総合周産期母子医療センターの保健師求人

>>高度医療提供の場でスキルアップ<<

 

総合周産期母子医療センターという職場

保健師の転職先として、総合周産期母子医療センターを希望する人が増えています。

総合周産期母子医療センターとは、重篤な状態に陥った妊婦と胎児を同時に引き受ける母体胎児集中治療室(MFICU)が6床以上あり、なおかつ、未熟児など生命に危険がある新生児を引き受ける新生児集中治療室(NICU)を9床以上を有している、この条件を満たし、専門スタッフを配置した医療施設のことです。

出産前後のいわゆる周産期における生命の危機やそれを引き起こす異常に対応できる必要があり、母体・胎児集中治療管理室を備えた産科病棟、並びに新生児集中治療管理室を備えた新生児病棟が24時間体制で機能している必要があります。 加えて、いつ何時でも搬送における受け入れ体制ができており、妊娠合併症、重症妊娠中毒症などのほかに、切迫早産や胎児異常などリスクの高い妊娠に対して高度な医療を速やかに提供できる医療施設でなくてはなりません。

産科と新生児室を有しているだけでは、総合周産期母子医療センターとしては認められず、上記の細かな条件をクリアしてはじめて各都道府県に認可されます。 ちなみに、この総合周産期治療母子医療センターは厚生労働省の周産期医療対策事業にのっとって設置されるものですが、施設としては病院の中にあるものですから、そこで働く保健師は公務員である必要はありません。

 

総合周産期母子医療センターで働く保健師

総合周産期母子医療センターで働く、と言われると大抵の方は助産師を想像するかもしれませんが、昨今では助産師だけではなく保健師も求められています。

この施設で必要とされる保健師の役割は、出産そのものに関わるのではなく、出産後の母子の心身の健康状態のためにあります。 何らかの理由で妊娠時に母体や胎児に異常が起こると、このセンターで出産に関わる様々なリスクを回避し、最先端医療をもって医療スタッフがサポートを行いながら出産を行うことになります。 万全な体制で出産をする事が出来、何かしらの問題があった場合にも即座に対応することが出来るプロのスタッフを有した非常に優れた医療機関でもありますから、妊婦も安心して出産に臨むことが出来ます。 しかし、出産を経て入院中や退院をした母子がきちんと育児を行い、健康に成長することが出来るかどうかは、母体である母親と地域の育児支援に大きく関わっています。 総合周産期母子医療センターで働く保健師の役割は、出産前後の母子の総合的なケアを行い、かつ必要な支援がすぐに受けられるような環境整備を行うことで、最終的にいかなるケースでも子供の成長をしっかりと促すことにあります。

退院後の環境を整えることで、産後にありがちな育児ストレスなどに悩むことのない健康的な育児を行う事が出来るようになります。 そのために、関係機関と連携を取ったり育児相談などを受けたりといったサポートをする事が総合周産期母子医療センターで働く保健師の役割であると言えます。 総合周産期母子医療センターへの保健師の配置は比較的最近行われるようになりましたが、保健師が配置されるようになったことで、退院後の育児に関わる問題に対して一定の効果が見られるようになったと言う報告があります。 育児には両親の心構えだけではなく、環境も大きく関係しているということでしょう。

 

出産と育児のこれからと総合周産期母子医療センターにおける保健師の需要

少子化が囁かれている現代ですが、それでも毎年多くの子供が誕生しています。 中には出産前に何らかの問題で早産や出産に際しての問題が起こり、母子ともに危険な状態になるということも少なくはありません。

現代社会において、地域による育児は昔に比べて大きく様変わりしたといえます。 昔と比較すると核家族化が進み、地域での人間関係の希薄化が進んだことで地域で見る育児から、各家庭で見守る育児へと変化しています。 それぞれの親がそれぞれの責任で育児を行うというのはごくごく当たり前のことですが、先人の経験の中には何物にも変えがたい教訓や役立つ情報なども含まれています。 また、育児に関する情報を共有することで悩みを共有し、育児に対する不安やストレスも軽減されることになります。 昨今では、そうした地域全体で育児をするシステムが失われて久しく、育児によるストレスなどに悩む母親も少なくはありません。 行政の育児支援などもありますが、情報の少ない母親は全てを自分で抱え込んでしまう傾向にあり、更に悪い状態へと移ってしまうこともあります。

保健師はそうした母親が育児に対しての不安やストレスを感じることなく、のびのびと育児を楽しんで子供と触れ合うことが出来る環境を作る手助けをする事が期待されています。 総合周産期母子医療センターにおいても、退院後の育児環境を整えるための支援として保健師の需要が高まっており、これからますます必要とされることになるでしょう。
総合周産期母子医療センターでの保健師の求人は多い?

総合周産期母子医療センターに保健師の配置が行われるようになってから、保健師の一定以上の求人は見ることが出来ます。 しかし、総合周産期母子医療センター自体の数が少ないこともあり、保健師求人を見かけることはなかなかないのが現状です。

扱っている求人数の多い求人サイトなどを使った場合、総合周産期母子医療センターの保健師求人を見る事もしばしばあります。 看護roo!などのような求人サイトが求人数の多いサイトとして挙げられますが、扱われている求人数が多ければ、それだけ求人の種類も増えることになり、結果的に総合周産期母子医療センターの保健師求人を見つけやすくなります。

 

珍しい求人も見つかる看護師求人サイトランキング!アレもコレもココにはある!

 サービス名利用料運営会社オススメ度詳細
看護roo! 無料 株式会社クイック(JASDAQ上場) ★★★★★ 詳細



>>>公式申し込みページへ進む
マイナビ看護師 無料 株式会社マイナビエージェント ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナースではたらこ 無料 ディップ株式会社 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
医療WORKER 無料 株式会社TS工建 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む
ナース人材バンク 無料 株式会社エス・エム・エス運営 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは上場企業グループが運営する実績No.1サイトの看護roo!(カンゴルー)が安定した人気で1位継続中です。
※知名度が高いリクルートグループ(リクルートドクターズキャリア)のナースフルも評価が高いです。

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

ナースではたらこ


人材大手ディップの無料の看護師転職支援。圧倒的な知名度と過去の紹介実績がポイント。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ