助産師求人-NPO・NGO-


NPO・NGOの助産師求人情報について詳しい看護師求人サイトはコチラ!

NPOやNGOって何?

NPO・NGOといった言葉をよく耳にします。 助産師が働く職場の中にも、NPO団体など様々な職場があるため、転職に際して悩むこともあるでしょう。

まず、NPOと言うのは、非営利団体を指していいます。 営利に非ずとなるわけですから、利益を目的とした企業団体ではなく、あくまでもボランティア団体であると言う位置づけを明確にするための呼称です。 団体名がNPOというわけではなく、非営利団体○○のように組織が営利を目的にしていないと言うことを世間に知らせるための用語なのです。

ボランティア団体には、行政の認可などを受けないで各個々人が勝手に組織して運営しているものもたくさんありますが、NPO法と言われる法律に基づいて法人格を取得したNPOが特定非営利団体(NPO法人)となります。 どちらも非営利団体である事は間違いありませんが、国に登録をして法に基づき活動をしているという意味では、NPO法人の方が信頼性があると判断されます。

対してNGOですが、NPOが国内でのボランティア活動を行う組織と言うのに対して、NGOは国際社会でのボランティア活動を行う事を目的とした組織になります。 紛争地域や飢餓に苦しむ国々へ行き、直接的に支援活動を行うなどしているのがNGO団体になります。 NPOが非営利団体の呼称ですが、NGOは非政府組織の呼称になります。 政府とは一切関係のない市民団体によるボランティアです、ということを世間的にアピールするためのボランティア団体の総称であると考えるといいでしょう。

 

NPOやNGOはボランティアだけど無給じゃない

ボランティアの代名詞としても知られているNPOとNGOですが、そこで働くことで収入を全く得ることが出来ないと言うわけではありません。 NPOもNGOも人が動き、労働をしていることに変わりはなく、そこに必要になる軽費なども発生します。 助産師として地域住民のために活動をしたいと考えている方もいるでしょうが、NPOやNGOへの転職をしても無給で働くことになるわけではないと言うことを知っておく必要があります。

非営利団体として知られているNPOですが、営利を目的としてはならないと言うことは、稼いではならないと勘違いをしている方も多くいます。 団体を運営するためには相応の経費が必要になります。 事務員を配置すれば事務員の給与が必要になりますし、助産師のように直接的な業務を行う人材が必要になれば、それらに支払う経費が必要になります。 非営利と言うのは、儲けてはならないと言う意味での非営利ではなく、株式会社などのように利益を株主などに還元するなどの分配を行わないという意味での非営利を指していいます。

このように利益を上げないと言うことと非営利はイコールではないため、NPOで働くことを考える助産師にとっても何ら不安に感じることはありません。 労働力を提供すれば、それに対する報酬が発生するというのは現代社会では当然の常識になります。 自分の資格を活かし、地域の健康に貢献して報酬を得る。 実にやりがいのある仕事です。

 

NPOやNGOでの助産師の役割

助産師の業務は助産に関する支援になります。 出産や育児、それに伴う生活習慣の指導などを行う事が助産師の役割ですが、NPOやNGO団体への転職をした場合も基本的には同じものになります。 民間組織になりますので、行政機関のように徹底したサポートをする事が出来るというわけではありませんが、より深く地域住民のためのサポートをする事が出来るというのも強みです。

助産師の仕事としては、まず、出産を控えている妊婦などへのサポートがあります。 ストレスや妊娠による急激な体調の変化で悩む方も多いですが、ストレッチやアロマテラピーなどを通して肉体的、精神的なケアをしています。 地域で開催される妊婦教室など行政が企画したもの以外で行われるもののほとんどは、地域で活動しているNPO団体が主導で行なっているものです。

昨今では母乳育児に対する考え方も見直されたこともあり、母乳育児に関する講義や妊娠、出産に関する講義などを行い、これから親となる方々への意識改革、準備の手助けを行ないます。 また、昨今では育児に積極的に参加する男性も多くなっており、女性のための育児教室の他、男性のための育児教室なども開催されるなど需要も高まっています。 助産師としての知識や経験を活かし、地域の育児を活性化させることが出来るというのは非常にやりがいを感じる仕事でしょう。

 

NPO・NGOへの転職

医療機関などへの転職の場合、それほどに求人を探すことに苦労はしませんが、それがNPOやNGOである場合には探し方自体が分からないという方もいます。

NPOやNGOへの転職を考えているのであれば、看護roo!などのような求人サイトで相談をすることをおすすめします。 多数の求人を扱っている求人サイトであれば、NPOやNGOの求人を見つけることも出来ますし、アドバイザーに相談をする事で目的に沿ったNPOやNGOの求人を紹介してもらうことも可能です。

別の方法では、地域で活動をしているNPOやNGOに直接連絡をして求人の有無を確認するという方法もあります。 それほどに多くはない組織ですから、近隣地域で活動をしているNPOやNGO組織を調べ、直接連絡を試みるという方法は最も早い方法でしょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ