センターのページをチェックするか、職員採用のページをしっかりチェックしてください。 そこに募集要項が掲載されることがほとんどです。 もし、臨時職員でも構わないということであれば、看護roo!のような求人サイトをチェックしてください。 専門求人サイトで扱われている案件の中には、行政機関の臨時職員の求人も出ていることがあります。 また、登録してアドバイザーに相談をすれば、募集しているかどうかの情報をもらえることがあります。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ