• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

IVH挿入時の血圧測定について知りたいです!

現在働いている病棟では、IVH挿入する患者さんは多くいます。その為、介助につく機会があります。以前介助について時に、血圧測定を挿入前と挿入後に行っていたら、それでは不十分であると指摘を受けたことがあります。挿入することによって、合併症を生じることもあるので、もう少し血圧測定を行わないといけなかったと反省しました。IVHを挿入するときは、どのくらいの頻度で血圧測定を行っていますか?今後の参考にさせてもらいたいと思うので、教えて下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. picnic4706 2016/04/16 17:01

    IVH挿入するのに、だいたいの所有時間は、20分~30分であることが多いと思います。短時間ではありますが、挿入することで、多くの合併症を生じてしまう恐れがあるので、異常の早期発見に伴い、定期的な血圧測定は必要となってきます。IVH挿入前1回、挿入中に1回、挿入後に1回血圧測定を行うようにしています。でも、その後に、血圧低下が生じてしまうこともあるので、IVH挿入後も、頻回に血圧測定を行うようにしています。IVH挿入を行って、患者さんに異変があったケースに遭遇したことはないですが、もしもの時に備えて、しっかり観察を行うようにしています。

  2. bake3821 2016/04/16 22:03

    私が勤務している病棟でも、時々ではありますが、患者さんのIVH挿入することがありますよ。
    その時は、看護師2名はつくようにしていますね。
    先生の介助を行う看護師と、患者さんの血圧測定を行う看護師がいます。
    主に、患者さんの観察を行う看護師が、血圧測定を行っていますね。
    やはり、血圧は頻回に測定するようにしています。
    また、SpO2は持続的に測定を行っていますね。
    やはり、何か変化があると、SpO2の低下も起きるので、持続的に測定を行うようにしています。
    処置を行っているときに、患者さんに異変が起きることもあるので、慎重になって、観察するようにしていますよ。

  3. express7265 2016/04/17 15:24

    新人の時は、IVHの介助を付きことがありましたが、どのタイミングで測定したらいいのか悩んだことがありました。だが、やはりIVHを挿入している時から、挿入後の血圧測定が大切になってきます。

    患者さんの異変を早期に発見することが出来るからです。先生は、挿入することに集中しているので、頻回に患者さんの顔色を見たりすることも難しくなってきます。その際は、看護師が患者さんの顔色なども観察する必要があります。随時声掛けも行っていると、患者さんの意識レベルも確認することが出来るので、声掛けも行うようにしています。

    また、先生は、IVH挿入時も血圧は、気にして聞いてくることが多いので、しっかり答えることが出来るように、血圧測定を行っています。IVH挿入が終了してからも、血圧測定を行うようにしています。
    また、頸部から挿入するときは、血圧測定も大切ではありますが、誤って胸に穿刺してしまうこともあります。その為、胸の痛みなども確認するようにしています。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ