看護師から助産師への転職


看護師から助産師へ。夢をかなえたい人に見てほしい看護師求人サイトはコチラ!

 

看護師から助産師になるということ

看護師から助産師を目指す人は、実は意外にも多いものです。 看護師として産婦人科などに配属され、人間の誕生に関わる業務に魅了される人が多いのです。 助産師になるには、看護師の国家資格を取得してからでしたら、もう1年間だけ助産師養成学校へ通い、教育・実習を経て助産師の国家試験を受ける資格を得てから、受験することになります。

看護師から助産師に転職される方は女性に限定されます。 これに対しては男性看護師から様々な意見があがっているようですが、現在のところ助産師は助産婦から名称が変更になっただけで、女性限定であることに変わりありません。 また、近年では助産師に特化した大学も開設されています。 この大学を卒業すれば、看護師・助産師両方の国家試験の受験資格を得ることが出来るようになっています。

助産師は妊婦・新生児の介助をする仕事であり、看護師・准看護師と同様に名称独占資格に該当します。 助産院の開業権も認可されているため、将来的に独立したい方が助産師を目指すケースも多いです。 また、高額年収を目指す方から選ばれる傾向があります。

 

看護師が助産師を目指す理由

幼いころから漠然と助産師さんに憧れを抱いており、看護師になってからもその思いを断ち切れない、助産師という仕事に興味がある、赤ちゃんがとにかく好き、将来的に助産院を開院し妊婦・産婦のサポートがしたい、などが主な理由になります。

世間一般的には、助産師の仕事は出産をサポートして褥婦や新生児のケアを行うなどの比較的穏やかな業務だと思われているかもしれませんが、実際は看護師の上位職という位置づけであり、その分、大きな責任も生まれます。 特に開業している助産師などは責任重大です。

ただ、助産師の資格を有している場合、給与に大きく影響することがあります。 実際のところ、助産師の資格を持ちながら看護師として入職する場合も、その資格を有しているだけで給与アップを狙える職場が多くあることは看護師や助産師の間ではよく知られていることです。

ただし、これは医療機関によっても事情が異なります。 助産とは無関係の診療科で働く場合は、ほとんど年収は変わらないケースもあります。 これに対して、産婦人科では助産師のステイタスが飛躍的に向上するため、かなりの年収アップが期待できるでしょう。 つまり、どこの診療科で働くかによって立場・収入も変わってくるのです。

 

助産師の年収はどのくらい?

正社員、アルバイト、パート、短期などの雇用形態があり、助産師の資格を有している場合には、いずれも高額給与となっています。 日勤3万円以上の案件も多く、年収900万円以上稼いでいる方もおります。 時給換算では、看護師+500円くらいに設定している病院も多く、月収・年収には大きな開きが生じます。 分娩手当が支給される病院もあり、年収1,000万円以上稼いでいる方もいるほどです。 医療関係者のなかでは、医師に次いで収入が多いほどです。

給与の内訳は、基本給のほか、皆勤手当、夜勤手当、分娩手当、時間外手当などです。 看護師から助産師を目指す方は、看護師の過酷なシフトより助産師のそれの方が楽だと考えている場合が多いようです。 ですが、実際には二交替、あるいは三交代勤務ですし夜勤も当然あります。 また、分娩の件数が同時に重なれば、助産師の数が足りなくなることもあるので、呼び出しがかかることは大いに考えられます。 急な呼び出しに対応するのは容易なことではありませんから、看護師より過酷だと感じることもあるかもしれません。 助産師として働くようになったら、そういうこともあるとある程度は覚悟しておくといいかもしれません。

 

助産師になったら職探し

看護師から晴れて助産師になったら、まずは職探しをしましょう。 少子化の波が押し寄せているとはいえ、助産師の求人はけっこうあるものです。 しかしながら、助産師として初めて働く職場を探すわけですから、できれば新人教育のためのシステム等が確立された医療施設のほうが好ましいと言えます。

ただ、そういった職場をハローワークなどで探すのは、意外に難しいものです。 ハローワークだけでなく、看護roo!のような看護師求人サイトでは、助産師の募集を探すことができます。 求人サイトを利用すれば、常駐しているコンサルタントが新卒で就職しても安心して働ける職場を探してくれます。 このコンサルタントは、契約している医療施設の内部事情も把握していることがほとんどなので、どのような職場で働きたいかしっかり伝えておくといいでしょう。

勤務地は産科、産婦人科、レディースクリニック、マタニティクリニック、などの名称で紹介されています。 看護師求人サイトなら、条件指定もカンタンに行えます。 助産師の場合、看護師よりは求人案件が少ないので選択肢は狭くなりますが、日勤のみ、クリニック勤務、残業なし、定時帰宅などで検索してみるといいでしょう。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
看護のお仕事 無料 レバレジーズ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ