助産師転職の自己PR


>>完璧な自己PRになるサポート!<<

 

就職や転職をしようとしたとき、履歴書や職務経歴書の提出を求められます。自己PR項目はそこに含まれることもありますが、別に提出しなければならないこともあります。みんなどんな内容を書いているのか、ちょっと気になりますよね。

 

自己PRは苦手な人が多い

履歴書に似た書類を人生で最初に自分で書く機会は高校入試だった、という人も多いはずですが、中にはアルバイトの履歴書が初めてだったという人もいるでしょう。ですが看護職の場合、自己PR項目に本格的に触れたのは、大学や専門学校入試だったという人も多いのでは?志望動機だけでも、看護師と学校に対する二項目に分かれますから、違いがあいまいで内容に困ったことを思い出す人もいるのではないでしょうか。

そもそも日本人は義務教育9年間の中で、たくさんの作文を書く機会が与えられていますが、苦手という人が多いようです。看護師や助産師の場合、実習記録やレポート、卒業論文でこれでもかと文章を書く必要があるので、「何かを書く」という行為そのものには慣れていますが、「自己に関して論評する」経験は、実習中でもありません。

自己PRは自己評価を文章にすることですが、何かをして楽しかったとか難しかったとか、感想を述べるのとは全く違うものです。結論を言えば、自己を客観的に評価して文章化する訓練を受ける機会に恵まれなかったのが、自己PRが苦手な人が多い原因です。

看護師の記録方法は「客観情報」と「主観情報」に分けて記載しますが、客観に主観が混じってはいけません。つまり自己PRは、自分のことでありながら、まるで他者から自分を見たような記述を求められるので、それなりにうまく書くためには特別な訓練をする必要があるのです。

 

看護師・助産師がもっと苦手なワケ
更に言うと、看護師や助産師は就職活動経験が乏しい人が多い職業です。看護師や助産師は学卒前に就職先を内定させます。ですが、付属先の大学病院だったり関連施設だったり、あるいは実習先に就職してしまうので、他の学部の学生のような就職活動を必要としません。他県に就職するような学生を除けば、一番簡単な人で学校付属先病院に就職希望を出すケースになります。この場合、形式的な書類提出と面談はあるものの、ほぼ顔パス状態で内定が決まってしまいます。

看護師・助産師が国家試験を受験するためには、さまざまなハードルをクリアしなければいけません。そこには実習という職業訓練も含まれ、受験資格を満たす人は医療従事者として最低限の経験とふさわしい人格を備えていると見なされます。よく、「就職活動がラクでいいね」と言われますが、それは誤解です。職業訓練をクリアしたからこそ、就職活動そのものに時間を掛ける必要がないのです。ですが就活経験に乏しいことで、転職時は本当に困った事態に陥ります。作文から苦手でレポートや実習記録は毎日大変だった…という人は、更にハードルが高くなることは容易に想像ができます。

 

自己PRにはコツがある
自己PRは自分の長所を書けばいいと思っている人がいますが、残念ながら求人元はそんなことは求めていません。なので例えば、「実習や実務を通して我慢強さを身につけた」と書いても、採用担当者は「そうですか」程度しか思ってくれないでしょう。

採用担当者が求めている自己PRとはズバリ、「この施設であなたはどんなことに貢献できる人物だと考えますか」ということです。つまり、性格の特徴ではなく、専門職として就職希望先でどんなことができるか、自分をアピールするのが自己PRになるのです。 「ちょっと難しそうだな…」と感じた人は、書店などで大学生向けの就職活動マニュアルを買うといいかもしれません。もともとたくさんの文章を読み書きする職種なので、やり方さえ分かれば自己PRもコツはすぐに掴めます。

 

助産師は志望動機に恵まれている

助産師は全ての領域の中で唯一、生命の誕生に立ち会う現場の専門職です。数ある医療職の中でも、志望動機で困ることは少ないでしょう。その志望動機は転職先と一致する項目が多いはずなので、表現に手を加えるだけで自己PRに変えることができます。

助産師の求人は数自体は多いですが、実際に働ける現場としては限定される傾向で、人気の求人はあっという間に埋まってしまいます。助産師として働きたい、だけでなく、「この施設で働きたい!」と思っている人は、自己PRはうまくなっておきたいものですし、事前準備も怠らないようにしましょう。

 

自分の欠点を長所に変える自己PR
なにも助産師に限らず、医療従事者はみんな、自分の欠点で深く悩みを抱えています。ときに人の命と真っ正面からぶつかることは、嫌な自分も認めなければならず、自己内省に繋がってしまいがちです。 ですが、極端な例えですが「臆病なのが私の欠点」という人がいても、現場では「慎重に仕事ができる人」と評価されることだってあります。そう考えると、あえて欠点を探したほうが自己PRを書きやすい人もいるかもしれません。 看護roo!のような看護師助産師の求人サイトの多くが、事前に書類チェックをしてくれます。ノウハウを持っているアドバイザーを味方につければ、よりより転職ができそうですね。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ