助産師求人-新卒可-


新卒でもOKな助産師求人が見つけやすい看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師の新人は、ある程度、助産師としての知識や技術を要していますが、臨床での実践力は乏しいことでしょう。つまり、臨床現場から見れば、新人への指導をしなくてはならないということとなってしまします。
もちろん、マンパワーの確保としては、新人である助産師も必要不可欠ですが、新人を育てていく過程では、それなりの時間と労力を必要とします。現在、プリセプター制度といって、熟練した助産師が新人の助産師を育てていくというシステムが存在しています。
助産師は、その専門的な立場から医療に従事するということですから、専門職として新人も育てていかなければなりません。そのため、新人への教育も制度として確立していかなければならないのですね。しかしながら、そのプリセプター制度は、職場環境によっては必要ないこともあります。それは新人を必要としないからです。

そこで、今回は助産師の新卒可である求人について、いくつかご紹介していきたいと思います。またその中では、新卒可の求人がある助産施設についてもご説明していきたいと思います。

 

助産師が新卒で働くということ

基本的にどの助産師も新人の頃があったことは確かでしょう。助産師の資格を取得して、新人を飛び越えてベテランとなった助産師は一人もいません。
むしろ、新卒である助産師の1年目が、助産師人生で1番重要なのかもしれません。なぜなら、新鮮な目線で助産師の職業を客観的にみることができますし、妊産婦さんや新生児、あるいは患者さんなどとコンタクトを取られるときなどは、吸収することがたくさんからです。しかし医療従事者は、専門職という特徴やキャラクター的なものも含めて、有頂天になったり、あるいは高飛車となるなど、勤務をともにしていて勘違いをしてしまっている人も多くいます。
このような人たちと比べれば、新卒という時期は、とても素晴らしい時期です。新卒の助産師で働くという意義は、助産師人生の中で一度きりですし、その記憶は一生残るでしょう。またプリセプターという制度があるのであれば、新卒はプリセプティとして、プリセプターから教育的な関わりをもつことにより、師弟同士、絆を深めることもできるのではないでしょうか。

このように、助産師が新卒で働くことは、今後の助産師人生にとって、とても重要なことなのです。しかしながら、助産師で働くといっても、病院でも大学病院であったり、市中病院であったり、あるいは助産院であったりと、様々な助産施設があります。卒後教育を見据えて、助産師が新卒で働くにふさわしいフィールドを選択していきたいものですね。

 

助産師が新卒で働くことの危機

助産師であれば、誰もが通る新人の時期。しかしながら、この時期は学生から専門職となるプレッシャー、あるいは助産学校から助産施設に移行する物理的な環境の変化、また何と言っても、職場の人間関係などの人的な環境の変化が同時にやってきます。

特に新卒の1ヵ月目は、右往左往の状況で、何をするにも手つかずかもしれません。一歩一歩進んでいったとしても、客観的な評価も入ってきますのでとてもストレスフルな毎日の連続でしょう。もちろん、初めての体験ばかりですし、ご自分のキャパシティーも限界はありますから、多大なストレスが降り注いでくることが予測されます。

そこで、現実とのギャップを感じ取り、こころが折れてしまう新卒の助産師の方も中にはいらっしゃるかもしれません。しかしながら、これらは誰もが通る道であって、自分だけがという考えに陥らないようにしましょう。ただし、明らかに人権を侵害された場合や倫理的にどうなのかということに関しては、パワーハラスメントといった権力を利用した嫌がらせかもしれませんので、それを見分ける視野も必要です。

このように助産師が新卒で働いていくには、茨の道が待ち受けています。その道が正しい道かどうかを迷わないためにも、慎重に助産師の新卒可という施設を探していきたいものですね。

 

助産師の新卒可である助産施設の求人

助産師が新卒として働いていくための基盤には、職場の人間関係や確立したプリセプター制度、あるいは離職率などを把握する必要があるでしょう。しかしながら、条件が多くなれば多くなるほど、求人の枠は狭くなっていくものです。また新卒可である助産施設があるのかといったことも把握しなければなりません。

そのようなときは、迷わず、情報がまとめられている看護roo!などの求人サイトを利用してみましょう。ご自分の条件を直接、キャリアコンサルタントに相談することもできますので、各々の条件に富んだ情報を収集することができるのではないでしょうか。
求人サイトは、インターネットを介して、閲覧することができ、現在、普及されているスマートフォンからでも気軽にアクセスすることが可能です。ぜひご利用して見てはいかがでしょうか。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ