• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

薬剤投与を拒否する患者さんへの対応。。

透析患者さんで血清Ca値が低くまた血清P値が高い為リン吸着薬が開始されました。
開始直後より便秘傾向になり服用したいくないと訴えがありました。採血データから現状について説明し理解が得られたことで下剤開始し継続してリン吸着薬を服用してもらうことになりました。しかし、やはり便秘が不安であると訴えあり現在は全く服用できていない状態です。残腎機能がほとんどなくビタミンDが生成されないため経口からのCa摂取では効果はないと思われます。また、Ca摂取により血清P値を上げることにも繋がります。服薬を拒否している患者さんにどのようなアプローチが最も適しているのか教えていただきたいです。。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. rule1688 2016/05/03 22:06

    透析患者さんにとって便秘は難しい問題です。下剤投与しても改善がなかなかできない患者さんは多いです。またリン管理を促しても改善が難しくリン吸着薬を投与せざるを得ない患者さんも多いです。リン吸着薬で最も多い副作用が便秘であり、透析患者さんにとって死活問題である便秘を引き起こすリン吸着薬はできることなら飲みたくないのも頷けます。現在出回っているリン吸着薬でカルシウムを含んでいるのは1種類しかありません。しかも副作用が便秘であれば足踏みしてしまいます。現状の透析療法でP値を下げる方法は薬物投与、リン含有量の多い食事を控えるか透析条件を変えるしかありません。条件を変えることは簡単です。ダイヤライザー、血流量、透析時間の変更でP値はある程度改善は見込めると思います。しかし、やはり1番大事なのは患者さん自身がしっかりリンコントロールすることではないでしょうか?
    確かに便秘は患者さんにとって苦痛なのもわかりますし、飲みたくない気持ちも理解できます。
    ならば、しかっりリンコントロールできることが最優先な気がします。一生懸命努力し自己管理ができた上でP値が高値であるなら透析条件の変更など検討していくようにしてはどうでしょうか?
    透析を長く続けることができる患者さんは自己管理がしっかりできる人たちです。
    服薬が難しい患者さんに無理やり継続を勧めるのはベターな選択とは言えません。
    継続が難しいようなら別の方法でCa値を上げるようにすることが良いのではないでしょうか。

  2. trouble6049 2016/05/06 15:53

    服薬困難な患者さんに無理に服薬を続けても信頼関係を損なうだけですし、益々患者さんに苦痛を与えることになります。
    服薬が難しいようならリンコントロールについて指導し、また透析条件の変更も検討してみてはどうでしょうか?

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ