精神障害者生活訓練施設・知的障害者更生施設の保健師求人


>>保健師優遇・優先採用求人はコチラ!<<

 

障害者支援施設の意義と保健師の仕事

先天的、あるいは後天的に知的障害である方は多くいます。 障害の程度によっては、地域や家族のサポートである程度の自立生活を送る事ができる方もいますが、家庭の事情や障害の度合いによっては自立した生活が困難な状況にある方も多くいます。 そうした方を受け入れ、生活の介助などを行う施設が知的障害者更正施設になります。 また、日常生活でのストレスやその他の要因で精神障害を負う事になった方が社会復帰するために支援をする施設精神障害者生活訓練施設です。

いずれも障害者を支援するものですが、精神障害者のための施設は訓練や指導を繰り返すことで日常生活を送れるように促すことを目的とした施設になります。 精神障害者生活訓練施設で働く保健師の仕事は、そうした精神障害に悩む方の社会復帰のための支援になります。 対して知的障害者更正施設では、自立した生活が困難で家族のサポートも難しい状況にある方を受け入れる施設で、どちらかというと介護施設といった感が強い施設になり、 自立した生活を送るための支援と、日常生活の介助を行ないながら社会生活に必要なスキルや技術を身につけてもらいます。 そんな知的障害者更正施設での保健師の仕事は、入所している知的障害者の生活介助や社会生活へ適応するための支援業務になります。

どちらも障害者のための施設と言う事に変わりはありませんが、知的障害者と精神障害者のための施設と言う事もあって、若干の業務の差が出てくるようです。 特に知的障害者の場合、生活介助が必要になるケースも多いため、介護に関しての知識や技術を持っているほうが有利でしょう。

 

障害者のための支援施設での保健師の役割

精神障害者生活訓練施設や知的障害者更生施設の求人が出されるときに、医療系の資格を持たない人の募集を見かける事があります。 こういった施設で働いている人の多くは、保健師、看護師、精神保健福祉士の国家資格を持つ職員がほとんどですが、無資格の人を募集している理由は、法律上の資格用件がそう定めているからです。 精神障害者生活訓練施設や知的障害者更生施設で働けるのは、大学で教育学か心理学、社会福祉に関する科目を修め卒業した人、高校卒業後に2年以上の精神保健に関する業務に就いた経験のある人、その他、精神保健や精神障害者の福祉についての学識や経験を持っていると認められた人、となっているのです。 だから無資格の募集が多々あるのですが、実際には国家資格を有した人を優遇しているのが現状です。

支援施設での保健師の役割は、入所者の社会復帰、あるいは社会適応に対する支援と生活保健に関するアドバイスになります。 また、医療従事者として入所者の健康管理を行う事も保健師の大切な役割になります。 自立した生活が困難な状態と判断された方を受け入れる施設ですから、何かと気を使う部分も多くあり、特に精神障害を負っている方には言葉の一つ一つに対しても注意が必要になります。 相手とのコミュニケーションを図り、根気強く相手の話を聞き、出来る限り早期社会復帰、社会適応を出来るように支援を行うのが支援施設で働く保健師の役割になります。

障害者のための支援サービスは昨今、増加傾向にあり、職員の求人もそれに伴って増えてきています。 精神障害者生活訓練施設や知的障害者更生施設が、保健師の転職先としても有意義な仕事の出来る職場となっている事は間違いないでしょう。

 

支援施設での勤務と給料

支援施設は入所型の施設になるため、職員は24時間体制での勤務を行う事になります。 一人当たりの勤務は8時間程度と標準的ですが、24時間をカバーする必要があるため、早番、遅番、日勤、夜勤などの勤務形態となります。 病院とは違い、それほどに重労働となるような業務もなく、基本的には残業もない勤務であるため、夜勤もそれほどに肉体的な負担にはなりません。

転職をする際に気になるのが収入面の問題ですが、精神障害、知的障害者のための支援施設での給料は基本給が24万円前後というのが平均的な金額になります。 その他夜勤手当などの各種手当がつく事になるため、ある程度の収入を期待出来ます。 保健師の仕事として考えれば、比較的高給の部類に入る仕事であるといえるでしょう。 アルバイト、パートとしての勤務の場合、給料は時給換算となり、平均すれば1000円前後が平均的な金額となります。

勤務としては入所者の支援を行う事が主業務になるため、基本的にはゆったりとした生活の中で入所者とのコミュニケーションを図りながらとなります。 入所者の生活支援を行う事で社会復帰や社会適応をしていく方を見るのは、やはり成果が見られると言う事もあってやりがいを感じることが出来る仕事になります。

 

支援施設の求人情報

支援施設の求人は考えている以上に簡単に見つけることが出来ます。 前述したように、支援施設は介護施設ではないため、無資格者でも働く事が出来ます。 そのため、一般求人サイトなどでも見る事が出来る求人の一つになります。 しかし、保健師としてのスキルを活かして働く事が出来る職場である事から、支援施設も専門資格を持った人材は特に優遇をする傾向にあります。

支援施設の求人を探すのであれば、ハローワークや求人誌、一般求人サイトを活用するというのも悪くはありませんが、やはり看護師専門求人サイトを見る方が早いでしょう。看護roo! のような求人サイトでは支援施設の求人も多く扱っており、看護師を含めた保健師の募集を行っています。 看護師の専門サイトと思われるかもしれませんが、精神障害者生活訓練施設や知的障害者更生施設には看護師が転職する事もあるので、求人サイトでは転職先として扱っています。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ