転職で助産師に復職する場合


転職で助産師に復職したい人向けの看護師求人サイトはコチラ!

 

看護師は業務内容がハードで、離職率が高いことで知られています。労働環境に関する論文やインターネット、雑誌の記事などでもデータと共に取り上げられ、問題提起されているのをよく見かけます。ですがその中には、助産師が看護師の中に含まれて取り扱われているケースがある、ということを知らない人は意外に多いのだそうです。

 

助産師の離職の実態

専門職の助産師として働いている人は、実は少数派です。多くは看護業務を兼務していていることもあり、離職率としてのデータ上はベース資格となっている「看護師離職」として扱うことが多いようです。都道府県の自治体単位では個別に助産師離職数を取っているところもありますが、産科専門医の地域偏在問題と同様のことが助産師でも並列して起こっていることを考えれば、全国的な事例として取り上げるのは難しいでしょう。

現場感覚では、看護師ほどではないにせよ、離職率はやはり高いものです。さらにブランク看護師とも潜在看護師とも呼ばれますが、助産師の場合、資格保有者自体少ないことも影響しているのか、潜在助産師の割合は看護師より高い感覚があります。 近年脚光を浴びている「院内助産院」や「助産師外来」ですが、単科医院でも助産師相談を設ける場所が増え、助産師が活躍する場所は増えているように見えます。ですが一方では産科施設は減少しているので、転職の場所そのものは少なくなっているのが実態です。

また、助産師は医療動向が激しく推移し、「ついていけるかどうか不安…」という理由で復職をためらう人がたくさんいます。看護業務を兼務するのは助産師領域の悪習の側面が指摘されていますが、看護師の医療動向も最新機器の導入や機材の変更、技術の根拠は年単位で激しく変わっているので、助産師の復職のハードルはブランクが空けほど高くなるでしょう。

 

助産師が復職に課されるハードル

助産師は女性の職業ですが、女性には多くのライフイベントが待ち構えています。例えば、結婚・妊娠・出産はどれも、夜勤割合が高い助産師にとって簡単に乗り越えられるものではありません。子育ても夜勤助産師は問題を抱えることになりますし、たとえ日勤だけで就職できたとしてもベースは看護業務となるケースが多く、ハードルは高いままです。

子育てが一段落する40~50代には、親の介護が入ってきます。看護職では実母や姑が第一の協力者という人が多いぶん、看護や介護をきっかけに、離職してしまう人が少なくありません。ですが助産師における中年期は、経験が充実し、いよいよ主戦力となるとても良い時期にあたります。ですが、子育ては手の掛かる期間が限定されていますが、親の介護となるとそうはいきません。職場の上司や人事も泣く泣く手放す、という事例が増えているのが、最近の助産師離職の特徴のようです。

この10年で対策が講じられていますが、やっと効果が出始めてきた、というところなので現在離職中という助産師にとっては悩ましいこともまだまだ多いでしょう。

 

復職するチャンスは増え始めている

産科医療が抱える問題においては、すでに医師たちが解決に動いています。結果としてなかなか出ないものもありますが、講じられる対策のひとつに、「助産師の活用」があります。 助産師は開業していなくても、そもそも単独で正常分娩を取り扱うことができますから、助産師が活躍しやすくなることで、産科専門医は異常分娩に集中できるようになります。対策は大病院でより進んでいますが、地域の医師会では助産院と連携しやすいので、助産施設のバックアップに努めています。

また、助産師の出向システムが推進されたことで、病院勤務でも正常分娩を取り扱う助産師が急増しています。看護師離職率の低下は現場でもようやく体感することができるようになっていますが、実働看護師が増えた結果、助産師は本来の助産業務に専念しやすくなりました。

女性が働きやすい職場作りは社会全体の課題である、と認識されたことも、助産師の働きやすさに繋がっています。こういったことを背景に、実働助産師数は堅実に増加を続けています。離職率は高いままでしょうが、実際は少しずつですが低下傾向を見ています。そしてなにより、時代は少子化です。よくも悪くも助産師が受け持つ出産数が少なくなるのは、負担が減ることを意味しています。ブランクが長くても、個人的に事情があって長時間勤務が難しかったとしても、諦める必要はありません。 とは言っても、実務上不安がある、事情があって心配、という人は復職希望を持ちながら潜在助産師になっているはずです。

ですが、そういった不安や事情すら経験として認めてくれる施設も増えています。デリケートな時期を過ごさなければならない妊産婦さんの味方になってくれる助産師を、現場は求めているのです。 看護roo!などの看護師助産師求人サイトでは多くの助産師求人を扱っていますが、復職は難しいかな、と思う人ほど個人事情を話して相談にのってもらうようにすると、転職に成功しやすいようです。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ