助産師求人-4週8休以上-


4週8休以上休みたい助産師さんにぜひ見てほしい看護師求人サイトはコチラ!

 

できれば欲しい4週8休以上

助産師が働く職場はいくつかありますが、主に病院やクリニックなど医療機関の産婦人科になります。 妊婦健診などは妊婦さんの動きに合わせてゆったりと進むこともありますが、日によっては非常に多忙を極める場合もあります。

特に昨今では産婦人科不足の問題もあり、この科を設置している病院やクリニックなどは多くの妊婦さんなど女性の患者が訪れることになり、助産師も看護師同様、忙しく働くこととなります。

転職を考えている助産師の中には、求人の条件として4週8休以上を条件にしている人も多くいます。 4週8休以上を現実にするためには、クリニックや病院もそれだけ多くの人員を確保する必要があり、現実的には簡単に見つけられるものではありません。

助産師が4週8休以上の職場で働くためには、正規の職員として働く場合は難しくなるでしょう。 正職員として働いている以上、職場のタイムスケジュールで管理されることになるため、希望通りの休みを確保することはどうしても難しくなります。 しかし、4週8休以上を実現する方法がないわけでもありません。 探し方一つで実現する求人を探すことも可能です。

 

4週8休以上で働く方法とは?

助産師が4週8休以上で働くためには、正職員を避ける方が比較的探しやすいでしょう。 正職員である場合、ほとんどは週1、あるいは隔週で2日程度の休みと言うことが多いため、4週8休以上を実現するのは簡単ではありません。 では、どうすればいいのか?

答えはパート勤務にあります。 正職員として働かなければならないと言うことはなく、パートやアルバイトと言った形で働くことで会社の都合よりも自分の都合を優先して働くことが出来ます。 実際、育児に励む助産師などは時間的な都合もあり、収入より時間を優先した結果、パート勤務で働くと言う選択をする方も多く、子育て中の助産師の働き方としては比較的一般的なスタイルになります。

また、パート勤務ではなく、別の方法で4週8休以上を実現させたいと考えるのであれば、派遣と言う方法もあります。 派遣会社が間に入っているので、パートやアルバイトよりも保障が充実し、自分の都合を優先して働くことが出来る手段で、派遣は昨今の不況なども相俟って市民権を得ている就職方法の一つです。 特に人材不足に悩む医療業界では派遣で人員を確保する方法も活用されており、人材を確保したい病院側と自分の都合で働きたい助産師の双方の利害が一致する手段として人気もあります。

働くからには正職員でなければならないということはなく、パートや派遣と言ったスタイルを利用して、自分自身の生活を充実させる助産師も増えています。 働くために生活をするのではなく、生活をするために働くと考えれば、至極当然の選択肢でもあります。

 

4週8休以上を正職で狙うならどんな職場?

4週8休以上の求人を闇雲に探していてもなかなかすぐには探すことは難しいでしょう。 それだけ医療業界は忙しいと言うことですが、それでもそんな求人がまったくないわけでもありません。

どうしてもパートや派遣じゃなく、正職で4週8休以上の仕事に就きたいということであれば、大規模な医療機関を避けて、個人や小規模クリニック・診療所などを狙うのが妥当と言えるでしょう。

理由は至ってシンプルなものです。 大規模な病院などの場合、基本は年中無休の24時間体制ですから、当然、助産師も二交替・三交代でのシフトをこなしていくという勤務が待っています。 しかしながら、個人や小規模クリニックの場合、大抵は休診日が設けられています。 週に1日は確実に休むことが出来るうえに、人員にもよりますが、別途で週に1日程度休むことも可能である事も多く、4週8休以上を実現させる求人の候補として人気があります。

クリニックなどは4週8休以上を実現させる可能性が高い職場であるため、多くの助産師が求人に殺到することもあるため、競争率は高めになっている事があります。 自分の能力に力不足を感じて諦めてしまう方もいますが、競争率が高いと言う事は、単純に助産師の経歴だけを見られるというものではありません。 むしろ、助産師としての資質を重視する傾向にあり、能力は二の次とする施設の方が多いものです。

クリニックなどの場合、地域密着型である事が多いため、助産師としての能力以上にコミュニケーション能力などの高さを評価される傾向にありますから、面接対策などをきちんとすることで可能性は一段と高くすることも出来ます。

 

4週8休以上の求人を探すなら

まず、4週8休以上の助産師求人は相当にレアな求人であると言うことを自覚する必要があります。 医療業界において4週8休以上の求人が見つかること自体が、とても稀なこととなります。 そんな求人を探そうと考えるのであれば、看護roo!などのような求人サイトを利用する以外には方法はありません。

求人数が多い求人サイトなら、4週8休以上の求人が多くある確率が上がることになり、4週8休以上を希望する助産師にとってはチャンスの多いものとなります。 反面、利用者が多くなり競争率も高くなりがちですが、求人数が多い分、分散しやすいのも大きな求人サイトの利点の一つです。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ