助産師転職の志望動機


転職の志望動機に悩んでいる助産師さん必見の看護師求人サイトはコチラ!

 

看護師の離職率は一般職と比較して高いと言われています。看護職は多忙ですが、ライフスタイルの変化が多い女性看護職員に現場も対応しづらいく、離職率を食い止める決定打をなかなか出せません。 助産師は資格制度上女性しかいませんが、看護職としての離職率はやはり高いものです。

 

助産師が転職したいと思うとき

助産師の業務内容は激務です。

助産師の力を必要とする現場は24時間待ったなしで、一部の産婦人科医は自宅に帰宅することもままならないほど、緊張感で張り詰めています。出産はリスク予測がある程度できる領域ですが、赤ちゃんとお母さん、二人の命がひとつの体を共有するぶん突然のアクシデントも起こりがちです。

そんな助産師の就業者数は増加傾向ですが、分娩専門医の負担を減らすべく分業化が進んでいるので、負担はむしろ大きくなっています。

助産師にもプライベートはもちろんあり、特に妊娠・出産をきっかけに離職してしまう人がたくさんいます。核家族化が進んで女性の育児負担が増えている昨今、大病院では院内託児所や時短勤務といった復帰を助ける制度が取り入れられるようになっていますが、医療施設全体で見ればごくわずかでしかありません。 そういった状況では、働き続けることは難しくなります。助産師が転職したいと思うのは、やはり私生活を大事にしたいと感じたときのようです。

 

職場への不満
助産師は分娩の限定された部分においては、医師と同格の業務を行える専門職で、開業権も持っています。ですが実際は、看護職を兼務している助産師がほとんどです。妊産婦さんやご家族から見れば、看護師と同じ制服を着ているので区別がつきづらいですが、助産師は本来の周産期医療に集中すべきなのに、看護師にもできる業務も兼務しているのです。

助産師として限定された仕事をするために国家資格を取ったのに、いつまでたっても看護師と同じ仕事内容のままでは不満が募ります。助産師が転職を考えるのは、こういったときもあるようです。

 

看護職に転職する助産師は少なくない
転職や職場復帰する助産師の中には、産婦人科でなく全く別の領域を選んでいる人が少なくない、という話をすると、一般の人は「えー、もったいない!」と驚くようですが、同業者は「あー、そういうのもアリだよね」と納得して頷きます。特に同性の女性だと、妊娠・出産にまつわることはひとごとではない、自分自身に近い出来事でもあるので、助産師ならではの辛さを無視できないようです。

分娩を取り扱う産婦人科の閉鎖が相次ぎ、助産師が働く現場は限定されつつあります。ですが一方では、助産師外来や院内助産所が増えており、活躍の場は広がったと言えますが、そういった第一線でばりばり働ける助産師は少数派です。特に家庭や子どもを持つ助産師には就業のハードルが高く、選択の余地がなくなっています。ですので、助産師よりは選択肢が豊富にある看護師として、転職する人もいるのです。

 

もっと助産師として活躍したい
疾患を持つ患者さんが自身で治療方法を選択できるように、妊産婦さんも出産方法を自分で決める風潮が見られています。高度医療技術が支持される現在において、出産ではできるだけ医療的介入をしない自然分娩を希望するケースが急増した結果、助産師の活躍が切望されているのです。

特に若い助産師はたくさんの立会いを望みますし、キャリアアップのために大病院へ転職を希望する人や、より自然な分娩介助ができる助産院への転職活動をする人が増えているのは、こういった時代背景が影響しています。

 

看護職の悩み…「就活経験がない」
助産師に就くには、養成所や専門課程を持つ大学に通う必要があります。ですが多くの学生は付属病院や実習先、提携医療施設に就職しているので、就職活動経験がほとんどありません。一般職の人が聞くと、「手に職で羨ましいね~」と冗談交じりに言いますが、転職しようとする本人たちにとっては切実な問題です。

「職務経歴書ってどう書けばいいの…」から始まり、「自己PR欄が広すぎる!そんなに自分をアピールできることなんてあったかな?」というのもありがちで、中でも一番困るのが、「志望動機」だったりするので苦労します。 嘘をついてまで求職先に好かれる書類を作る必要はありませんが、就職活動では暗黙のルールのようなものが存在するのも事実です。

書店に行っても「看護師の就活本」なんてマニュアルは置いていないので、手詰まりです。 いざ面接となったら、面接や人事を直接担当するのは看護師か助産師であることがほとんどなので、嘘をつかず、できるだけ率直で簡潔に志望動機を伝えられるよう、事前に準備しなければいけません。

 

看護師助産師の就活プロがいる!
志望動機がうまくまとまらない悩みは、みんなに共通しています。看護協会やハローワークでも相談に乗ってくれますが、より慎重に転職活動へ臨みたい人は、看護roo!などの看護師助産師求人サイトのコーディネーターに話してみましょう。履歴書や経歴書といった応募書類のチェックをしてくれますし、サイトによっては電話で模擬面談を設定してくれます。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ