• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ビスホスホネートの内服時の注意点

骨粗鬆症治療薬のビスホスホネート製剤を内服する場合の注意点や副作用について教えてくださいm(_ _)m

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. tube5617 2016/05/10 17:32

    私の勤務先にはビスホスホネート製剤であるフォサマック(アレンドロン酸ナトリウム)、ベネット(リセドロン酸ナトリウム)を内服している患者さんが入院しています。

    これらの薬は、内服の注意点が国家試験に出るほどですよね。

    ・起床時にたっぷりの水(約180ml)と服用する
    (食道にひっかかると炎症を起こすため)
    ・服用後30分間は水以外の摂取不可
    (飲食によって薬の吸収が阻害されるため)
    ・服用後30分間は座位を保ち、横になってはいけない
    (食道炎や胃炎を起こす可能性があるため)

    このあたりが特に有名でしょうか。

    他にも

    ・週1回服用の場合は、毎週同じ曜日の起床時に服用する
    ・水道水で服用する。硬度の高いのミネラルウォーターは薬の吸収を阻害してしまうので避ける。
    ・内服を開始する前に歯科治療(特に抜歯)を済ませておく。内服開始後に歯科治療が必要な場合は、歯科医師にこの薬を飲んでいるということ知らせ、相談する。
    (ビスホスホネート製剤服用者の顎骨壊死が報告されている)

    などの注意点・副作用があるそうです。
    代表的なものだけ書きました。調べてみるともっとたくさんありますよ。

  2. beak1759 2016/05/11 4:43

    入院前から内服を続けている患者さんが入院されることがあります。高齢の女性患者さんが内服していることが多いです。

    自分で内服管理できる患者さんであっても、服用時の注意点を完璧には理解していなかったという場面に出くわしました、

    飲む時間・曜日はわかっているけど飲む水の量が少ないとか。服用後30分間は寝てはいけないとわかっていても、側臥位でくつろいでいるとか。側臥位になっていた患者さんは、仰向けで眠らなければOKだと思っていたそうです。
    「この薬を飲むと、なんとなく胃が悪い感じがしていた」とのことでした…。

    医師や薬剤師が説明しても理解しきれていない可能性があるので、念のため看護師も目を光らせています。

    また、私の働いている病院では、基本的に内服薬(入院前からのもの、入院後に処方されたものどちらも)は看護師が管理し、内服前に患者さんに手渡ししています。

    看護師サイドで渡し忘れないよう、ケアスケジュール表に入れて気を付けています。早朝のボーっとしている時に渡さないといけないので、自分もしっかりしなきゃ!と思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ