助産師求人-産院・産科クリニック-


産院・産科の助産師求人が選び放題の看護師求人サイトはコチラ!

 

子供を生むために必要な環境

女性が結婚をし、家族を作るというその延長線上には、妊娠・出産と言う過程も含まれます。 しかし、ただただ妊娠をすればいいというわけではなく、家族の支援や地域の産科などの支援などがあって無事に出産をする事が出来るようになります。

昨今、問題になっているのが産院・産科クリニックの減少問題です。 少子化と言われる時代になったこともあり、以前に比べて出生率の低さは大きな問題になっていました。 それに伴い、妊娠、出産をする女性が減ったことで採算の取れにくい診療科を廃止する病院も増加し、結果的に産婦人科を廃止する、あるいは閉業する病院がどんどん増えています。

現在、少子化問題を解決するためには、女性や男性など個々人の意識の改革ではなく、地域で安心して出産をし、安心して子育てをする事が出来るための環境を作ることにあります。 当然、産院・産科クリニックなど地域の助産施設の存在は欠かすことが出来ず、それに伴って働く助産師の存在も必要になります。 特に妊娠中や出産後の育児に対するアドバイザーとなる助産師は、女性が妊娠をしながらも安心して出産、育児に励むために必要不可欠な人材となります。

 

地域の産院・産科クリニックの存在

産院・産科クリニックが減少しているという話を聞いたことのある方もいるかもしれませんが、具体的にどの程度の数の産院・産科クリニックがあるのか、あるいは産婦人科を併設している病院の数がどの程度あるのかと言う事を知っている方はそれほどに多くはありません。 実際、助産師として働いている方も、産院・産科クリニックや病院の数を把握している方はいないでしょう。

2006年に日本産婦人科学界から出された報告書では、2006年時点での分娩を取り扱う有床婦人科の数は全国で263箇所とされています。 一部無回答と言う事もありますが、全国の都道府県、日本の人口を考えれば、この数がいかに少ないかと言うことが理解出来るでしょう。 仮に48都道府県で割ってみても、1県辺り4つないしは5つ程度の施設という計算になります。 それぞれの都道府県に大きな総合病院や大学病院などがあり、それらが産婦人科を併設していると考えれば、産院・産科クリニックがいかに少ないかと言うことが分かります。 それだけ日本の産院・産科クリニックが減少しているという事だと言えるでしょう。

全国的には無床の産科は比較的多いですが、有床の分娩を取り扱っている産院・産科クリニックとなると極端に少なくなります。 少子化を防ぎ、地域で安心して出産をする事が出来る環境を作るためには、産院・産科クリニックはどうしても必要な存在です。

 

産院・産科クリニックが何故減っているのか

産院・産科クリニックが減少しているという話はよく聞きますが、なぜなのか。 全国には産婦人科自体は比較的多く見ることが出来ますが、その多くは婦人病などに対する診断、治療を専門としていることが多く、出産に対しては大きな総合病院などを紹介するケースが増えてきています。 その理由の一つに採算が取りにくいという理由があります。

出産となると、どうしても出産前、出産後に入院をする必要が出てきます。 そうなると、必然的に必要になるのが施設内の入院設備、分娩のための設備になります。 また、施設内で妊婦のケアをするためにはどうしても助産師の存在が必要になり、それに必要な人件費などもかかってきます。 かつては日本の出生率も相応に高く、産院・産科クリニックも十分に採算の取れる業務であったでしょうが、少子化の進んだ現代では採算の取れる業務とは言い難いものとなってしまいました。

また、いわゆる野良妊婦と言われる女性が増えたことも一因であると考えられます。 通常、かかりつけの産院・産科クリニックで妊娠時からの定期健診や出産を行うのが常ですが、昨今では定期健診すら行なわず、分娩の予定も入れずに産気付いたときに救急車などで搬送されるケースがあります。 産院・産科クリニックでの分娩のスケジュールなども大幅に狂うことになり、病床数の数にも限りがある個人の産院・産科クリニックでは大きな痛手となります。 加えて、そうした野良妊婦の場合、出産にかかる費用などの未払いなどの問題もあって、産院・産科クリニックが減少しているという事も一因として考えられます。

 

産院・産科クリニックへの転職をするには

減少の一途を辿っている産院・産科クリニックですが、全くないと言うわけではありません。 実際、全国に260件程度の有床産院・産科クリニックが存在しているわけですから、求人情報などをチェックしていれば求人を探すことも出来るでしょう。

絶対数の少ない産院・産科クリニックや産婦人科併設病院の求人ですが、見つけにくい求人を探すのであれば看護roo!のような専門求人サイトをおすすめします。 看護師を専門に扱う求人サイトは、掲載されている数万件の求人全てが看護師や保健師や助産師のための求人になり、全国各地の医療機関の求人を検索する事が出来るようになっています。 また、ハローワークのように専門のキャリアコンサルタントの存在があるため、必要に応じて相談者の要望に沿った求人の紹介などもしてくれます。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ