助産師求人-研修が充実-


研修が充実している職場の助産師求人をお探しの方向けの看護師求人サイトはコチラ!

 

妊娠や分娩について、深い知識を持つ妊産婦さんが増えました。出生率はなかなか上がらず、少子化の流れは続いていますが、「一人っ子が普通の家庭像」はつまり、お母さんが一人しか産んでいないということです。昨今は「出産難民」という言葉も一般的になってしまったこともあり、一回の出産に関心を持つ人が増える傾向があります。

 

助産師の活躍の場が増えた

分娩に関して、訴訟リスクの高さやハードな労働環境が問題になっています。積極的に産婦人科医を希望する医学生も減少傾向で、全国で産婦人科病院や病棟の閉鎖が相次いでいますが、その一方で、助産師就労者数は増えています。そのうちの9割以上が医療施設に勤務していますが、妊産婦さんが集中する施設ほど、助産師外来や院内助産所を設けるようになっています。助産師外来や院内助産所といった院内施設は、付属医療施設とすぐ連携が取れるメリットがあり、妊産婦さんからも人気があります。

 

妊産婦さんのほうがよく知っている最近の出産事情

分娩においては核家族化の影響もあり、妊産婦さんにアドバイスできる経験豊富な女性が減りました。誰も助けてくれない孤独な状況で、自分で勉強するしかない妊産婦さんの中には、医学的な知識まで詳しい人がいるのも珍しいことではなくなっています。

「キラキラネーム」という言葉があります。たとえば、空と書いてスカイと読むなど、個性的な名前を子どもにつけることを指しますが、実は個性化や個別化は妊娠時から始まっています。そもそも妊婦さんは、一回しかないかもしれない分娩を失敗したくない、という思いが強くあります。世界でたった一つしかない名前を子どもにプレゼントするように、妊娠や出産も生涯記憶に残るような思い出深いものにしたい、と考える女性が増えた結果、助産師もその声に応えるために、キャリアアップを望まれるようになっているのです。

 

妊婦さんにとっては出産は一回きり

従来から出産は病気ではないとされてきましたし、日本における安全な出産は世界でもトップクラスを誇っています。しかしそれは、産婦人科医を始めとする医療従事者の献身のもと、成り立っています。疲弊した現場では出産施設の閉鎖が相次ぎ、妊婦さんは大病院に集まるようになって、助産師にかかる負担も増しています。ですが妊婦さんにとって出産は一回きりのものですから、患者さんが治療法を選択する余地があるように、いろいろなことの決定を自身で行いたいと希望しています

医療技術はめざましい進歩を続けていますが、不思議なことに出産においては、高度な医療的介入を最小限にとどめるスタイルが急速に浸透しています。出産は希望すれば何度でもできる、という単純なものではないので、「自分と赤ちゃんが力を合わせて産む」という、本来の自然な出産形態を希望する傾向が強くなったあらわれかもしれません。 助産師は未だ女性のみに許された職業ですが、分娩スタイルにも個性を求める、昨今の出産事情に応えていくことが急務となっているのです。

 

医療施設と助産師の関係

出産方法を選択したい声の高まりに反し、医療施設では帝王切開を始めとした医療的介入をする事例が増えています。女性の社会進出に伴い、妊産婦さんの年齢が上がる傾向は近年顕著です。なによりも命の安全が優先されるべき事情を考慮すれば、事前にリスク予測が可能なケースが多い分娩では、医療的介入はやむをえない場合もあります。

産婦人科医は医療的介入事例に忙殺されがちで、経過が正常な事例においては助産師に委ねられるようになっています。以前は正常出産においても産婦人科医が主体となっているのが普通で、なるべく自分の力で産みたいと思う妊婦さんは助産院に行くしかありませんでしたが、現在は「院内助産所」を設ける医療施設が増えています。助産師の判断ですぐ担当医と連携が取れる利点は妊産婦さんにとってもメリットが大きいものですが、助産師も安心して働けると同時に、産婦人科医は高度な医療介入が必要な事例に集中できるので、今後も増え続けていくことが予想されます。

 

助産師の研修充実

妊娠出産そのものについては古来からほとんど変わっていませんが、文化の多様化とともに常識も変化しています。たとえば、妊婦さんは普段の二倍ご飯を食べないといけないと言われた時代がありましたが、カロリーが高い食事を取りやすくなった現代で二倍も食べたらあっという間に太り、医療従事者に叱られるのは、みんな知っていることになりました。 分娩スタイルに関しては「アクティブバース」など、流行にも関心を払う必要がありますが、医学的根拠をもって柔軟に対応していく能力が助産師には求められます。

助産師数は増加傾向といえ慢性的に不足ぎみで、現場では激務です。そういった中でも外部研修を積極的に利用する現場は増えており、看護roo!のような看護師助産師の求人サイトでは、「研修充実」といった言葉で見かけることができます。助産師の研修充実は、看護職としてのベース技術アップのものなのか、リーダー育成のものなのか、という観点でも異なるので、コーディネーターを通じて、具体的な内容と質を確認するのがベストです。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ