育児経験のない助産師の転職


育児経験の有無を気にしている助産師さんにピッタリの看護師求人サイトはコチラ!

 

育児経験はあるに越したことはない

職業柄、助産師なら出産の経験があった方がいいという声は意外に大きいものです。 そして、もう1つよく言われるのが育児の経験もあった方がいい、ということです。 育児経験があるということは、妊娠・出産を経て育児に至るまで、すべての工程を経験していることになるので、さながら、助産師としてケアしている妊婦や産婦の先輩として対応ができるからでしょう。

ただ、助産師だからといってそのすべてに育児経験がないといけないのかといえば、そういうことはまったくありません。 新米の助産師さんは仕事に燃えていて、結婚なんてまだまだ、という人は多いですし、そもそも結婚をしない、出産をしない、そういう選択をしている女性が助産師であってもおかしくはありません。

つまり、助産師なら育児経験はあるに越したことはない、という程度なのだと考えておいてください。

 

育児経験があるメリットって?

育児経験があることで、お母さんの気持ちがよくわかるようになります。 出産の痛みは数日しか続きませんが、出産・子育ては長く続くものです。 こうした経験をしていれば、お母さんの気持ちの変化もよくわかり、コミュニケーションも円滑になります。

助産師の仕事が嫌になって突然辞めた方が、母になって子育ても経験し、再び助産師になりたいと考えるケースは少なくありません。 いずれにせよ、助産師にとって自身の出産は意味のある出来事となります。

また、妊婦さんから見ても、出産・育児経験のある助産師に立会いしてもらいたいと考える方が多いです。 自分がまさしく出産する状況で、出産経験のない方に分娩の介助をしてもらうことには抵抗を覚えるのかもしれません。

最近では、助産師の求人に「あなたの育児経験が活かせます」といった文言があることも少なくはありません。 育児経験のある助産師という人材が求められていることを物語っています。 助産師にとって育児経験は必須ではありませんが、妊婦さんや職場に求められている傾向にあるのは間違いないでしょう。

 

育児経験のないデメリットって?

働く助産師が、全員、育児経験があるわけではありません。 また、育児経験がなければ助産師ができないわけでもありません。 実際の職場では、出産・育児の経験が仕事のスキルに結びつくことはほとんどありませんので、育児経験がなくても知識と想像力さえあれば十分に業務に従事することができます。

どんな世界もそうですが、医療の世界も経験だけで仕事のできる・できないが決まることはありません。 適性、経験年数、向上心など、さまざまな要素が関係してくるのです。 何より、助産師にはその分野の豊富な知識があります。 観察したことに知識を照らし合わせ、科学的な根拠に基いて想像力と洞察力で十分カバーすることは可能です。 したがって、育児経験の有無に関して強くこだわる必要はありません。

例えば、尿路結石の治療をする医師が、同じ病気にかかったことがあるとは限りません。 がん、脳梗塞、心筋梗塞、痛風などにも言えることです。 痛風は風が吹いても痛いという理由から、このように呼ばれているのですが、かかったことのない医師には痛みの程度はわからないでしょう。 しかし、それでも痛風を治すことはできるわけです。

育児経験の有無もこれと同じようなものです。 そもそも、助産師資格の条件には出産・育児経験などの項目はありません。 助産師としてのスキルを高めるために、出産するという話もズレているでしょう。

もし、これから転職を考えている助産師の方で、出産や育児経験がないことに不安を感じているなら、そこはあまり心配はいりません。 職場によっては、どうしても助産師に育児経験を求めるところもありますが、そういう職場を避けて転職活動を行っていけば良いのです。

 

これからの助産師の仕事

ニュースなどでよく聞かれる言葉に少子高齢化というものがあります。 高齢者が増加し、子どもが減って社会全体のバランスがあちこちで崩れていくことを指しています。 実際、近年においては出産率も子どもの数も減少の一途をだどっており、少子高齢化の改善の兆しは見えません。 でも、だからこそ妊娠・出産という貴重な場面で働ける助産師は今もって人気の職業でもあります。

また、分娩に立ち会うだけが助産師の仕事ではありません。 出産を経て、自宅へ戻った後の産褥婦や新生児のケアであったり、産後うつのための予防策を講じたり、そういった出産を取り巻く様々な場面でアドバイスができるのも助産婦なのです。

特に、指導を行う場面では、育児経験がものをいうこともあるでしょう。 話の中に経験談を交えて共感を得ていくことは、心の距離を縮めることから、指導の効果が上がりやすくなるのは事実です。 しかしながらそれは理想であり、前述したように助産師の資格を有していれば、いくらでもカバーしていくことは可能です。

 

育児経験のない助産師が転職するなら

助産師の求人は、ハローワークにも多くあるものです。 もし、転職活動期間を設けているのであれば、1度ハローワークに出向いてみるといいでしょう。

ただ、今の職場を休まずに転職を行いたい場合には、求人サイトと呼ばれるサイトに登録してみましょう。 無料ですし、育児経験がないことなど気になっていることがあれば、そんな悩みにコンサルタントが専門家の視点で答えてくれます。看護roo!などは、看護師の転職サイトですが助産師の案件も豊富で、何よりコンサルタントとの話しやすさが評価されています。

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ