• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

認知症患者さんの身体拘束について

認知症がある患者さんの身体拘束はどうしていますか?
必要時はやむをえないですが、できるだけ身体拘束は避けたいところですよね。

私の勤めている病院はすでに認知症がある患者さん、せん妄のリスクがありそうな患者さんに関しては、入院時に患者さん本人とご家族に同意を得ています。

すでに認知症があるとわかっている患者さんのご家族はすぐ理解してくれますが、今のところ問題ない患者さんのご家族には具体的には説明しづらく、離床センサーとベッド柵の固定くらいまでしか言えません。悩みます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. bagpipe4323 2016/04/21 16:27

    うちの病棟で行われる身体拘束は、離床センサー設置(マット・端座位・起き上がりセンサーなど各種)、ベッド柵の固定、自分では脱げない衣服(ロンパース)の着用、車いす用シートベルト、点滴自己抜針対策のミトンや手関節拘束具などです。

    入院時に家族から同意を得ますが、説明に用いる書類は転倒転落対策と拘束への同意がごちゃまぜになっていてグレーゾーンな感じです。明らかに転倒転落対策に入っているセンサー設置とベッド柵固定以外はその都度家族に報告・相談しています。

    認知症の患者さんにじっくり向きあえる時間があれば、こんな拘束はしなくてもよくなるかもしれませんね。現実的に難しいのはわかっていますけどね。

  2. cure4173 2016/04/22 0:01

    認知症の患者さんへの対策は大変ですよね。
    私は整形外科所属なので、骨折のオペ後に転倒してまた骨折という事態は絶対に避けねばならず、いつもヒヤヒヤしています。

    私は認知症の患者の家族になったこともあります。自分の祖父が入院したんです。

    やっぱり入院時に拘束の説明をされ同意を求められました。祖父と関わるときの苦労はよくわかっているのでもちろんOKですが、面会の度に新たな身体拘束の相談されたり、ロンパースを準備してほしいと電話がかかってきたりしました。家族も結構、大変です。

    同業者に家族が迷惑をかけていると思うと申し訳なく思います。でも、実際に拘束されている祖父を見ると、かわいそうだなとも思えてきます。看護師の自分と患者家族の自分、まさに板挟みです。

    時々、認知症の患者さんのご家族が「何でもやってください!」と言うんですが、みんながみんなヤケクソになって言っているわけじゃないんでしょうね。申し訳ないから何でもやってくれという気持ちが大きいんだと思います。その複雑な気持ちもわかるようになりました。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ