助産師求人-未経験可-


未経験可の助産師求人を探している人向けの看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師資格を持ちながら助産師の実務経験がない、という人は、実は少なからずいます。だいたいは、助産師としてではなく看護師として勤務をしている人と、そもそも看護師としても働いていないという人、二種類に大別できるようです。

 

看護師として働く助産師資格保持者

助産師資格を持ちながら、実際は看護師としての業務に就いている人は大勢います。そのほとんどの人が助産師として働きたいと思っていますが、事情があって看護業務に就いているのが実態です。

助産師は看護師のキャリアアップのルートのひとつとなっていますが、助産師になるためには、四年制看護大学で助産師課程を取るか、もしくは、助産師専門学校に一年間通う必要があります。

前者においては看護師の高学歴化を背景に、保健師と併せてトリプル受験が可能となるので、特に助産師になることを強く希望しない学生も成績優秀であれば専攻する傾向が一部で見られています。この場合、本人は何が何でも助産師になりたいと思っているわけではないので、賛否両論はありますが、問題となることは少ないようです。

後者では、いったん看護師になってから助産師学校に通う人もいて、結婚や妊娠といった事情から資格は取っても就職するのを断念するケースが見られます。この場合、助産師を諦められない人が出てしまいますが、助産師は出産立会い数といったキャリアを重視する傾向があるので、年月が経つほど就職を諦める人が多くなります。

 

「未経験可」は、必ずしも助産師未経験を指さない場合がある

看護師助産師の求人で、「未経験可」を見かけることがありますが、全ての求人が必ずしも、「助産師未経験」を指すわけではありません。助産師が活躍する現場は助産院を始め、医療施設内に併設された「院内助産所」や「助産師外来」といった場所も新たに増えてきましたが、こういった限定された勤務歴に関して「未経験でも可能」としている場合があるので、求人をよく読む必要があります。

出産施設は減少傾向で、産婦人科や小児科の閉鎖が全国的に相次ぎ、出産難民といった医療問題として社会問題化しています。産婦人科医は大病院に集中し、医療資源が集約されるようになってきました。助産師も勤務先の選択の余地がなくなりつつあり、やはり大病院を就職先に選ぶようになっています。結果として、クリニックや病床数の少ない個人病院に配置されているのはベテラン助産師が中心で、助産師未経験者は入職しにくいのが状況となっています。

一方で大病院では産婦人科医の負担軽減を図るため、助産師のマンパワーを必要としています。院内助産所や助産師外来を作ることは、出産の個性化を望む最近の妊産婦さんの希望を叶えやすいメリットがありますが、産婦人科医も医療介入事例に集中できるので負担を減らせますし、助産師も主体的に活動しやすいので、今後も増えることが予想されます。こういった現場では助産師数が多めに配置されており、未経験助産師を迎える余地があります。研修制度も充実している施設が多く、なにより、先輩助産師の指導のもとで働けるのは安心です。

 

即戦力を期待されがちな助産師

助産師課程を卒業するためには、規定実習において出産立会いが必須です。ですので、看護師資格を有していない大学在学中の人であっても、卒業時点で「経験あり」とみなされる側面があります。

看護師資格がベースということから、ルートキープや採血、血圧測定といった基本看護技術をひと通り身につけているのも助産師には望まれ、新卒以外の助産師資格者の就職はハードルが一層高くなっています。 ですが、現場の助産師不足は深刻さを増しています。そもそも産婦人科医不足から始まった医療問題は助産師の権限を増すことで対応させましたが、それもいよいよ限界を迎えているのです。

 

未経験可の助産師求人は今後必ず増えていく

今はまだ、助産師には経験を求められていますが、潜在看護師の活用が現場レベルで浸透した現在のように、いずれ助産師求人にも「未経験歓迎」の文字を見かけるようになると思われます。数としては少ないですが、大学病院を始めとした中核病院では、未経験助産師の積極採用がすでに始まっています。特に助産師外来や院内助産所など、助産師が主体となって働く部門を持つ医療施設に注目しましょう。看護師数が豊富な医療施設であれば、夜勤なし、残業なし、パートでも可能な場合もあります。

 

今は「未経験」だけど…

前述のような事情もありますが、分娩スタイルに個性を求める傾向が顕著な特に都市部においては、助産師のマンパワーが不足しています。今は未経験であってもキャリアビジョンさえしっかり持っているならば、受け入れる施設を探すことができます。看護師が専門性を持つようになったように、助産師も得意分野を持つ時代がやってくるのです。トータルで妊産婦さんをサポートするという考えも良いですが、あえて何かにスポットを絞ることで、求人を探しやすくなることもあります。看護roo!などの看護師助産師求人サイトには数多くの求人が寄せられていますが、未経験看護師を受け入れる余地がありそうな医療施設が見られます。「未経験可」と書かれていなくても、現場では未経験者も応援できる場所もありますので、コーディネーターを通じて人事担当者と直接相談してみることをおすすめします。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ