• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

バルーンカテーテル留置中に尿漏れの対処について

私が働いている病棟では、寝たきりの患者さんが多くいます。その中には、バルーンカテーテルを挿入している患者さんも多々います。時々尿漏れがある患者さんもいます。

尿漏れがある時は、バルーンカテーテルが屈曲していないかなどは、確認をします。その他は、どのような確認を行っていますか?参考にさせてもらいたいので、教えて下さいm(_ _)m

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. speak3556 2016/05/12 13:58

    バルーンカテーテルを挿入していると、尿漏れが起きることがありますよね。でも、バルーンカテーテルが屈曲している以外にも、尿漏れの原因はあります。バルーンカテーテルを挿入すると、ワッサーを10cc注入しますよね。その量が減っていたりすると、尿漏れが起きることがあります。まずは、ワッサーの量の確認を行ってみたらいいと思います。ワッサーの確認を行う時は、バルーンカテーテルを引っ張らないようにしてくださいね。すぐに抜けてしまうので・・。
    もし、ワッサーの量が少なくなっていたら、10ccになるように追加をして下さい。それで、尿漏れがなくなれば、ワッサーの減量による尿漏れであったと考えられます。それでも、尿漏れがあるようであれば、カテーテル内の浮遊物の確認を行ってみてください。浮遊物が詰まっていると、尿漏れの原因となるので、ミルキングを行って、つまりを解消しましょう。ミルキングを行っても、詰まりが取れない場合は、1度バルーンカテーテルを交換してみてもいいと思います。急に尿漏れが起きたのであれば、つまりが原因である場合もあるので、カテーテルの浮遊物の確認は大切になってきます。尿漏れがあると、正確な尿量をカウントできなかったりするので、尿漏れが起きないようにカテーテルの管理をしっかり行いましょう。

  2. tug2492 2016/05/12 21:59

    私も、バルーンカテーテルを挿入している患者さんの尿漏れで、何度も悩んだことがあります。
    動く患者さんであったので、バルーンの屈曲や身体の下敷きになったりすることはありませんでした。
    また、バルーンカテーテル内は、浮遊物もなく、バックに溜まる尿も綺麗でした。
    その為、浮遊物による尿漏れでもなかったのです。
    何度も尿漏れをするので、先輩の看護師に相談を行いました。
    先輩の看護師から、1度現在使用しているカテーテルより、太いのを挿入してもたらどうか?と助言を頂きました。
    そのように1度太いのを挿入すると、尿漏れはなくなりました。
    患者さんによって、身体の構造も異なってくるので、患者さんに合ったものを見つけてあげることも大切であると実感しました。
    バルーンカテーテルを挿入するのは、患者さんに苦痛を与えるので、何度も行いたくないですよね。
    きちんとアセスメントをしたら、いいと思います。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ