• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

大腿骨近位部骨折の看護

大腿骨近位部骨折の病態・治療・予後について、どのようなことでもよいので教えてくださいm(_ _)m

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. reaction8766 2016/05/09 19:09

    大腿骨近位部骨折は、大きく分けると大腿骨頸部内側骨折(大腿骨頸部骨折)・大腿骨頸部外側骨折(抱いた骨頸部転子部骨折)・大腿骨骨頭骨折の3種類があります。

    内側骨折は関節の中で発生するので、骨癒合が得られにくく、外側骨折に比べると腫脹が軽度です。骨折後の転位がない場合は、受傷直後に歩行できたり、疼痛が軽度だったり、自力で下肢を挙上できたりするケースもあります。

    外側骨折は大転子部の圧痛が認められ、内側骨折よりも腫脹が著明です。

    早期離床を促すために手術が選択されることが多く、骨折部位や程度によって術式が変わります。
    術式は骨接合術(CCS:Cannulated Cancellous Screw,CHS:Compression Hip Screw,髄内固定法など)や人工骨頭置換術などがあります。
    腰椎麻酔下で行われることが多いです。大量の出血が予想される場合は、輸血も考慮されます。

    術前は床上安静です。直達牽引や介達牽引を行い、全身状態に注意しながら整復と疼痛の緩和をはかります。同時に内服薬や坐薬などの鎮痛剤を使用します。 

    保存的療法を選択した場合は、床上安静と牽引(スピードトラック牽引)、床上リハビリテーションをしながら骨折部の治癒を待ちます。
    こちらも術前と同じで、骨折部および全身状態の観察と疼痛の緩和が重要になってきます。

  2. responsible6132 2016/05/10 5:14

    大腿骨近位部骨折は高齢者に多く、寝たきりの原因にもなるため社会的な問題になっています。

    骨折そのものの予後は悪くないと思います。例えばショック状態になったり、命に関わるような術後合併症がおこる可能性はありますが、骨折そのものは時間をかければ治癒に向かいます。
    それよりも受傷をきっかけにADL低下、認知症の発症・進行、持病の悪化などの可能性があり、そちらの方が問題になると考えられます。

    また、治療をして可能な限り早期離廠できたとしても、入院前と同じADLレベルに戻るには数か月かかります。高齢者は骨癒合に時間がかかるので尚更です。

    私の勤務先では2か月前後の入院になることが多いですが、退院時に元のADLレベルにまで回復している患者さんは少ないです。

    多くの方が家族による介護を必要とし、介護サービスの利用やヘルパーを導入を考慮されます。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ