• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

認知症の患者さんのフランドルテープを貼る位置

認知症患者さんで、フランドルテープを貼らないといけないのですが、気づくとベットの隅っこにくしゃくしゃになっていることがあります。

きっと貼ったところが不快で、自分自身で外してしまうのだと思います。

剥がさないようにと伝えても、認知症であるので、なかなか受け入れることができません。このような場合は、どのように対応されていますか?是非参考にさせてもらいたいので、教えていただけると嬉しいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. disappear7322 2016/05/12 13:49

    私が働いている病棟にも、同じような患者さんがいます。そのような時は、背中に貼るようにしています。背中に貼ると、なかなか手が届かないので、外すことはないです。また、毎日交換を行うので、左右交互に貼るようにしています。やはり、患者さんが外してしまうと、きちんとフランドルテープの効果を得ることが出来ないので、しっかり対策を考えて、行うことが大切です。

  2. smap7362 2016/05/12 21:16

    認知症の患者さんは、フランドルテープなどを外したのを、口に入れてしまうことがあるので、注意が必要です。以前、認知症の患者さんの便から、サランラップが出てきたことがあります。

    そのサランラップは、食事についていたものでした。きちんと見ていなかった看護師の責任となります。その為、ベットにくしゃくしゃになったフランドルテープがあるとのことなので、気を付けないといけません。剥がされないように、背中に貼ったり、フランドルテープの上からもう1枚透明のテープをはるのもいいと思います。誤飲してしまうと、窒息してしまう恐れがあるので、気を付けないといけません。

    患者さんに合った看護を行わないと患者さんや家族の方は、安心することが出来ません。このような場合は、患者さんの手の届きにくい場所に貼るのがいいでしょう。背中に貼っても、同じ効果を得ることが出来るので、よくこの方法で行っています。患者さんに、背中に貼ることを伝えると、背中に貼ったフランドルテープが気になってしまう方もいます。

    その為、背中を見せてもらって、背中を拭くや薬を塗ると言ってあげてもいいと思います。患者さんを不安にさせてしまうことは、あまり言わないようにしましょう。認知症の方とのコミュニケーションは難しいですけど、きちんと治療を受けてもらうには、上手になることも必要ですよ。

  3. lead9173 2016/05/13 3:02

    フランドルテープに、貼った日付を記載して、背中に貼っていました。
    胸であると、すぐに手が届いてしまうので、外してしまうことが出来ます。
    背中であると、なかなか手が届きにくいので、貼っていることを忘れるのか、外そうとする行為はほとんど見られませんでした。
    患者さんによって、異なってくると思いますが、その患者さんに合った方法を見つけて、対応してあげて下さいね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ