助産師求人-高給与-


誰もがうらやむ高給与の保健師求人多数取扱い看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師は、一般的に看護師より、高給与と言われているのはご存知でしょうか。おそらく、看護師の方でもそれは十分な情報を得られているはずです。それもそのはず、病院の募集要項を見てみると、看護師よりも助産師の方が、必ずと言ってよいほど基本給が高いのです。おおよそですが、だいたい初任給でも1万円以上は差があることでしょう。たかが一万円でも、基本給なわけですから、1年にして単純に基本給だけでも12万円違いが出ます。さらに、基本給は賞与にも関係してきますので、少なくとも看護師とは、1年で12万以上は給料に差が出ます。

そのような高給与の助産師でも、地域や勤務先、あるいは学歴や経験年数によって給料が異なって来ることでしょう。そこで、今回は助産師が高給与であることや助産師の求人について、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

助産師が高給与である理由

助産師になるには、まず看護師の資格を取得しなければなりません。一昔であれば、助産師の国家試験に合格して、助産師の席に登録すれば、助産師として働くことができました。しかしながら、時代とともにその体制は変化し、今に至っています。つまり、助産師が高給与であるのは、ダブルライセンスというものが存在することも含まれていることでしょう。

また助産師になるためには、大学や専門学校で、助産師のコースを受講しなければならず、選抜で単位の取得に励みます。大学あるいは、専門学校で助産師になるということだけでも、4年の年月をかけなければならないということで、これもまた助産師が高給与である理由にかかってくることでしょう。
さらに助産師は、看護師と同様に夜勤をすることになります。助産師が勤務する施設は、病院や助産院となり、産婦人科が主なセクションとなりますが、どの施設を選択しても基本的に正規職員では、夜勤があると言って良いでしょう。つまり、高給与である理由の中では、夜勤手当によって給与が加算されることが考えられます。
もちろん、経験年数が上がれば上がるほど、昇給していくシステムでしょうし、助産師でも主任や師長ともなれば、管理手当というものが加算されるはずです。つまり、助産師の中でも熟練した助産師や管理職になられているような方々は、高給与であることが多く見られます。
また助産師は、専門性に優れていることから、勤務をしながら学会に参加したり、あるいはご自身で研究をされて論文にしたりなどの結果を残せば、能力給を認めていただける場所もあるでしょう。さらに、助産師という職種は、決して臨床だけにとどまらず、教育の現場にも非常勤講師として、講義をすることもあります。そのような場合は、非常勤講師として招かれる教育機関から、講義代として1回につき1万円から1万5000円程度は頂けることでしょう。

 

助産師はその月によって給与が異なる?

実のところ、助産師は助産師でも、一定した給料を頂けるということではない場合があります。もちろん、基本給は一律だと思いますが、夜勤手当やコール手当、あるいはコール待機などの回数でその月の給与は異なります。例えば、助産師は一般的な看護師の病棟管理というものだけではなく、職種の特徴として分娩というものがあります。その中では、帝王切開などの緊急性を伴うものがあるでしょう。帝王切開は、外科的な処置に含まれますので、医師一人で行えるものではありません。
つまり、助産師は手術に立ち会うということもあるということです。そのため、いつどんなときに緊急の手術が行われるかわかりません。緊急手術は、誕生してくる命だけではなく、新しい命の母体となるお母さんの命も包括されているわけですから、助産師がここ一番で活躍される部分でしょう。そのため、緊急手術に当たる方は、その分の手当が支給されるわけですから、その月は高給与となるということで、助産師はその月によって給与が異なるというわけです。

 

助産師は年数を重ねなければ給与は安い?

助産師は年功序列、というのは、実は全くの間違いです。助産師も看護師と同じく、その病院や施設によって収入に差が出てきます。助産師の勤務先は、病院でも大学病院もあれば、市中病院もありますし、助産院という施設もあります。どの場所で勤務するかは個人の価値観に相当しますが、どの道、求人は慎重に選択しなければならないことでしょう。助産師は、高給与だからどこも一緒、といった給与に関する考え方は、とても損をしてしまうことになります。しかしながら、給与のことはどの場所に就職しようとも、なかなか面接などでは聞くということに抵抗を持ってしまうものです。
そのような時にはどのようにすればよいのでしょうか。実をいうと、それはとても簡単な問題です。現在では、看護roo!のような看護師の求人サイトでは助産師の求人も取り扱っています。つまり、そのサイトから給与に関する情報を入手できるということですね。どの施設に就職をお考えでも、相談という形で助産師の求人サイトに問い合わせてみることをおすすめします。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ