• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

透析療法のオンラインHDFとオフラインHDFの違いについて

透析療法には様々な種類の透析療法があります。それぞれ患者さんの状態などに合わせ患者さんにとってベターな透析療法が選択されると思います。その中で現在、オンラインHDFが広く行われるようになってきています。以前はオフラインHDF、一般的に言われる通常のHDFが主流でした。この2つの違いがイマイチ理解できずにいます。この2つの違いを教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. tulip7047 2016/04/21 16:02

    まずHDFですが、一般的なHDと違い低中分子蛋白を大量の補液を行いながらろ過し除去していきます。
    HDFにはon-lineHDFとoff-lineHDFがあり、それぞれに特徴があります。

    まず、off-lineHDFですが、こちらはこれまで主流に行われてきたHDFで施行方法としては、瓶や補液バックなどを用いて透析中にろ過する補液量を足しながら透析を行います。
    On-lineHDFも同様にろ過する補液量を増やしながら透析を行うのですが、on-lineHDFは瓶や補液バックではなく透析液を用いるので大量に補液することが可能です。その為、on-lineHDFの方がたくさんろ過することが可能になるんです。

    長期で透析を続けているとβーミクログロブリンという物質が骨や関節に沈着し神経を圧迫するアミロイドーシスという合併症を引き起こす要因になります。
    通常の透析では取り除くことができないため、HDFを施行することでこういった症状を引き起こすことを防ぎます。

    on-lineHDFの方がより老廃物を取り除くことができるため、現在、増えてきている要因になっていると思います。
    ただし、透析液を使用しHDFを行うには水質管理がとても重要になってきます。
    今後、こういった問題が改善されればさらにon-lineHDFも増えるのでないでしょうか。

  2. splash5676 2016/04/21 23:20

    オフラインHDFは補液バックを使い、オンラインHDFは透析を使って透析中に回路内に流しながら透析を行います。
    要は常に水で潤った状態で透析を行うので血圧の維持にもなります。
    また、普通の透析では除去できない大きな分子を除去してくれるので痒みも軽減できます。
    掻痒感の強い患者さんや血圧が不安定な患者さんには有用かと思われます。
    ただ、オンラインHDFでは専用のダイアライザーを使用しますが4時間透析を行うと徐々にダイヤライザーが摩耗され少しずつ除去効率が悪くなることがあります。1時間辺りの補液除水量も注意が必要です。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ