• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

採血で逆血がないときの対応・・・

採血を行ったときに、逆血がなかったので、針を少し動かしたりしました。そうすると患者さんに「痛い!」と言われたので、すぐに抜きました。針を刺した時に、逆血がなかったら、すぐに抜針したらよかったのですか?

他の看護師さんは、このような時、どうされていますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. him6963 2016/05/13 9:04

    何度も採血を行っていると、このような経験はあります。採血は、患者さんにとって苦痛を伴うので、できるだけ、苦痛を最小限にしてあげたいです。針を穿刺しても、全く逆血がなければ、動かすのではなくて、少し針を引いてみたりしたらいいと思います。それでも逆血がないようであったら、血管からずれているところに穿刺してしまった可能性があるので、再度やり直す必要があります。その際は、失敗してしまったことに対して、きちんと患者さんに謝罪をすることが必要です。やはり、1度でいいのを2度行うのは、患者さんも苦痛であると思うので、しっかり謝ることが大切です。そうすることで、良い関係を築くことができます。

  2. tiger2585 2016/05/13 20:32

    採血や血管確保を行うときに、逆血がないと、血管を探すようにして、針を動かしてしまいますよね。
    私も、何度か行ったことがあります。
    でも、そのようにしても、血管に上手く針が入ることは、あまりありません。
    入ったとしても、点滴であったら、漏れてしまうことがあります。
    しっかりと、血管に穿刺が出来るように、角度や針を刺す深さに気を付ける必要があります。
    きちんとした角度であったりすると、1回で採血などを行うことが出来ます。
    患者さんに多くの脂肪がついているようであったら、少し深く挿入したりしないといけないので、患者さんに合わせて、調整して、穿刺を行ってくださいね。
    それも、慣れであるので、頑張って下さい。
    血管を探すようにして、針を動かすのは、痛みを伴うので、1度抜いて、再度やり直した方がいいと思います。
    患者さんによっては、それをとても嫌がる方もいるので、気を付けて下さいね。

  3. eighteen7502 2016/05/14 2:31

    採血を行うときに、逆血がなかったりすると、失敗してしまったと思って、落ち込んでしまいます。針を刺した時に、少し逆血があったけど、それ以上逆血がみられないときは、針を少し深く挿入するようにしています。そうすると、きちんと逆血がある場合もあります。

    血管を探すようにして、グニョグニョすると、患者さんにとても痛みを与えてしまいます。実際に私が採血を行ってもらったときに、そのように探されて、とても痛い思いをしました。

    挙句の果てには、血管に入らなかったので、再度やり直しました。それでなら、初めからやり直してよ!と感じたので、他の患者さんも同じように感じていると実感したので、私はほとんど血管を探したりしていません。

    失敗してしまったと感じた時は、患者さんに失敗してしまった旨を伝えて、もう一度やり直させて頂いています。患者さんのこともきちんと考えて、処置を行ってくださいね。

他の質問を検索する

※全て無料で利用可能。最新の看護師求人を無料でGET!まずは1分で完了する初回登録から!

看護roo!

 
※関東・関西・東海限定サービス
JASDAQ上場の(株)クイックが運営。全て無料で利用可能で、96%以上の登録者が満足という利用実績。非公開求人が多く、希少な高待遇の案件が...続きを読む

マイナビ看護師


厚生労働大臣認可の看護師支援サイト。全て無料で、利用満足度も高く、過去の転職者の成功談も掲載中。マイナビ系ゆえのブランドで...続きを読む

看護のお仕事


人材系企業のレバレジーズ運営の無料の看護師転職支援。「土日休み・年収600万円以上」「日勤専従・ボーナス5か月」など好待遇の案件が多く...続きを読む

医療WORKER

 
全国10以上の拠点で看護師転職をフルサポート。「非常勤(週3回以上)」「夜勤専従限定」などわがままな条件でもコンサルタントが...続きを読む

ナース人材バンク

 
上場企業(株)エス・エム・エス運営。正看護師・准看護師だけでなく保健師・助産師などの案件も多数。エリア不問で求人数も充実し初の転職で...続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

  • フィードバックがありません。
一覧ページ