助産師求人-子育て支援・こども家庭支援課-


助産師として子育てを支援していきたい方にピッタリな看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師の働く職場

助産師が働くのは、医療機関だけというわけではありません。 出産を控えている女性の手助けや分娩の介助なども立派な助産師の仕事ですが、それ以上に出産を終えて育児に励んでいる女性のための手助けも必要になります。 出産は子供生んでしまって終わりと言うことはなく、その後に子供が立派に成長し、社会へ旅立つまで育てることが出産、育児の延長線上にあるのですから、当然のことながら、とても重要なものになります。

助産師の働く職場には医療機関も多くありますが、育児中の家庭の中にある様々な問題を解決するための家庭児童相談員という仕事もあります。 地域の役所などに設置されている子育て支援課やこども家庭支援課に勤務する助産師の仕事ですが、地域の各家庭で抱えている子育てに関する様々な悩みを聞き、解決に向けて具体的なアドバイスなどをする事が業務になります。

かつては子供は地域で育てるというのが当たり前でしたが、核家族化が進み、近隣住人との関係も希薄になった現代では付近住人が積極的に他人の家、育児に関わる機会が大きく減りました。 そのため、近隣の育児を終えたベテランからのアドバイスを受ける機会もなくなったため、育児へのストレスを溜め込む母親も多くなり、家庭内で様々な問題が起こっているのも事実です。 そうした問題を解決することも業務の一環とした子育て支援課やこども家庭支援課が役所内に設けられており、そこで地域住人の育児に対する問題と向き合い、悩みを聞くなどの業務を行なうのが家庭児童相談員の仕事になります。

 

増える育児の悩み

昨今、核家族化が進んだこともあって、育児に対するアドバイスなどを受ける機会が減ってしまいました。 育児書などの書籍からの情報やインターネットを利用した育児方法などを実践している方も多くいますが、一人での育児にはどうしてもストレスも溜まっていくものです。

また、育児をしている過程で様々な問題も起こります。 例えば、子供の突発的な病気。 乳幼児などは自分で言葉を発することができませんので、親が察知してケアをしなければなりません。 初めての子どもが、急に体調を崩した時など対処の方法に困ってしまうものです。 さらには、他の子に比べて自分の子供は発育も遅いのではないか、などの心配をする親も少なくはありません。 そうした具体的な育児に対する様々な悩みなどを聞き、解決するのが子育て支援課やこども家庭支援課の仕事になります。

育児に対する情報の共有化が少なくなったと言う事もあり、ストレスを溜め込んだことが原因で精神を病んでしまう母親が実に多いことはよく知られます。 適度にストレスを発散するためには、行政機関など活用できるサービスを十二分に活用して育児を楽しむが大切です。 そのためにも子育て支援課やこども家庭支援課に常駐している家庭育児相談員の存在をもっとアピールして、より多くの育児に励む方々に活用してもらう必要があります。

 

子育て支援課やこども家庭支援課の業務

子育て支援課やこども家庭支援課では育児に対する支援だけではありません。 そこで働く助産師には、育児に付随する様々な業務が用意されています。

まずは育児に悩む家庭への支援を行なうための派遣事業。 全ての子育て支援課やこども家庭支援課が行なっているサービスではないのですが、一部では実施されているサービスになります。 例えば、つわりなどで妊娠中に家事も十分に行う事が出来ないほどに体調が悪いなどの場合に、行政へ依頼してサポートを派遣してもらうサービスです。 通常の業務では、児童手当や特例給付に関する手続きと説明、医療費助成制度の手続き、児童扶養手当に関する手続きなど各種手続きの業務の他、子供家庭支援センターやファミリーサポートセンターなど様々な育児のサポートサービスも行っています。

昨今、何かと話題になる家庭内暴力(DV)に対する相談を受け付けているのも子育て支援課やこども家庭支援課になります。 それぞれの家庭でそれぞれの悩みがあり、それらを解決するために行政が出来ることを全力でサポートする、それが子育て支援課やこども家庭支援課の業務になります。

 

子育て支援課やこども家庭支援課への転職方法

まず、こういった行政のサービスを行っている子育て支援課やこども家庭支援課の求人を探すということです。 通常の、病院やクリニックなどへの転職を希望している場合には、効率的に求人を探すために看護roo!のような専門の求人サイトを活用することが多くなります。 このようなサイトでは、看護師だけでなく保健師の求人も助産師の求人も取り扱っています。

ただ、子育て支援課やこども家庭支援課などの行政機関の求人の場合、求人サイトでは案件を取り扱っていることは、ほとんどありません。 臨時の職員を募集している場合には、求人サイトでも募集を見ることはできますが、基本的にはその行政のホームページの職員採用のページで要項を確認して、直接、役所の担当部署へ申し込みをすることになります。

安定した職場であると言う事もあって離職者は少なく、考えている以上に求人が少ないので、まめにホームページをチェックする必要があります。 また、行政が配布している冊子に、職員募集のお知らせが出ることもありますので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ