助産師求人-退職金あり-


>>退職金有の助産師求人が届きました!<<

 

助産師は、看護師以上に離職率の高い職業と言われています。どちらも過酷な勤務条件やライフスタイルに合わせた働き方が難しい点、複雑な人間関係などが離職原因として挙げられますが、看護師の場合は、深刻な人手不足により、医療機関が熾烈な看護師確保を試みた結果、好待遇の就職先を見つけることが容易になったことが、さらに離職を促しているという背景も考えられます。一方、助産師は出産数の減少に伴い、全国的に閉鎖する産科が相次ぎ、看護師と比べて就職・転職先も多くありません。つまり、仕事を辞めても助産師として再就職するのは、看護師ほど容易ではないのです。にも関わらず、離職率が看護師よりも高いということは、いかに勤務が大変で続けることが難しい仕事であるかを表しています。

そして、その結果、助産師のほとんどは「転職」を経験しているという統計が出ています。

 

そんな離職・転職の時に関わってくるのが退職金です。退職金と言うと、長い年数同じところで働いた人に支払われるもの、数年しか勤務していない場合はほとんどもらえない、というイメージがあります。確かに、退職金は、勤務年数に比例して額が大きくなりますが、中にはどれだけ長く勤めても退職金の出ない勤務先もありますし、逆に、ほんの数年でもわずかながら退職金が支給される勤務先もあります。退職金については、就職時にあまり意識して求人票を見ない人が多いことでしょう。つまり、就職先を決める際の重要な選択理由にはならないということですが、離職率の高い助産師にとって退職金は次の仕事を始めるまでの生活資金や就職準備金になりますし、逆に将来の退職金を考え、離職したいという気持ちを抑えることができる場合もあります。

退職金について考える一番いい時期は、仕事を辞める時ではなく、仕事を決める時です。これから新しい職場で仕事を始めようという時に、退職した時のことを考えるなんておかしいと思うかもしれませんが、辞める時になってから「えっ?退職金ってこれだけだったの?」と気が付いても遅いのです。もちろん、退職金の額で就職先を決めることはないと思いますが、自身の雇用条件については、就職時にしっかり確認しておきたいものです。

 

長く働けば働くだけ退職金がもらえる?

退職金とは、それまでの勤労に対して事業所からのねぎらいの意味合いがあり、その金額や算出方法は勤め先によって違います。そもそも退職金制度は法律で義務付けられていませんから、退職金がない場合も決して違法ではありません。つまり退職金は、長く働いたら必ず貰えるというものではないのです。

しかし、退職金制度のある勤め先に関しては、勤続年数が長いほど額が大きくなることは事実です。ですから、まずは勤め先に退職金制度があるかどうかを確認することが大切です。

 

最低何年働いたら退職金がもらえる?

退職金の話をする時に「少なくとも3年は働かないと退職金が出ない」という話をよく聞きます。求人票や就業規則に3年以上勤務者に退職金ありと書かれていることも多いようですが、実際には3年以下の勤務でも少額の退職金が支給されることがあります。ただやはりその額は3年以上勤務した場合とは差があり、あまり多くは期待できません。

 

助産師の退職金の相場と算出方法

先にも書きましたように、退職金は勤め先によって規定が違うため、相場や平均を求めることは難しく、仮に相場を示したとしても、一人一人に当てはまらないことがほとんどです。ただ、公務員に関しては、給与、賞与と同じく算出方法が明確なため、ある程度の相場が予想できます。ある程度と書いたのは、退職金には、これまでの業績が考慮され、功績倍率として退職金の算出に組み込まれるからです。ですから、同じ年齢、同じ勤続年数で同じく助産師の資格を持っていたとしても、これまでの助産回数や、妊産婦、患者さんからの評価によって退職金の額も変わってきます。

また、定年退職、勤め先の理由による退職の場合は、既定の退職金が支給されますが、自己都合による退職は、いくらかの割合で減額になります。

 

転職時に退職金も注意して見るようにしましょう

転職先を探す時、退職金の有無を重点的にチェックする人は少ないと思います。しかし、数年後、あるいは数十年後に迎える退職のことも少しだけ視野に入れるようにしましょう。退職金は法的な義務はありませんから、ない場合もあります。しかし、雇用契約を結ぶ時に、退職金があると事業所が言った場合に限っては支払義務が生じますから、就職時にキチンと確認しておくことが非常に重要です。

しかし、これから就職しようとする医療機関にお金のこと、ましてや退職金のことは聞きにくいものです。そのような時は、看護roo!のような助産師専門の転職支援サイトに任せることで、必要な情報を簡単に手に入れることができます。

自分では聞きにくいことや疑問に思うことを何でも聞くことができるのは、転職支援サイトを利用するメリットのひとつですね。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ