精神保健福祉センターの保健師求人

>>行政保健師求人に関する情報!<<

 

精神保健福祉センターでの保健師の仕事

保健師は行政保健師として働くという選択をする事もできます。

行政保健師としての求人を探していると、その中に精神保健福祉センターを見つけることがあります。 精神保健福祉センターは各地に設置されている行政機関で、地域の精神保健分野において様々な支援を行う場所になります。 職員のほとんどが医師、保健師、看護師、作業療法士と言った医療に関してのエキスパートとなっており、地域の様々な問題を医療従事者の観点からアドバイスなどの業務をする事になります。

精神保健福祉センターは、精神保健福祉法に基づいて設置しされている施設であり、メンタルの健康について相談業務を行ったり、精神保健に関する分野で技術援助を行ったり、必要に応じて教育研修を受けたり出来る施設です。 精神通院医療や精神障害者保健福祉手帳の判定業務なども行っています。

相談窓口が多い事でも知られ、基本的な精神医療の相談をはじめとして、アルコール依存、薬物依存に関しての相談、認知症など介護に関しての相談、自殺に関する相談などを常時受け付けており、保健師が対応する事が多くなっています。 問題が複雑で困難と判断される事案の相談も多く、保健師としての知識と経験を活かして働く事が出来る職場でもあります。 また、精神保健の広報窓口としての業務もあり、精神保健福祉センターでの仕事は幅広くなっています。

 

精神保健福祉センターで働く難しさとやりがい

保健師としての転職先の一つである行政保健師ですが、その中でも難関と言われるのが精神保健福祉センターになります。 行政機関の中でも精神保健福祉センターは絶対的な数が少なくなっているために、必要になる職員の数も多くはありません。 職員の補充などが年に1回行われれば良い方で、ほとんど精神保健福祉センターの求人を見る事はないでしょう。

現在、全国にある精神保健福祉センターの数は60を少し超える程度の数であり、各都道府県に1箇所、あるいは2箇所程度の施設になります。 地方公務員としての仕事をしたいと考えて精神保健福祉センターへの転職を決める方もいるかもしれませんが、現実には転職するのはなかなか難しいと言わざるを得ません。

さらには、就職が決まった後もその業務は多忙を極める事があります。 前述しました通り、精神保健福祉センターは各地に点在する行政機関ですが、設置数自体が少ないため、そこに訪れる方の数が相応に多くなります。 そのため、精神保健福祉センターで働く職員は考えている以上に様々な案件を抱える事になります。 特に昨今では精神病を含む精神疾患や精神障害、痴呆症などが注目され、社会問題にもなっており、地域医療との連携や支援サービスの普及など課題も多くなっています。 一筋縄では行かない問題が多く、頭を悩ませる事も多いかもしれません。

ですが、一つ一つが大切な問題であり、それらを解決に導く事が出来れば、大きなやりがいを感じる事が出来るのも確かです。

 

精神保健福祉センターで働くために必要なもの

精神保健福祉センターは地方行政機関であり、そこで働く職員は地方公務員になります。 地方公務員試験を突破した者が働く事が出来ますが、試験を突破したから精神保健福祉センターで働く事が出来るというわけではありません。 各行政機関への配属は、それぞれのスキルや知識、経験など総合的に判断され、適材適所に配属されます。

精神保健福祉センターへの配属を確かなものにするのであれば、精神医療に関する知識と技術、資格を取得しておくと良いでしょう。 精神保健福祉センターで働く職員は精神科医、看護師、保健師、薬剤師、各種検査技師、精神保健福祉士、精神保健福祉相談員、臨床心理士、栄養士などあらゆる資格を持った職員になります。 保健師だけではなく、精神保健福祉士や精神保健福祉相談員、臨床心理士のようなメンタルの支援に役立つ資格を有していれば精神保健福祉センターへの配属もより期待が出来るようになります。 いずれも国家資格が必要になるものであるため取得は困難ですが、転職を成功させるのならチャレンジしてみる価値はあると思います。 地方公務員試験への挑戦と併せて目指してみると良いでしょう。

 

精神保健福祉センターで働く他の道

なかなか募集がない中でも、臨時職員などの求人を見る事もしばしばあります。 正規の職員としてではなく、あくまでも臨時やの職員として勤務をする事になるため、公務員試験などの必要はなく、ハローワークで見つける事もできますし、看護roo!などのような求人サイトにも求人が出ている場合があります。 また、行政保健師として正規の職員を目指すのでしたら、市町村役場のホームページに求人が出る事があるので随時チェックしてみるといいでしょう。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ