• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

瞳孔の観察をするときに使用するペンライトは何を使ったらいい?

看護師向けの通販雑誌に載っているペンライトは、LEDのものが多いですよね?先日、LEDのペンライトを使用して患者さんの瞳孔を観察したら、先輩に「そんなの使ってるの!??」怒られてしまいました。瞳孔を観察するときには、どんな種類のペンライトを使ったらいいのでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. place8315 2016/04/22 12:09

    ペンライトを使った瞳孔観察は、観察者の差が大きいだけでなく、「対光反射なし」と判定されることが多く、特に縮瞳している患者さんに対して「対光反射なし」とされる傾向が顕著であったという研究結果があります。

    ペンライト法でバラつきが大きい理由として、ペンライトの明るさと瞳孔までの距離や角度、観察者の視力、部屋の明るさなどが一定でなく、対光反射の判断が観察する人の主観に左右されてしまうことがあげられています。そこで、最近になって赤外線を使った定量的瞳孔計が開発されています。まだ日本に入ってくるのは先かもしれませんが、観察する人によって観察結果が変わってしまう、という事実があることは知っておいてもいいのかもしれませんね。

    部屋の明るさや、使用するペンライトなど、できるだけ条件を一定にて観察できるようにする工夫も必要なのだと思います。

  2. jean3192 2016/04/22 20:00

    その先輩、単純に、患者さんが苦痛に感じると思って怒ったんじゃないんでしょうか?

    LEDの光って、結構強いですよね?これまでに使っていた黄色っぽい光のものと比べると、だいぶ眩しく感じると思います。ただでさえ、瞳に光を入れるのですから、患者さんは反射的に目を閉じてしまいやすいと思うのですが、さらに強い光を入れられたら、開けていようとしても思わず閉じてしまいますよね。そうなると、観察どころではなくなってしまうと思います。

    それと、瞳孔の観察をする必要がある患者さんの中には、頭蓋内疾患が疑われている人もいるかもしれませんよね。もし、本当に脳出血やのくも膜下出血があったとしたら、瞳孔を観察しようと目に入れた光でさえ刺激になってしまい、出血の拡大を引き起こしてしまう危険性もあるかもしれません。目隠しをしたり、暗室管理をするくらいですから、光がそれだけ刺激になり病態を悪化させる因子になり得るということは明らかですよね。

    瞳孔の観察をするために、LEDの明るさが絶対に必要なわけではありません。だとしたら、患者さんの苦痛や頭蓋内疾患の可能性に配慮して、LEDではないタイプのものを使うのが無難かもしれませんね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ