• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

人工股関節全置換術や人工骨頭置換術を受けた患者さんの靴下

人工股関節全置換術・人工骨頭置換術を受けた患者さんの靴下着脱の指導はどうしていますか?術後は股関節が脱臼してしまう危険のある動きは避けなければならず、日常生活動作に制限が出てきますが。私が患者さんを見ていて一番大変そうだなと思うのは靴下の着脱です。
 
多少なりとも上体を倒さないと履けないし、うっかり脱臼の危険がある内旋位をとってしまいやすいと思うんです。みなさんはどうやって指導していますか?実際に患者さんはどうやって着脱していますか?
(足の爪切りはもっと大変そうですが、誰かに頼むのが一番安全だと思うのでここでは触れません)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. worry6256 2016/04/15 12:58

    入院中はほとんど看護師で介助しています。 

    着脱の指導に関しては、脱臼の危険肢位の基本は看護師側で指導しますが、実践的なことはリハビリテーション科の理学療法士さんに主にお任せしています。

    うちの理学療法士さんたちは、靴下着用のための自助具(有料)を勧めているようです。
    自助具を使っている患者さんは、するっと楽に、安全に靴下を履けています。

    もし自分が人工股関節全置換術や人工骨頭置換術を受けたなら、自助具を用意するかなーと思います。

  2. nan2849 2016/04/15 22:01

    私も靴下の着脱は難易度が高いと思っています。
    高齢の患者さんが多いこともあって、絶対に無理はしないように、(家族と同居なら)家族のだれかに頼むようにと指導しています。
    ついでに足の爪切りも家族か、デイサービスや介護入浴サービスでやってもらうようにと話をしています。

    靴べらやマジックハンドを駆使して、上手に履いている患者さんたちもいます。びっくりするような知恵とテクニックなんですけど、自分で開発したみたいです。やろうと思えば何でもできるんだなと思わされました。

    脱臼が怖いから、しばらくは裸足でいいやという患者さんもいます。 

    私はものすごく体が固いので、人工股関節などは入っていない今でも靴下の着脱が大変です(笑)柔軟性も必要だろうなあ~。

  3. adios6240 2016/04/16 3:37

    うちの病院は医師の方針で長期間弾性ストッキングを履かせています。危険肢位にならないように弾性ストッキングを履くのは至難の業だし、ちょっと力もいるので、看護師の介助下でやっています。

    看護師と理学療法士から危険肢位や上手な更衣方法を説明しますが、靴下は最後の最後に回りがちです。難しいし、無理して脱臼してしまったら一大事なので、出来れば…くらいの気持ちでいます。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ