助産師求人-託児所あり-


託児所ありの助産師求人を探している人にお勧めの看護師求人サイトはコチラ!

 

看護師助産師の求人サイトでも、「託児所あり」の文字を見かけるようになりましたが、この条件があるのとないのとでは、人員の集まりと離職率に随分差があるのだそうです。助産師は女性の職業ですが、子どもの預け場所に困っているママ助産師さんが多い現実とも言えそうですね。

 

ママ助産師さんは半数以上!

日本看護協会が助産師を対象に実施したアンケートの結果によると、既婚者は58%、離別者が6%だったそうです。子どもがいるのは53%で、看護職全体の66.4%より下回りますが、注目したいのは未就学児の多さです。

・0~3歳児:看護職全体…20.5% 助産師…24% ・4~6歳児 看護職全体…8.4% 助産師…15%

つまり、何らかの形で育児を他に頼まなければならない未就学児を持つ人の割合は、看護職で28.9%ですが、助産師では39%と高くなっているのです。助産師のほうがより、託児所ありの条件を必要としていそうなデータですね。

 

働く女性が使っている託児サービス

社会進出する女性が多くなりましたし、政府も女性幹部を積極的に起用する提言を行っています。看護職は圧倒的に女性が多い職業のひとつですが、いつの時代も常に、家庭と仕事の両立が問題になってきました。大病院の副院長に女性看護師を起用する事例も目立ち始めていますが、古くから女性職という歴史ある看護職において、託児サービスでは一般企業に遅れを取ってしまっているのが実情です。では一般企業に勤めるママ会社員さんがどんな託児サービスを利用しているかというと、

・社内保育所(ビル内の企業で出資し合って設立しているケースもある)

・夜間保育所

・ベビーシッター、保育ママ制度

・病児、病後保育所

といったものがあり、これらは看護職とも共通していますが、大きく異なる点は「全ての社員が働きやすい制度もある」ということです。

どういうことかというと、

・時短勤務

・家族看護、介護時の休日制度

・有給休暇保証制度

・ノー残業デー

・長期休暇保証制度

といった制度を採用することで、プライベートの充実を図りやすくしているのです。医療施設でもこういった制度を打ち出す所が見られ始めていますが、独身者と同様に利用できるなら必要以上に遠慮する必要もありませんし、ママ助産師もぐっと働きやすくなりそうです。

 

助産師として働き続けるということ
助産師は古くは産婆さんの歴史に遡ります。今でこそ自宅出産を選択する妊婦さんも増えていますが、戦前戦後あたりまでは自宅か助産院で産むのがむしろ当たり前といった風潮でした。ドラマや映画でも、「嫁が産気づいた!」とおろおろする夫を尻目に、近所の産婆さんが叱り付けて落ち着かせ、近所の女性が総出でお湯や布を準備して…といった場面を目にしますが、あの時代からまだ1世紀足らずしか経っていません。

西洋医学の急速な普及と発展に伴い、分娩技術は向上し、衛生環境も良くなったことで妊産婦死亡率や死産率は、世界随一の低さになりました。その歴史とともに助産師は専門職として歩み続けてきましたが、自宅出産を始め、妊婦さんが希望する出産スタイルを優先できるようになったのは、安全な出産を助産師がバックアップできるようになった証です。

助産師は息の長い職業で、生涯分娩の第一線で働くことが可能です。妊婦さんの中には、「私も親も取り上げてもらったから」と言って、わざわざ助産院を訪ねる人もいます。三世代に渡って母子手帳の分娩取扱者に自身の氏名を記録されるなんて、とても素敵なことですよね。

ですが残念ながら、女性看護師を中心に離職率が高いのと同様、リタイヤしてしまう助産師も増えてしまっています。さまざまな背景が影響していますが、一番大きな問題のひとつが、妊娠出産子育てというライフイベントのハードルの高さです。核家族化が進んだ結果、安心して子どもを預けて働くのが難しくなっていることもあるでしょう。

 

こんなバックアップ制度がある勤務先を選びたい
院内託児所制度があるのはとても助かります。病児・病後保育OKだったり、土日祝日・24時間開所であれば、さらに利用しやすいですね。 医療施設に勤務する助産師は、配置人数の関係で急な休みを取りづらいものです。助産師が休日を取るときは看護師が代わるわけにいかないこともあるので、実働助産師人数は必ずチェックしておきましょう。ギリギリだと、仮に自身が急な病気にかかった時も休みを取ることが困難です。

また、年間離職率も聞いておきたいポイントです。特に制度として挙がっていなくても、スタッフ定着率が良い施設はママ助産師にとっても働きやすく、居心地のいい環境であることが多いものです。また、育休産休実績が豊富で取得率が高いところであれば、第二子・三子の出産時も安心できそうですね。

看護roo!などの看護師助産師求人サイトで「託児所あり」の条件をつけて探してもらうことができますが、「ママさんナースが多い施設」といった、口コミ的な情報をコーディネーターが持っているケースがあるので、託児所ありだからと安心せず、長く働き続けるために具体的に子育てのことを相談するようにしましょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ