助産師の転職に適した時期


助産師の転職に適した時期をよく知っている看護師求人サイトはコチラ!

 

助産師の転職に適した時期って?

助産師に限った話ではありませんが、転職を考えた時に気になるのは、もっとも転職に適した時期のことでしょう。 良い求人案件が出揃う時期があるのかとか、仕事を初めて何年目に転職したらいいのかとか、より良い条件で転職をしようと思えば、そういったことは誰もが考えることです。

ただ、どんな仕事もそうなのですが、特に助産師の転職に適した時期は自分が転職したいと思ったとき、ということになります。 例えば、最低でも同じ職場で5年働いてから、などという決まりは何もありません。 理由は、看護師をはじめとして助産師もそうですが、医療従事者はどの職種も慢性的に人手不足で、年中募集がなされている状態ですから転職活動はいつでも可能になります。

良い条件で転職をしたいために適した時期を知りたい気持ちは理解できますが、そうこうしているうちに転職がどんどん遅くなってしまいます。 転職を考えたらすぐに行動して、多くの募集案件を見てみることが大切です。

 

助産師が活躍する場所は様々

お産に関する仕事に就きたい、という理由で助産師を目指す人は多いものです。 だから助産師といえば、産科で働くものと思っている人も多いでしょうが、それがすべてではありません。 助産師の活躍の場として代表的なものに、産婦人科、助産院、保健所などがあります。

知識・スキルをしっかりと伸ばしたい助産師の方は、産婦人科で経験を積むといいでしょう。 実際に現場にいないと学べないことは非常にたくさんあります。 それに、異常分娩に立ち会うことができるのは産婦人科だけです。 異常分娩は医師が取り扱いますが、それをすぐそばで介助できることは大きな経験となります。

また、助産師は自らの理想の妊娠・出産を目指して、助産院を開業することも可能です。 近所に助産所や助産院といったものがあるという方もいると思いますが、そこは医師ではなく助産師が開業しているわけです。

助産院を開業した場合は、正常分娩のみの取り扱いとなります。 異常分娩は取り扱うことができませんから、提携先の病院へ紹介する事になります。 どうしても雇われることに違和感があったり、理想とする妊娠・出産があってそれを広めたい、という助産師は開業が向いていると言えます。 ただ、開業には経営のノウハウも必要になってきますから、その辺の勉強も必要になります。

さらには、助産師は保健所でも働くことができます。 保健所といえば、保健師だけが働いているイメージもありますが、実際には保健師の他、看護師も助産師も業務を行っています。 保健所に勤務した場合は、妊婦さんの心のケアが主な業務となります。 正常分娩に立ち会う機会もないので、一般的な助産師本来の業務とはかけ離れていると言えます。 ですが、マタニティーブルーもひどくなれば母子の健康を害してしまうこととなります。 危険な状況を回避して、母子ともに健康な出産の日を迎えられるような指導を行っていけるのは、助産師ならではのやりがいのある業務の1つと言えるでしょう。

これらの実情を踏まえ、転職の際にはまずは、どういったところでどのような業務を行って行きたいのか、ということをしっかり考える必要があります。 それが決まってから、具体的な職場を探し始めたほうがいいでしょう。

 

助産師に求められるスキル

助産師が転職するときに必要とされるスキルは、まずはコミュニケーションスキルです。 これがなければ始まりません。

転職をすれば、これまでとはスタッフも関わってきた妊婦さんや産婦さんの顔ぶれもガラッと変わります。 まったく違った環境の中に、まずは溶け込んで行く必要があります。 どこに転職をしても、職場に慣れていかねばなりませんし、スタッフと連携しての仕事も多くなってきますので、早めに馴染むことが求められます。

妊婦さんや産婦さんに関しても同じことです。 新しく来たばかりだから、あなたのこれまでのことは分かりません、では仕事にならないのです。 顔と名前を一致させて、これまでの経過などしっかり把握していくためには、やはりコミュニケーションがものを言います。

確かに、助産師としての知識や技術も大いに必要ですし、業務に関しては転職先のやり方というものがあって、最初のうちは覚えるのが大変なものです。 しかし、業務には徐々に慣れていけばいいので、まずはたくさんの会話をすることで、その場に馴染んでいけるようにしたいものです。

 

思い立ったら早めに転職

前述したように、医療従事者の求人は年中いつでも見ることができます。 ただ、転職するなら多くの求人を見てみたいし、より良い求人に出会いたいと思うのは自然なことです。 そうして探しているうちに、自分にあった募集案件が見つかるからです。

より多くの求人案件を見たい場合には、看護師の求人サイトを活用してみるといでしょう。 看護師専門の求人サイトでは助産師の求人も取り扱っています。 経験・実績が豊富はコンサルタントが相談に乗ってくれるところもメリットです。 看護roo!のようにコンサルタントの評判がいい求人サイトに登録してみるのも、転職を成功させる1つの方法と言えるでしょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ