助産師求人-病院-


最もポピュラーな病院勤務助産師を目指す方のための看護師求人サイトはコチラ!

 

今、助産師が求められている

現在の日本における産婦人科病棟の減少は大きな問題になっています。 採算の取れない産婦人科は減少傾向にあり、加えて看護師自体の不足問題も相俟って地域の産婦人科は減少の一途を辿っています。 少子化の問題もあり、妊娠、出産をする女性が減ったと言うのも一つの要因かもしれません。 安心して子供を生むことが出来る環境がなければ、妊娠に対して意欲的になる女性が減っていくと言うのも仕方のない事です。

安心して出産をする事が出来る産婦人科を探して、多くの女性は病院の産婦人科外来を訪れます。 そのため、大きな病院では助産師は欠かすことが出来ない存在となっています。 助産師自体は看護師の上位となる資格の一つですが、これからの国を支えていく大切な新しい命の誕生を手助けする大事な資格であり仕事であることは間違いありません。 少子高齢化社会と言われる現代において、助産師の存在は最も求められる存在であると言えるでしょう。

 

助産師の仕事

助産師は看護師と仕事が違うのか?と思われる方もいるかもしれませんので、ここで少しご紹介しておきます。 基本的なところは、保健師助産師看護師法に定められているとおりで、根っこの部分ではつながっているのが看護師と助産師になります。 そのうち、助産師は看護師業務とは異なった助産という業種を遂行するための資格であるわけです。

助産師の仕事は、分かりやすく言うと「出産」を「助ける」仕事になります。 妊娠中はプレママ教室などで母親として必要なことを伝え、出産後は入院している女性の体調管理や出産を終えた後の新生児に関する保健指導などを行い、妊婦の体調管理、食事や運動などの生活管理はもとより、出産後の体調管理や生活管理、母乳や乳児指導など妊娠中から出産後までのあらゆる面で女性をサポートするのが主だった仕事になります。 もちろん、助産師の仕事はそれぞれの管理や指導だけではなく、分娩の介助なども重要な仕事の一つです。

未婚の女性でも出産経験のない女性でも、妊娠や出産がどれほどに大変なことであるのかと言うのはよく理解している方もいるでしょうが、妊婦の自己管理というのは意外に大変なものでもあります。 少しの気の緩みがお腹の子供にどれほどの影響を及ぼすかと言うことを忘れてしまう方もいるため、助産師による生活指導や体調管理は妊娠中の女性にとってはもっとも必要なものになります。 そして何より、助産師は新しい命の誕生と言う感動の場面に立ち会うことが出来るやりがいのある仕事です。

 

助産師は女性だけの職業

男女平等と言う言葉が出てから随分と時代も進みましたが、今もって、男性のみの職業、女性のみの職業と言うものも存在しています。 それぞれの職業の特色もあって、異性の参加が難しいと判断せざるを得ないために単性の職業となっている事が多いですが、助産師もその一つになります。 度々問題として取り上げられることもある助産師ですが、現時点で助産師は女性しかなる事が許されていない職業になります。

産婦人科医には男性もいるのに、どうして男性は助産師にはなれないのかといった不満は、男性側から声が上がることしばしばです。 しかしながら「助産師とは厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、じよく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子」と保健師助産師看護師法3条に規定されているように、女性のみの職業であることが法律で定められているのです。 さらには、子どもを生む女性側の意見として、男性が分娩に関わることへの抵抗が根強い側面があるために、出産に関わる産科医以外の助産師は、現在も女性のみの仕事とされています。

妊娠は女性がするものという事実から考えても、女性として、女性の立場に沿ったアドバイスなどを的確にすることが出来るのは、女性の助産師ならではと言えるでしょう。 また、出産などデリケートな問題に異性の助産師がいる場合、どうしてもナーバスになる妊婦が多いのも理由の一つです。 現在では、できれば婦人科医ですら女性がいいという方もいるほど、妊娠、出産に対して異性の介入を拒む方は多くいます。

 

病院での出産を選ぶ妊婦が多い理由

少子化の影響もあって、大きな病院であっても小児科が閉鎖したり、産科が閉鎖したりしているのが現状です。 そんな中で、出産をする場所が多様化し、自宅での分娩を希望する妊婦や助産院での分娩を希望する妊婦もいます。 ただ、いまだに病院での分娩を望む女性が多いのには理由があります。

病院の産婦人科での出産は、安心感が大きいのです。 病院では、医師、助産師、看護師などが産婦人科の病棟や外来に勤務しています。 その中で、個々の妊婦に必要な指導やケアを行っていますが、何か問題が起こった時、あるいは妊婦健診で異常値が出た時、そんなときにすぐに再検査ができる、あるいは必要に応じてすぐに入院ができる、それが病院のメリットなのです。 設備もスタッフもそろっていて、どんな不測の事態にも対処できる、それが病院の強みです。

母親にとっても生まれてくる赤ちゃんにとっても命がけなのが出産ですから、分娩が進む中で何が起こるか分かりません。 そうした不安をそのまま包み込んでくれるような安心感が病院にはあるのです。

 

病院で勤務する助産師へ転職するなら

助産師として病院で働きたくて転職先を探しているなら、看護roo!のような求人サイトがもっともオススメです。 看護師に関連した求人を専門的に扱う求人サイトですが、助産師の求人情報も非常に多く取り扱っています。 ハローワークなど公共の施設もありますが、専門的な分野で求人情報を探すとなると、やはり専門の求人サイトが最も効率のいい方法になります。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ