助産師求人-扶養範囲内-


扶養範囲内で働ける助産師求人探しに最適な看護師求人サイトはコチラ!

 

結婚後、しばらく助産師の仕事を休んでいたけれどもそろそろ復帰を、と考えている方は、扶養について考えていますか?

また、現在臨床で働いているみなさんの職場には、夫の扶養の範囲内で仕事をしているというパート勤務の助産師はいませんか?

扶養とは? そして扶養の範囲内で働くとはどういうことなのでしょうか?

 

難しい法律のことはわからない。

知らなくても勤め先の事務の人がキチンと手続きをしてくれるから、任せておけばいい。

とりあえず、今の自分には関係のないことだから興味がない。

 

そのように思う人も多いと思いますが、扶養範囲を知らないと、例えば週に3日働くより、週5日働いた方が家計全体の収入が減ってしまうこともあると聞いたら、関心を持たずにはいられませんよね?

たしかに法律のことはいろいろと複雑ですが、いくつかのポイントを押さえておけば大丈夫です。

現在、扶養について関心を持っている人はもちろん、あまり深く考えなかった人も、扶養について知っておけば、得をすることはあっても、損をすることはありません。

 

扶養控除って何?

まず、扶養控除について知りましょう。

扶養控除とは、16歳以上の扶養家族がいる納税者に対する税金の優遇制度…わかりやすく言いますと、養うべき家族がいる労働者(納税者)からは、一部の税金(所得税・住民税)を一定額免除することで、経済的援助をしようという制度です。つまり同じ額の月収でも、独身者よりも扶養家族がいる人の方が納税額が少なくなります。

扶養控除の対象は、原則、配偶者以外の親族となり、配偶者の場合は正式には配偶者控除という名称になりますが、一般的には扶養控除と広く認識されているようです。

 

収入と支払うべき税金

収入がなく夫に扶養されている場合、または収入があったとしても年間100万円以下の場合は、住民税や、所得税がかからず、社会保険への加入も義務付けられていません。しかし、収入が一定額を超えると徐々にそれらの支払い義務が発生します。

では、わかりやすく金額順に何が増え何が減るのかをまとめてみましょう。

※年収が100万円を超えた場合 → 住民税を支払わなければならない。

※年収が103万円を超えた場合 → 所得税を支払わなければならない。

                  夫は、所得税と住民税の配偶者控除を受けることができない。

                  夫は、配偶者控除に代わって配偶者特別控除をうけることができる。(配偶者の収入が増えると特別控除額は減額)

※年収が130万円を超えた場合 → 社会保険に加入しなくてはいけない。

※年収が140万円を超えた場合 → 夫の配偶者特別控除がなくなる。

 

この中で働く時に気になるのは、年収103万円以上から発生する所得税の支払いと、夫の

配偶者控除の資格喪失です。夫の扶養から出たくない人は、この103万円をひとつのリミット

と捉えています。しかし、103万円を超えても支払うべき所得税は高額ではなく、収入によ

って段階的に減額するとは言え、配偶者特別控除を受けることもできますので、実際の影響はそ

れほど大きくはないようです。それよりも影響が大きいのは、社会保険への加入が義務付けられ

る年収130万円以上で、140万円を超えると、配偶者特別控除もなくなり、扶養から完全に

独立したことになります。

 

いくら以上の収入なら 扶養を抜けても損をしないの?

年収が上がると税金の支払い発生義務が生じるだけでなく、夫の所得税控除がなくなり、納税額が多くなります。そして、場合によっては年収100万円よりも年収130万円の方が、税金などを引いた後の手取りが少なくなることもあります。

そのような不都合を避けるため、扶養の範囲内で働く人が多いことが女性の労働意欲をそいでいると言われており、女性のみの資格、しかも人手不足に悩む助産師の職場では、労働条件の悪化の一因とも考えらています。

しかし、やりがいのある仕事ですから、扶養を気にしないで働きたいという場合は、およそ160万円の年収があれば、税金などの負担を考慮しても総額としてプラスになると言われています。

 

1ヶ月の収入がいくらなら不要範囲内なの?

年収によって扶養控除や税金の額に違いがあること、103万円が第一の壁であることはわかりました。

では実際に、年収を103万円以下に抑え、夫の扶養の範囲内で仕事をするには、どのような働き方をするべきなのでしょうか?

これはあくまでも単純計算ですが、103万円を12ヶ月で割ると、月収85,833円になり、それを月20日勤務、時給1500円(看護師の全国平均時給)として計算すると、1日あたり28時間の勤務になります。これを目安に勤務日数や時給に合わせて調節することで、年収103万円以下に収めることができます。

 

ワーキングスタイルや諸々の事情で、扶養控除の範囲内で働きたい人、労働条件によっては扶養範囲を超えても仕事がしたい人がいると思いますが、女性の職場である助産師の仕事は、雇用する側もそういった事情をよく理解しており、相談に応じてくれるところも少なくありません。また、看護roo!のような看護師・助産師の転職支援サイトを利用すれば、あらかじめ「扶養の範囲内で働きたい」など自分の希望を伝えておけば、希望に合った求人をピックアップして紹介してくれるので、煩わしい計算をする必要がなく、転職活動がスムースに行えます。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ