• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

透析を受けている糖尿病患者さんのフットケアについて

糖尿病による末梢神経障害を併発している患者さんに対しどのようなフットケアが効果的であるか教えていただけませんか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. spanish5472 2016/04/23 6:05

    まずは下肢の状態を細目にチェックすることです。1回/月間隔ぐらいで定期的に観察することが望ましいと思います。その中で、先月と比較し末梢冷感の出現や痺れ、疼痛など自覚症状がある場合や皮膚の色や爪の色、足背動脈の触知が弱いと感じられる場合は速やかにABI検査などで動脈硬化の有無や下肢動脈の狭窄や閉塞が疑われます。
    糖尿病のある患者さんのみではなくASOのある患者さんも同様です。

    もし、検査結果に問題はなかった場合でも末梢冷感が強かったり末梢循環状態が良くないと思われるようであれば、炭酸ガスの入ったお湯で足浴を行うことも効果的です。
    本来、お湯は体の外側から中に向かって温めていきます。その為長時間温めないと体の芯までしっかり温めるのは難しいと思われます。

    しかし、炭酸ガスは細胞の間にある間質に入り込み体の内側から温めてくれます。その為短時間で体の芯から温める効果があります。そういったものを必要な患者さんに使用することで末梢循環状態も改善されると思います。

  2. shock6347 2016/04/23 23:29

    下肢の状態は月1程度でも観察することは必須だと思います。また、爪切りも下肢を清潔に保つためには必要ですのでこまめに爪切りを行うように指導しましょう。しかし、深爪などによる創傷が悪化し取り返しのつかない状態になる恐れがあります。爪切りが難しい患者さんには看護師が行うなども必要です。爪切りの指導も行いましょう。

  3. begun7455 2016/04/24 12:02

    患者さんの下肢チェックを行った際は細かく記録に残すようにすることが大事です。
    勿論下肢チェックは継続していくことが必要ですし、異常があればできるだけ早急に検査し状態の把握に努めてください。傷1つが下肢切断につながる可能性があります。たとえ小さな傷でもしっかり処置し悪化しないようにしてください。

  4. won7262 2016/04/24 12:10

    当院では月1回糖尿病患者さん、ASO患者さんにふフットチェックを行っています。また、爪が伸びれいれば爪切りも行いますし、胼胝があれば削るなどの処置もしています。異常があればABI検査を速やかに行い、問題があるようなら下肢造影により細かく状態を確認します。治療が必要と判断された場合は下肢PTAを行っています。そういった患者さんは定期的に3~6か月単位でABIを施行し常に下肢の状態をチェックしています。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ