• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

産科のウエルネスの考え方と看護計画

産科ではたたらいている看護師さん、相談にのってください。切実です。

今まで、消化器外科で看護師をしていました、6年目の看護師です。異動になり、所属変更となり産科に来ました。産科は、希望ではなく、むしろ行きたくないと学生の頃から思っていた診療科です。
学生の頃の実習でも嫌で嫌で仕方なかったのですが、ますます嫌になっています。産科だけ、看護計画の立て方がわからないのです。ウエルネスの考え?みたいなのを学生の頃に先生に言われていましたが、結局最後まであまり理解出来ず、私は産科は苦手だから、看護師になったら疾患のある患者さんがいる診療科にいこうと思っていたので、産科になってしまいうまく働けません。

産科ではたらく看護師さん、ウエルネスの考え方は看護計画を立てる時に意識していますか?ウエルネスのわかりやすい説明も教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 14 人中 11 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. century2188 2016/04/26 16:46

    産科は、一般科と違って患者さんではなく、お客様意識が特に強い診療科ですよね。私も、苦手です。
    とてもホスピタリティーに溢れるとても尊敬していた先輩が、産科に異動になり、数か月して退職したことを思い出しました。その先輩も、産科は自分にはあわないと言っていました。
    私自身も、産科に異動は極力したくないなと思っています。私も、普通の看護系家くより、ウエルネス思考の方が難しいなと思ってしまったからです。

    ウエルネス思考のことですよね、ウエルネス思考とは、病気じゃないから、今の状態をよりよい状態にしていくという考えです。たとえば、正常分娩のための入院であれば、お産がおかあさんにとってもベビーにとってもより良いものになるように環境調整だったり、陣痛時の看護だったりを考えていくんですね。簡単には、自分がお産をするんだったら、してほしいことやこうしたらもっと楽になるんじゃないかとか、自分だったらどうされたいかなども参考に考えたらいいと思います。

    ハイリスクの人なら、リスクを抑えるための看護計画の立案ですよね。どんな看護計画にしろ、今の状態よりも良い状態にするために、どういう介入が必要か、何を観察しないといけないかを看護計画にします。例えば、お産の恐怖がある人には、その恐怖を取り除けるような援助をすれば、良いお産になりそうですよね。そういった具合です。

    ぜひ、苦手に負けずと、産科での看護師を続けていただきたいなと思っています。頑張ってください。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ