国保年金課の保健師求人


>>行政保健師の求人速報入手法はココ!<<

 

国保年金課での保健師の仕事

一言で保健師といいますが保健師の種類にはいくつかあり、まず、教育機関などで働く学校保健師、企業において社員の健康管理を行う産業保健師、そして、行政機関で様々な業務を行う行政保健師の3種類になります。 行政保健師として行政機関で働く保健師は、役所の国保年金課に配属され、そこで地域の後期高齢者医療制度に関する業務や国民年金に関する業務を行います。 国保年金課は行政機関での業務となるため、そこで働く保健師も公務員試験に合格する必要があります。

国保年金課では病院などのように医療行為などは一切なく、業務としてはオフィスワークと来所する人の対応が主な業務となります。 保健師としての知識はもとより、デスクワークをこなす事が出来るだけのPCスキルと住人と意思疎通を行い、必要な情報を的確に聞き取り、業務をスムーズに行う事が出来るコミュニケーション能力も必要になります。 健康保険や高齢者医療制度に関しての相談なども多いため、保健師として、医療のスペシャリストとしての立場からのアドバイスなども行う事になります。 公務員と言う立場から地域の介護問題などに関わり、地域の発展を担う大切な仕事になります。

 

国保年金課に保健師が必要な理由

名前の通り、国保年金課は国民健康保険や年金に関する手続きを行う課となります。 そこに医療のスペシャリストである保健師が必要であるのかと疑問に感じる方もいるでしょう。

国保年金課は、昨今の高齢者問題などもあり、高齢者やその家族による介護に関する相談が増えています。 また、健康保険に絡んだ医療費などの問題も国保年金課で扱う業務となっているため、医療に関しての知識を有している保健師が必要になります。 国保年金課で担当する業務は、国民健康保険や年金などの手続き以外では、高額医療費制度を利用する場合や出産をした場合に受け取ることが出来る出産育児一時金、65歳から75歳以上の高齢者が何かしらの事情で肉体的な障害を認定された場合や75歳以上の高齢者が加入することの出来る医療保険制度である後期高齢者医療制度の手続き、などになります。

国民健康保険や年金以外の業務に関しては、医療に関する知識なども必要になってくるため、保健師が必要になります。 特にメタボリックシンドロームが社会問題として取り上げられてから始まった特定健康診査の受診結果に基づき、指導を行っていくことは保健師としての非常に重要な業務になります。 医療に関しての知識であれば看護師でもいいのではと考えるかもしれませんが、予防医学に重点的に学んでいる人材が必要になるため、国保年金課には看護師ではなく保健師が勤務することになります。

 

国保年金課で働く利点

国保年金課で働く場合には、保健師というだけでは仕事ができず、公務員にならなければなりませんが、そこにこそ利点があります。 不況と言われる時代では就職難に苦しむ学生も少なくはなく、企業にいたってもリストラなど苦渋の選択を迫られることもあります。 しかし、役所は経営元が日本国政府になるため、不況もさほど関係なく安定した収入を得ることが出来るというのが強みです。

また、看護師の場合は病院で夜勤や残業を繰り返し、肉体的にも精神的にも大きな負担を感じる人が多いものです。 けれども、行政保健師として国保年金課で働くことになれば、夜勤はまずありません。 残業に関しても、現在の役所は17時を超えて業務を行っているところも多いですが、それでも長時間の勤務はなく、ほぼ定時で上がる事が出来ます。 月で見れば、月の残業時間が40時間を越える事はほとんどないと言っていいでしょう。 定時で出勤して、定時で帰る事が出来、経済状況に左右されない安定した収入。 退職後の退職金などの制度も充実しているため、老後の心配もほとんどなく人生設計をする事が出来るというのは、行政機関ならではの利点であると言えます。

さらに、保健師はオフィスワークがメインの業務になるため、肉体的な負担は少なくなっており、病院勤務に比べれば遥かに肉体的には楽です。

 

行政保健師になるために

将来の安定した生活を考えている保健師にとって、行政保健師はまさに理想の職業であると言えます。 不況に強く、夜勤も残業もない仕事。 家庭と仕事を両立しやすく、老後の蓄えもしっかりと貯める事が出来る。 職業としては理想的ですが、簡単に国保年金課の保健師として働く事が出来るわけではありません。

国民年金課などの行政保健師は、臨時職員の募集以外は求人サイトなどには情報がないことがほとんどです。 そのような中で、いち早く国民年金課の求人をキャッチするためには、働きたい市町村のホームページの職員募集情報をまめにチェックする事が重要です。 中には、毎日のようにチェックしている人もいるほどですから、本気で働きたい人は同じようにチェックしてみてください。

ただ、ネットの求人サイトでは募集はないのですが、例えば看護roo!のような転職サイトに登録しておくと、現在、どの都道府県のどこの市町村で保健師を募集しているのか、という事を教えてくれる場合もあります。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ